私のParis Vol.42020/01/18

秋から初冬に差し掛かる時期のパリ
まだ紅葉黄葉が見られる美しい街並を彩っていました。
渡仏前にはお天気はほぼ雨天の☂マークがありましたが、本当にあてになりません。
結局雨天は1~2日程度でした。感謝!

ファミリー宅到着翌日、小雨の日に界隈を散策してみました。
住宅街から駅に向かって歩く途中は教会、ブーランジュリー、パティスリー、フラワーショップ、ギャラリー、洋服リフォーム店、cafeレストラン、アジア系(ベトナムや中国、台湾など)のレストランも豊富でとても便利な街で穏やか。
しかも住宅街から近くに立派な市役所がある公園には時々マルシェがあって、マルシェの食材を物色しながら駅に向かって行けるので、気分もるんるん♪
オーガニックマルシェに毎回通っていましたが、曜日が日曜日のみ。

でもこちらは結構頻繁にあって、マルシェにもどっぷり浸れました(*^_^*)





とにかくあちらこちらを歩いてみました。

クリスマスデコレーションも。

点灯はクリスマスだったので見られず(T_T)

パパさん曰く、とても美しいのだとか・・・




写真を撮り損じましたが、半端ない果物を陳列しているお店があって、写真を撮ると
「写真1回に5ユーロだよ」とおじさんが。。。
とまたからかわれました(^_^;)




何やら変わったお菓子
後で知りましたが、結構Lyonのお料理のあるレストランが多く、こちらもLyonのお菓子のようでした



万願寺トウガラシに似た大きな真っ赤なトウガラシピーマンなど



この海老、もの凄く大きなサイズでしたあ~




あ~大好きな栗!




酪農大国ですからチーズもたくさん
日本のように少量では申し訳ないので、見るだけに(^_^;)
どんなに便利な世の中になっても、フランスからの輸入品は関税がとても高いのでそうそう簡単に日本で味わうことは厳しいですね。たま~にフレンチでデザートとしていろいろなチーズを試すくらいですが、まだまだありきたりの種類しかありません。
ブルゴーニュのオーベルジュで食べたチーズは日本未入荷のもので、どれも美味しかった。
ゴート系、ブルー系は苦手だと伝えたら、女性のチーズソムリエさんが選りすぐりのチーズを薦めてくださったものでしたが、今も記憶に遺る味に。ボーヌのチーズ職人さんから仕入れているチーズでしたが、そのお店に行けずじまいに。次回は是非、行ってみたいと思います。



私のParis Vol.5 センス溢れる街❤2020/01/18

パリ滞在・・・
正確にはパリ中心地からは少し外れた場所になります
しかし、メトロでギャラリーファファイエット、オペラ座、ルーブル方面に行くにも1本で繋がっています

パリ中心地にTaxiを使っても2000円以内で行けます。
とても好立地な上に、空気がパリ中心地とは違って澄んでいて美しい街並・・
ロンドン、ケンジントンの街並に酷似していました
快晴の日に、もっとこの場所を知りたくて散策しました
ママさんからも是非行ってみるとよい場所があると・・・
私も気になっていた事がありましたが、正にその場所で名勝でした。
その名勝はまた別の記事で・・・

旅するごとに出逢いがあり、また学ぶ事があって、それが実は全て偶然は必然的な物事だったりします。

こちらの場所は出逢うべくして出逢った土地だと思いました。

これまでのフランスの旅を一掃してしまうほど、新しい発見に興奮しました。

何度もパリに訪れていましたが、若い頃は買い物、有名なSPOTを目的に、正に観光客としてどっぷり過ごしてきました。

今は食楽はもちろんですが、人との出逢いやその土地、風土に馴染みながら過ごしたいという思いが優先しています。

この場所に来るまで多少不安もありましたが、一瞬にしてこの場所の虜になりました。




建物の側面に
レオさまのロミオ&ジュリエットを思い出させる素敵なペイントが❤
何てユニークなアパルトマンなんでしょう~



歩いて行くと学校もたくさんあり、途中には高級住宅外にはMUST?なショールームも
私の自宅近くにも学校、ショールームもありますが何だか似てる街並・・・




此処が本社だったのですね~知らなかった~




正にケンジントンのような公園の入り口

後で気付きましたが、本当に公園があちらこちらにある素晴らしい地域でした

環境と人は密接に・・・住人の人たちは穏やかで心豊かな方方でした



人はこちらのムッシュだけ



何て美しい公園でしょうか・・・




しかも読書までできる公園なんです






花花もこんなに♪




この辺りは更に最高級?住宅街
元大統領のサルコジさんもお住まいだとか
プライバシーもありますので、邸宅やアパルトマンの写真は控えます
日本とは遙かに比べものにならない建物のグレードが違います~
ホストファミリー宅も最上階でバルコニーだけでも120坪でしたが、、、




落ち葉でさえ、アート・・


こんな気候の日は屋外でもOK
私もやりた~い




目的地の名勝へ向かう途中にマルシェ発見
日本でも有名なルージという名のトマト




まだ無花果が!中々時季に合わず、生無花果は初めて!
自社で輸入しているコンフィチュールの無花果は今年にでも収穫に行きたいと考えていましたが、
早速いただいてみることに。
凄く甘くて美味しかったですが、実の入り方はVignes et Vergersのが最高です!
改めて土壌によって実の生育が違っているのかが分かりました。




私のお気に入りを発見!クリスマスメニューにもMUSTになっているポタージュスープに使っているものです。
Ah~散歩目的で買い物するなんて予定になく、身軽にポシェットのみで、ショッピングバッグを持参していませんでしたあ(>_<)
でも見つけた時に買わないと、後でまた探すのは大変かっもしれませんし~~

そう、数年前にあるグローサリーで見つけて翌年にも、と思っていましたらそれはなく、デパートに行ってもなく、苦労しました。結局他社のを見つけて買って帰りました。
今回は渡仏前にFBを通じて本家本元に事前に買える場所を確認済みに。

こういうときFBでフォローしておくと便利だし、最新情報が確認できるので有り難いもの。

結局、思わぬマルシェで発見!

わざわざ買いに行く手間が省けました。

結構重みがありますが、持てるだけを加減して買いました笑

この栗を発見して以来、今の時季に栗のポタージュを作ります。
とても濃厚で素晴らしいポタージュになります。




茸の風味を感じるのは、栗の木の下に茸が自生していたのかなあ~と・・・




寄り道をしながら、ちょっと迷いながら(^_^;)名勝へひたすら歩きます・・・
素晴らしい秋晴れの清々しい日でした☀

ひとり旅の醍醐味は、自分の感覚を最大限に使って自由きままに過ごせることでしょうか♪