ケセラセラなパリ時間 Vol.22019/01/05

パリホームステイは本当にドキドキワクワク!!!

お部屋に通していただき、マダムとそのお嬢様とご挨拶を交わし、タイムラグで惚けながらもハウスルールをお伺いしましたが、殆ど自由に過ごせるようにお部屋は独立していて、広く、トイレもバスも私専用でした。
好きなときに入ってくださいと・・・

アパルトマンの場所によっては配管の関係で厳しく使用時間が制限されていると知人から。

以前のお宅も全く自由だったので、意外なお話しにクエスチョン??でしたが、今回も全く問題なしでした。

到着してとにかく荷ほどき、そしてちょっと休みたいので夕食までレストタイム。

正直、あまりたくさんお料理が出ても申し訳ないので本当に軽めでお願いします、とお伝えしていました。
私の大好きなサーモンのキッシュを作って下さっていました。
ムスカという品種の甘い葡萄など。ワインはロゼまで。

朝は写真の様にパリで一番人気のポワラーヌ。私も一番好きなパンですが、マダムも!

で毎朝、コンフィチュール、果物、ヨーグルトをお願いしていただきました❤

また夕食は一部写真で

私が好きなだけ食べられるように超特大のチーズ2種も用意して下さっていました。一つは滞在中に完食(*^_^*)っbb

どちらかと云うと、ランチはしっかり外で食べてきますので、今回マダムが私の為にベストな料理を作って下さっていました。
本当に感謝❤
食べるものを無駄にしたくない私の考えとマダムの考えもしっかりマッチング。










パリ郊外に住む弟さんの庭で採れた無花果のコンフィチュールとグアバ。
何れも美味しかったです、が・・・・
改めてVignes et Vergersの無花果や他フルーツは格別だと確信した瞬間でもありました(*^_^*)V


リビングで毎朝お食事をいただきます。
私の家と同じで薄暗い環境で蛍光灯は一切無し。
しかも、凱旋門から近いのに閑静な住宅地で更に奥まっていて庭のある建物でした。
高級ホテルでもサイレンの音などで五月蠅いのですが、本当に穏やかで静かな場所でした!

ですから毎晩ぐっすり熟睡できたのです。

Je vais bien dormin、と毎朝、ママさんに(*^_^*)
あれ、綴りあっているでしょうか・・?汗


コメント

トラックバック