緊急事態宣言に思ふ事2020/04/09

一昨日、遂に緊急事態宣言が発出されました

しかし、意外にも中途半端な内容に落胆しました
但し、今は批判ばかり言うのではなく、私たちに何ができるのか?

個々人の責任と言っても残念ながら方々の医大の若手の医師でさえ集団で飲み会を開くなど。。。
憤りを通り越して呆れました(>_<)

総理も今後の自粛に関して会見で「飲み会もできず大変な時間になりますが・・」との文言がありましたが、

今、一番頑張って耐えているのは子供たちです!
何といっても一生に一度の卒業式や入学式ができなかった学校が全国でも多数ありました。

私たちが当たり前に経験したことが今の子供たちにはできなかった
本当に考えられない事態だと悲しく思いました
飲み会なんて非になりません。そんなことはなくても大したことではありません。
総理のそのひと言で真に国民の立場、引いては未来を担う子供たちのことを考えていません。

有事になってこそ、指導者の本領発揮が試される、人の真意が試されると言いますが、心の形が言葉に現れていました。

だけどそれは指導者のみならず、今の政治には何もできないと痛切に感じました


だから文句を言ってないで地域でできることをしていきたいと思っています

今、身近に感じるのはひっ迫している飲食業界
個人的には食の文化が損なわれることは絶対に困ります
人を楽しませ幸福にしてくれる日本の食文化、レストラン、ホテルに施設にも付随してきますが
特に町のお世話になっているレストランでは今のところ通常通りに営業されていますが、時々なので今の現状をまだ把握していません。

日本ではチップの文化はありませんが、もし馴染みのレストランが厳しい状況に陥っているなら食事代と気持ちを追加できたらと思っています。
例えば、有志でお店に箱を置いて懐に余裕がある人が気持ちを入れてあげたりするのも助け合いになります。
事実、私が時々行くお店はランチにいつも万人にデザートを付けたり、ごはんのおかわりなど温かいおもてなしをされています。

品質が良いのに単価も安くて

この様に地域地元での助け合いから手始めに!




コメント

トラックバック