韓国ドラマ「私の国」2020/09/26

Netflixもいいのでしょうが、WOWOWにも珠玉の韓国ドラマが続いています!
今日、最終回を観ましたが涙なしでは見られない感動のSTORY~

もうじわ~っと涙が止まらないほど、悲しくて切なくて
感動しましたあ~~~(TT)





史実に基づいた内容に脚色しているものですが、主役も脇役も素晴らしい演技でその世界に惹き込まれていきます・・・

主役の俳優さん、石川遼君瓜二つ!可愛いんですが逞しく母性本能くすぐられます(#^.^#)
最期のシーンがあまりにも悲しくてやりきれない・・・

このSTORYの大まかな内容ですが、「私の国」とあるように時代や身分に翻弄された若い青年たちが生きやすい世の中を夢見るところから、実際に刀を取って正義や大義を抱えて闘う、というようなものです。
しかし実在した後世に語り継がれる悪名高き王の登場で更に結末がほぼ分かる・・・これは韓国の古い朝鮮の歴史を知っている人なら、もちろん韓国民は周知の話ですが、、、

以前、儒学者「チョン・ドジョン」「六龍が飛ぶ」というドラマを見たときに、悪名高き王・太宗になったイ・バンウオンは、元々は優等生で人並みの優しさがある人物であったという他角度から見たドラマも面白かったです。
単にドラマを楽しむだけでなく、人間模様が窺えるユニークな一面があるのが、歴史ドラマです。
ドラマの中で優しい神童が残忍な人物になってしまった理由はなんだったのか・・・?

うんちくはこのくらいにしまして(汗)

このドラマにイ・バンウオン役として演じていたのはチャン・ヒョクさん❣私の5本の指に入る大好きな俳優さんです💛

これまでで最高のイ・バンウオン役を演じきったと思いますし、ひょっとしたら実際のイ・バンウオンはとても人情もある孤独で弱い人物だったのかもしれない・・・チャン・ヒョクさんの演技から実際の人物の真意が滲み出ているかのような・・・





とにかく彼が出演しているドラマは200%面白いんです。格好いいとかそんな軽いレベルではなく、演じる人としてとても好きで尊敬しています!
韓国には本当に素晴らしい俳優さんがいます。
若手の俳優さんも本当に素晴らしく、このドラマは映画なみに見る価値がある作品でした。
面白いシーンもたくさんありました笑笑


最後に、ここで言いたいことがあります
「私の国」
よく韓国人は「ウリナラ」という言葉を使います。
いつも国家を背負っているというように感じます。
その反面、実際の多数の韓国のドラマでも象徴されているように、格差社会、整形大国(奇麗でなければ認められない)、パリパリ文化(経済発展にはスピードが付きまとう)などどこかアンバランスで矛盾した社会だからこそこんなドラマ作られるのかと感じます。
実際にこのドラマの様に、命がけで世の中社会を変えたいという青年などの学生運動が私たち日本の豊かな生活を送っている時代、ほんの30数年前に「光州事件」という悲惨な出来事がありました。

これに関連する映画も多数あり、見ました。本当に悲しいですね。
結論は変えられないのでもどかしさを感じますが、歴史の証人の一人になったつもりで真剣に見ています。
朝鮮の歴史の中でも豊かな生活をしたいと決起して戦った事実もあるのやもしれません。その時代は特に中国に支配されていましたが、今もまだ中国に依存しているようで悲しい~~~


韓国だからこそ、小国だからこそいつか勇猛で知性のあるリーダーが出てくることを願うばかりです。

BTSとかアイドルに頼っている大統領は最悪~~~情けない!

~太宗・イ・バンウオン~
イ・ソンゲの五男
イ・バンウオンの三男が貧しい人にも意思疎通理解できる
ハングル文字を考案した大王世宗



コメント

トラックバック