Go to キャンペーン2020/07/15

残念ながら東京由来のクラスターは深刻になってきましたね…

新宿でのライブコンサートのクラスターはもう言語道断!
全くガイドラインに則っていなかったこと、傲慢な考えで進行されたと否めません。

あの加藤登紀子さんの大きなコンサートでは全く問題はなく無事に終えられています。
また最初に先陣切って田村淳さんがライブコンサートの新しい在り方をきちんと証明してくれたことで、私たちもこれから少しずつイベントが楽しめる機会に恵まれると期待していました。
何より、後回しにされている文化・芸術部門の方々の希望の光が差し込んでいたはずです。

そもそも都心でのホストクラブから夜の外出、若者のどこか気の緩んだ結果、第二波が考えてい以上に早くに来てしまいました(><)

そして今論議されている「Go to travel キャンペーン」

Go to キャンペーンより医療従事者への援助を・・・

それは全くもっておかしな話になっています

署名運動まで?

医療従事者はもちろん守るべきですが、観光事業者、会社はどうなってもいいというような風潮であると言っても過言ではありません。

観光事業を営んでいる人の立場は全く理解できていないと思います。
皆何かと医療に・・・と話を持っていきたがる変な?人が多くなっているような気がします。
もうそんな事に焦点を当てなくても真面な人には十分に分かっていることですよね。
医療従事者にという話題を出すこと自体偽善者的で不自然に思います。
観光事業と医療の話しは分けて行かないといけませんよね。

Go to キャンペーンに私は賛成です!
各局のワイドショーで本当に好き勝手に皆さん同調されています。

安定したギャラの芸能人の皆さんにひっ迫している観光事業者の気持ちを理解できるわけありません!
もちろん、第一にコロナ拡散はしてはいけません。
皆さん異口同音に今その時期はないと話されていますが、

第一波の時に手探りで何もかも犠牲(自粛、閉店、県外への移動自粛など)にしてきた結果、飲食業界閉店、観光業界にも大きな弊害ができてコロナではなく、先行きを不安視して自殺される人も今後、特に来年春ごろにドミノ倒産確実で3万人の自殺者が出ると統計ででているそうです。

政府の方針は完ぺきではないけれど、そもそもGo to キャンペーンは誰の為に作られたのか?
観光事業者の為なのです!また家計が苦しく、普段旅行にも行けず、想像できないほどのストレスを抱えた人も多いと思います。そんな方々にも自粛の頑張りにという意味があると私は思っています。
私のように普段から旅をすることが日常であるわけですが、どんな事情であれ、私の人生の一部を変えることはありません。
ですが、今回のようなキャンペーンが悪のようなイメージを植え付けるようなワイドショーの人々の言動がとても軽率で実際にキャンセルが相次いでいるとのことです。

これは施設関係者にとって大変なことなんです。もう希望はないとおもってしまうくらいに落ち込んでいる事業者もいます。
ただひとつ安藤優子さんの出演者は総体的に冷静に着目していました。
問題は今が時期ではないと揶揄する人が圧倒的に多かったのですが、今の状況だと1か月先でも、2か月先でも状況は今と変わりません。あるいはもっと最悪になっているかもしれません。
何故なら、コロナ感染者自体はまだまだ数年にならないと減少しないからです。
それでも今が時期ではないと言うなら、「観光事業はどうなっても仕方ない」となります。
ワイドショーで好き勝手な意見の中で「観光着業者は不安を感じているのではないか」と推測に基づいて話していた芸能人がいました。
昨日の軽井沢の観光事業者は「折角、対策を万全にして準備してやっとお客様が増えると思っていたのに、キャンペーンが中止になると本当に残念で悲しいです」と応えていました。
実は私も自粛が続いたある施設で長年のお付き合いと信頼があったので、一助になればと訪問しました。
正直、迷惑かもしれないし、事前に確認をしたところ、1組でも2組でも来ていただくことがとても嬉しいけど、大っぴらには言えないとの話。要するに今、観光事業者はイメージもあるので、世論に対して強く言えない大変な立場にあるのだと思います。
ですから私のような旅を愛する一意見を此処で主張しています。
先ず、東京で起こったことは東京で処理しなければなりません。
小池都知事は国の責任にしている場面がありますが、ニューヨークの市長も純粋に正しいと思った意見を大統領に発しています。
小池さんに期待をしていましたが(都民ではありませんが)本当に残念で大都会日本の中心の指導者とは言えません。
指導者とは導く者ですが、責任転嫁ばかりで自身の考えを全く持っていないのか?状況を他人事のように見ているように思いました。
非難されてももっと強く夜の歓楽街への自粛を早めに主張すべきでした。今は広がる一方で、各地方にまで飛び火してしまいました・・・
第二波は皆が理解していたことですから、具体的な対策を作って自粛を解除するべきでした。
政府との関係をうまく維持させることや知事選に必死だったので綻びがしっかり結果となって今に・・・

「お天道様は見てる」
今年は昨年の天照大御神の優しさから「いい加減にしなさい!」という不動明王様に見張られていますから、
何が悪で、何が正しいのかを各自がTVの軽率な芸能人コメンテータに煽られるではなく、真っ当な人の意見に耳を傾けることが今は重要です!
そして、一番考えなければならないのは「思いやり」ですね。
個人的には観光事業者の方々の復興を願うばかりです。
同時にその地に訪れる人には「思いやり」を忘れないでほしいです。