SENSAI2020/02/25

乾燥する季節ですが
優れものの化粧水の紹介です

以前、かなり前のことですが、フランス製オルラーヌというブランドの化粧水を使用していましたが、そのブランドを選んだ理由は
「販売スタッフは薄化粧で素肌が綺麗で説得力あるブランド」と姉からの話で使ってみることになりました。
化粧品コーナーのスタッフは結構厚化粧が当たり前で、吹き出物も目立つので、やはり信頼できなくなりますよね。
「素肌から美しく」をモットーにしていた私には中々信頼できる化粧水が見つかりませんでした。
そんなときに素肌美を大切にするParisienneメッカのフランス製のオルラーヌに決めました。
しかし、ある時期からオルラーヌの製品も変わり、長年愛用していた化粧水がなくなり、自分の肌に合う化粧水を探し始めました。
ブランドによってはどんなに高価な美容液でも肌がカサカサになったりで、私の肌の細胞が受け付けない感があり、高価な化粧品=肌に良いは誤りだと思いました。
肌質は人それぞれなんですね~

どちらかというと丈夫ではあったので、余計なものを受け付けなかった、弾いたのかもしれません笑

肌や髪悩まれる方多かったですが、その点悩むことはありませんでした。遺伝子のお陰ですからご先祖、両親には感謝ですね。
結局行きついたのはドラッグストアにあるものを自分で試しながら長年愛用しているものもあります。
友人のご主人のクリニックでいただいた化粧水は非常に良かったのですが、何と超格安の400円だったりで、改めて本当にあてにならないブランド化粧品。
普段はドラッグストアにある化粧水をたっぷり使っていますが
ヒアルロン酸入りで濃密なものは時々ですが、ほとんどライト系の化粧水です。
実は、肌に一番必要なものは「食」からの補給です!
カロテンやビタミンCたっぷりのフルーツや野菜。そして常に腸内環境を整えることが必至です。
化粧水はあくまでも補助的な役目です。

そんな私が久々に感動した化粧水があります。
一期一会の歴史的なパーティーでお土産にいただいたもの。





桐の箱に入れられた化粧水・・・正確にはムース
ネットで調べてみると価格は18000円也~






名前の通り繊細なムースがじわじわと肌に浸透していくのがよくわかります。
夜寝る前にほんの少しでもよく伸びて顔全体と首、手に最後の仕上げに塗ってみますと、朝までしっとり~♡
これは適正価格であると実感しました!

洗顔はファンケルのオイルですが、OBAGIのピーリング化粧水で優しくふき取り、普段の化粧水でも十分なのですが、より乾燥を防ぎたいときにはこのSENSAIを仕上げに使っています。

人間の体は小宇宙ですが、蘇生しようとする、あるいは新しい細胞を増やすためにはあまり過保護に肌をケアすると、かえって肌の老化を早めてしまうと思っています。
洗顔は大事ですが、ケアはほどほどがBESTです。
ちょっと・・と思ったときにこのSENSAIは助かっています(^^)V

~こぼれ話~

先日、IKKOさんが肌美容のおすすめコスメを紹介していた番組をみましたが、、興味深い化粧水もありました。
しかし、昨日、IKKOさんの素顔が出ていた番組でが~~ン( ;∀;)
素肌が、素顔が、・・・・
彼、いや彼女のキャラは嫌いではありませんが、紹介されていた化粧品には説得力は・・・
「ありません」でした
(-.-)

コメント

トラックバック