地域密着型のお店再開!2020/05/16

ようやく一部自粛解除となりましたが、解除があってもなくてもこれまでの防疫対策は励行していくことに変わりはありませんね。

新しい習慣を始めると言いたいですが、ある部分では本来は他人への思いやりを自覚させた新型コロナショックのお陰さまの部分もあります。
特に他人同士が集う狭い空間でのマナー。
マナーと聞くと何だか堅苦しいイメージが先行されますが、実は思いやりから始まった言葉の意味が含まれています。

先月、長年懇意にしているスキーリゾート施設のレストランでのこと。
普段見ないような感じのお客の集団がいました。何故、気になったのかと言うと、本当に大きな声で盛り上がっていました。まるで居酒屋さんのように( ;∀;)
施設は大人の社交場というようなイメージで始められリピーターも皆様落ち着いておられる客層でした。
ところが珍しく場違いな集団さんによってレストラン内の空気も最悪。ホテルマンスタッフも私たちに気兼ねしているかのように気遣われ可哀そうな雰囲気でした。
おまけにスタッフを顎で使うような態度にも残念(TT)
この時期は既に国内感染者数が増えつつあった時期で、リゾートに来られるだけでも有難く、またリスクもあり得るスタッフが健気に対応してくれていただけに、集団一行にはとても残念な気持ちに。
今の空気が見えないんだね~と落胆・・・
今年早々にこの施設では珍しく海外からのお客もいましたが、皆様やはりマナーがあって、大勢のご家族でも騒々しさもなく。
オーストラリアからご家族で来られていた内の小学生くらいの少年が食後、日本流にちゃんと椅子を戻して、スタッフに手を合わせてお礼を言っていたのを思い出しました。本当に見習ってほしいもの!

今回のコロナで人間性の明暗が明確になったり、いろんな意味で学びも!
これからはお店や施設のルールが変わります。既にデパートなどで施行されていますが、私たちもそのルールに従ってマナーを大切にすることで互いに皆が安心安全に買い物や食事ができます。
何もないのに、あれこれと危惧していることを他人に、ましてや特にお客様には失礼だと思っていたことも、コロナのお陰で一線を画すことができて私は良かったと思います。
店内でのマスクの義務化も大賛成です!特に国際線長距離の機内でのマスクも励行されるでしょうから旅をする機会が多い私にとってはホッとしています。


自粛要請の中でも工夫と努力で徒歩圏の大好きなお蕎麦屋さんが一旦休業から再開され、早速に行きました。
3部制で2組か貸し切りでこれまでと変わらない美味しいお料理をいただけ幸せ~!
私にとっての日常のバロメーターはやはり大好きな飲食店が健全に存在していることです(#^.^#)










元々飲食業では保健所の許可をとって開業されているわけですが、訪問する私たち自身個々人の責任の中でお店に通うことが何よりも大切なことでした。少しでも体調が優れないと行かない!無駄な会話はしない!これはもう必須になってきます。
お店では大声で話したりする人も元々いなかったですし、何より美味しい料理を黙々と楽しんでいましたのであまり何も変わりませんが笑

何とかこれまでに他ご近所の飲食店やスポーツクラブ、医院からもクラスター感染報告もなく、現在のところは安堵しています。
が引き続き警戒は要です!


コメント

トラックバック