神戸のジャンムーラン系フレンチ2010/08/20

8月も早くも終わりに近づいていますが、暑さは増すばかりです。
暑いと食欲がなくなると言われていますが、しっかり食事はいただきます。
久々に神戸ならではのジャンムーラン系フレンチに肖りたいと思い、早速予約を入れました。
以前歩いて5分圏内にあったお店が山手から下った所に移転してしまいました。
移転して初めてだったので、新店舗に行くのもワクワクしました。
このお店は、食材が何と言っても豊かで、明石や近海で獲れる新鮮な魚貝やフランス産の鴨・ウズラなど、グルメな人々の胃を愉しませてくれる決して裏切らない気取らないフレンチを提供してくれる貴重なお店です。

これだけの食材を気軽にいただけるお店はそうありません。
味の調整も絶妙で、表面の技術に執着せず、素直に素材の良さを引き出し旬を活かした料理をたくさん提案しているシェフに絶賛です。
流石が伝説のジャンムーランのフレンチを受け継ぐ一人だと言えます。


まずは甘みのある桃のスープを選んだので、甘口系のハニーを感じさせるヴーブレをチョイス♪
冷たさと甘みが火照った身体と疲労を取り除いてくれるワインです。



自分で試行錯誤で作ったものがお気に入りですが、こちらのスープは目一杯桃を堪能出来る涼感あふれる逸品でした。ミントが更に清涼感を助長していました。GOOD!



次なるメニューに併せた南仏のシャルドネ~♪
ボディーがあるかと思えば、スッキリした味わいでした。



サンジャック(ホタテ)と同じくらい大好きなムール貝の白ワイン煮。
記憶に残る味とは正にこのこと!
パリ・モンマルトルで有名なムール貝のお店がありましたが、こちらの身は大きくプリプリ!思わずカメラを撮らずに一気に食べてしまい、殻だけです(^^;)
ちなみにこのムール貝は愛知産です。特に魚貝は国内産に限りますね。
兎に角、最高のムール貝でした!!!



このお店で必ずオーダーする海の幸のサラダ。
サザエ・ハマチ・明石だこ・ホタテ・手長えび。そして、フルーツトマト・水なす・ウイキョウなどのハーブがぎっしり盛られたかなり食べ応えのあるひと皿です。
その日の仕入れで素材が変わりますので、行く度に楽しめるサラダです♪



二人でもお皿に取り分けても中々なくならいほど量があります。



こんなに入っているとは知らずチョイスしたホタテとウニの焦がしバター。
サンジャック好きの私でも TOO MUCH でした(@@)
でも味は最高に美味しかったです。



シャルドネとは抜群の相性でした♪




デザートはフィグのワイン煮とグラス・ヴァニーユ添え。
ジュースの部分がゼリー状になっていて、お腹がいっぱいでも幾らでも入ってしまいます。イチジクの甘さを上手に引き出していました。



お馴染みクレームキャラメル♪




写真にありませんが、メインに小鴨のロースト、ガストリック(甘酸っぱい)ソースをいただきました。
まだまだたくさんメニューがありますから、アラカルトで少量ずつ大勢でいただくのがオススメです。
名フレンチの味で確かな素材を堪能して幸せな1日を締めくくることが出来ました(^^)

~マイミシュラン~

BISTRO a VIN Persiller ぺるしえ

神戸市東灘区御影中町ー7-12
TEL&FAX 078-778-5051

Lunch 11:30~14:00(L.O.)
Dinner 18:00~24:00(L.O.)

水曜定休



コメント

トラックバック