不動明王様のお怒り?2020/06/25

2020年は本当に恐ろしい年になると昨年の各易者さんのお話にあったといつかのブログに書きましたが

先日、筋トレの先生から興味深いお話がありました。
先生との出逢いも個人的にもっている偶然は必然的な出逢いで今に至っています。

先生も私もとてもスピリチュアルに敏感ですが、いきなりそんな話題は全くありません。こういう話題は軽々しく滅多にしません。
余程人間関係がない限りはとても誤解を招く分野なので
ましてや先生は職業上、御法度だとか・・・当然だと思います。


しかし、ある私が放った言葉を切っ掛けに・・・

話題の切っ掛けと言えば、新型コロナの事!

個人的に感じるものがあって、前にも書きましたが、人間界への怒り

自然界からなのか、急速に発展して人の心が置き去りにされて進む社会経済、インバウンドに頼る弱小国になっていく不安などなど、個人的には何か必ず大きなことが起こると思っていました。
もちろん地震などの天変地異は高い確率で近い将来起こるでしょうが、私は今を淡々と自分の生活を過ごすこと、それだけです。

正直、コロナ禍で何か変わったといえば個人的には殆ど変化はありません。
自粛前後も予定していた旅、スキーも決行しました。
日ごろから自然界に触れる場所を選んできた私なりの生き方があります。それを変える必要はどこにもないと思っています。

全くこれまでのライフスタイルにぶれがありません

が、どこかに私は不自由なく変わらずに生きているという罪悪感も…
しかし先生のお話に安堵しました。

「私は私」で、コロナ禍で変わる必要もなく、これまで通りにぶれずに自分の信念を貫くことがとても大事なこと・・

それは先生が正に偶然に出逢ったヒーラーの先生。
当然霊視もできますが、現実的な問題を解決してくださったり、仕事などの相談にも助けられているとの話。

そのヒーラーの先生が今年のコロナに対して思う話の中に、
「毎年神様が変わります。昨年までは天照大御神様でしたが、今年は不動明王様で思いやりのなくした人間に罰を与えているのだ」というお話。





不動明王様とはこちら

不動明王とは

不動明王は、元々はインド神話の三大神の一人であるシヴァ神の別名とされ、その梵名はアチャラナータと言います。その意味は「動かない(不動)守護神」です。日本へは空海によって持ち込まれ、密教の最高位である大日如来の化身とも言われています。

普段は柔和な大日如来が、優しさだけでは通用しない人々を救済するために、あえて怒りの形相をしているのです。真言宗や天台宗、日蓮宗などの宗派および修験道で広く信仰されるようになっていきました。邪悪な相手には徹底的に厳しく、人が間違った道へ進もうとした時には、正しい道へと戻れるように諭してくれる存在であり、全国各地ではお不動さん、または不動尊と呼ばれ親しまれています。

迷いの世界から煩悩を絶ちきり、仏の道を教えてくれる尊い存在なのです。


これまでも災害など悲しい出来事がたくさんありましたが、自然界からの警告でもあるわけですが、何度繰り返しても理解しない人間に対して不動明王様が遂に堪忍袋の緒が切れたという話

これは信じる信じないは人それぞですが、私が感じていることにとても近いので共感しています。
現実、正常化するには少なくとも5年はかかると言われています。
今も困窮していたり、第二波の危険が押し寄せている社会にも拘わらず、世界では人種差別や強奪、テロ、虚偽などの悪が横行しています。

これではなかなか世界が正常化するのは難しいでしょう・・・

でも私は全く悲観的になりません
何故なら、いつも将来を案じながら、予想をしながら生きてきたからです。
誰かにそれは鳥越苦労だと楽観的なことを言われましたが、自分を守るのは自分しかないのです。
ですから、人生を楽しみながらも常に世の中の動きに敏感でなければなりません。
個人的には特に自然と対峙しながら、感謝しながら旅を楽しんだり、人との出逢いを大切にしながら...
お気楽に思われがちですが(笑)
実は敏感にいろんなことを感じ取って日々を過ごしています。
私にもいつか災難が起こることもあろうかと思いますが、ただ自分の生き方をぶれずに全うできれば本望です!!
とにかく一日も早く世界中の人々が笑顔で自由に行き交い出来る日を祈ります。

偶然が重なって無縁だった場所へ先日行ってきました
それはまた次のお話に(#^^#)




コメント

トラックバック