初めての入院と腹腔鏡手術 Vol.12020/12/05

8月末、2年ぶりに婦人科へ検診に・・・
その時の私の心は決まっていました!
「やっちゃえ!」

2年の間、「どうしようかな・・必要ないのかも…」とずっと頭の中がグルグルと・・

私を後押ししたのはコロナでした



昨今、年齢に関係なく、婦人科系の病にかかっている人が多い世の中
以外にも20歳代から深刻な婦人科系の病が増えているそうですね(TT)

医院に行くとお若い女性が結構いらっしゃいます。

熱心に検査に来られているのだろうと思いますが、私は大の病院嫌いで健康体でもあったので検査は殆どありません。

これは自慢することではありません。やはり定期検診は大切なこと!

癌も早期発見なら助かる病気です。

幸いにも私の家系は癌で亡くなった身内がいません。

これはまた別の話ですが、脈々と受け継がれた食習慣にあるのかもしれません・・・遺伝的なものですが、食生活は本当に大事です。

殆ど病院とは無縁の私ですが、家族や人の心配をする割に、人間ドックも過去に1~2回程度しか経験がありません。
私が病に倒れた時は最期と自分で考えていました笑

注射針でさえ、怖い私がまるで別人のように手術・入院を決断しました。
前文に触れたように切っ掛けはコロナです。
ようやくコロナ感染者数が下がり始めた8月。世の中も少し落ち着きも。
病院も、そして私自身も体力のあるうちに!
第三波は必ずきますから、用心に用心を重ねて判断しました。
入院希望は10月の初旬に狙いを定めて・・・
信頼できる女医の先生から大きな病院を紹介していただきました。
腹腔鏡手術の素晴らしい医師がいらっしゃるとのこと。
友人や家族にも相談しましたが、私本人よりいろんな情報を探して親身になってくださいました。感謝ですね(#^^#)

私の場合は特に病んでいるのでもなく、手術する必要があるわけでもなく、深刻なものでもありませんが、生まれたときから遺伝的に持っている女性特有の臓器の一部が大きくなっているとのこと。
そのまま放置しても問題はないものの、もしかすると将来的に厄介なことになる要素もあるとのこと。

将来、何が起こるのか誰にも分りません。禍根は少しでも若いうちに摘み取っておくという考えに達しました。
心配だったホルモンバランスにも影響ないとのことでした。
2年前はもう手術なんて、絶対無理無理~!と思っていました。

ある意味、コロナのお陰で勢いよく決断できました。

早速にご紹介頂いた大病院の医師にお会いしました。
意外にもお若く180cm長身のイケメンのDr.でしたあ~(≧▽≦)
私が質問することもないほど、的確に分かりやすく丁寧に説明をしてくださり、安心してお任せしたいと思いました。

肝心の入院日と手術日ですが、先生からいくつか空いている日を列挙していただきましたが、私のいつもの数秘計算で頭の中で佳き日を割り出し始めました。
一瞬、私がだんまりしたので先生は不思議そうに見ておられました。私の頭の中は計算でいっぱいに(≧▽≦)

結局、私が希望していた日にピッタリと!

こちらの先生を求めて県外や地方からいらっしゃるとのことで、時期も時期であったので場合によっては予約でいっぱいなことも。
その後、担当看護師さんとの面談で入院時の打ち合わせをしました。
とてもユニークで大らかな人物でした。
アンケートにいくつか答えるのですが、面白かったのは、
「過去、銃で撃たれた経験はありますか?って、あるわけないですよね~笑」

その後、1か月後の入院まで前2週間禁酒・・・これは本当に辛かった( ;∀;)





いよいよ入院の日、私の心が反映されているかのように夜は台風の影響で雨だったのです~


ホント、不思議なほど私の心はお天気に左右されるようです…
個室ですが、ナースステーションが近くまめに看護師さんが来られます。
看護師さんから
「夜中、うめき声が聞こえたら・・・、
それは妊婦さんの陣痛なのでご安心くださいね」(≧▽≦)笑笑
ここの看護師さん面白い~笑
お部屋もホテルの1室のように明るく清潔で居心地は良かったです。
手術前日はぐっすりZzzz





雨が止んだ後、大阪までの夜景が綺麗に見えます…💛
この病院のご近所は関西屈指の山手にあるあの高級住宅地にあります。先輩がこのご近所の超お嬢様だったのを思い出しましたあ~

手術日に続く・・・


初めての入院と腹腔鏡手術 Vol.22020/12/05

いよいよ初手術日…
まだ空は雲が広がります







手術は午後から
朝は点滴開始
太い針が怖かったあ~
看護師さんがお上手だったので、痛さは一瞬だけ

手術時間は1時間ほどですが、準備を含めて2時間ほどだそうです。
手術時間が近づき、仮の手術着に着替えます。





これは看護師さんから「お好きな音楽があれば手術の際に音楽を流しますよ。院内にある音楽をリクエストしてください。持ち込みも大丈夫です。」と。
あまり知られていませんが、世界でもヴァイオリニストが演奏したり、患者の精神的な負担を軽減する取り組みがあります。
とても興味あったことですが、まさか自分が経験できるなんて!
迷わず選んだ曲は、クラシックに精通しているなら知らない人はいないAndre Gagunon。中でも日本の業界の重鎮が大ヒットさせた曲
「めぐり逢い」(原題Comme au premier jour)

初めての手術は腹腔鏡手術で全身麻酔
いざ、手術室に向かうとポーカーフェイスを気取るも内心はドキドキしていました。私の気持ちを読み取ったのか、付き添いの看護師さんが「Kさん大丈夫ですよ!S先生は、とても優秀な先生です。楽にして安心してください。」と励ましてくださいました。
コロナ禍で家族と面会もできないので、看護師さんたちの言葉が本当に有難く胸が熱くなりました💛

手術室の扉が開くと私の大好きな「めぐり逢い」のピアノ曲が優しく室内を包み込んでいました(#^^#)

改めて音楽の力は凄い!と実体験で確信しました。
そして、S先生を筆頭にたくさんの看護師さんと前日お話しした麻酔医の先生が準備に勤しんでおられました。

今後の医学の進歩に役立ててほしいと、研修医の見学を許可しました。私にはそれくらいしか役に立てません(汗)
手術台に横になるや否や私の意識がAndre Gagunonのめぐり逢いの音楽とともに遠のいていきました・・・


「Kさんっ!」とどなたかの呼びかけに意識が朦朧としながら目を覚ますと、S先生が目の前に
「無事に終わりましたよ(^^)」と

そのままお部屋へ移動

わあ~不思議な感覚でした。
いつの間にか手術が終わっていたという感じでした。

ここから辛かったのはベッドでジッとしていることと1日中の点滴

難病で苦しんでいる方に比べると全く大したことではありませんが

しかし、もっと大変だったのは看護師さんのお仕事です!
入院日も手術当日も一体何人の看護師さんがお部屋に来られて献身的にお世話くださったことでしょう。
手術後には担当医師より更にお若い医師が立ち合われたのかご挨拶に来られましたが、まだ意識が朦朧としていたので、きちんとご挨拶もできず(>_<)





術後、安静にしないといけないので1日は点滴で寝たきり
1~2時間ごと夜通しで体温と傷口の確認に看護師さんが来られます。
私も殆ど寝られませんが、看護師さんのお仕事ほど大変なものはないと改めて・・・

私は初めての入院の経験でいろんな学びと糧をいただきました。


入院日記まだ続きます・・・


初めての入院と腹腔鏡手術 Vol.32020/12/05

術後翌日、ようやく点滴を外していただきました。

空は青空が~
そう、私の気持ちと全く同じく爽快で晴れやかな気分に~♪
少し、手術した下腹部に筋肉痛のような痛みがあるものの、まったく気になりません。
本当に現代の医学の進歩は目を見張るばかりですね!



退院は2日後、全4泊の予定でした

院内を歩いてみようといそいそと準備していましたら、先生がいらっしゃいました。
術後の確認でした。先生は本当素晴らしい名医でした。
私は感覚人間で先生のプロフィールは何も知りませんでした。
元々、信頼できる医院の女医の先生からのご紹介だったので、魂が思うが儘にお任せしたいと思いました。呑気な私でもありますが笑
何か少しでも疑念や不安が過ればそうはしなかったと思いますが…

本当に先生に出逢えて良かった💛感謝でいっぱいです。
最初に先生にお会いした時に、最後に何か質問はありませんか?と尋ねられ、
「先生、私は血を見るのが苦手です。。」と先生は呆れ顔でクスッと

だけど、本当に血を一滴も見ることなく平和で痛みもなく手術を終えてくださいました。




あまりにも元気そうでいきなり動いていた私

いきなり先生に見つかってしまいましたから笑

「退院は明日でも可能のようですねえ~」と先生が
というわけで、翌日退院が決まりました。




退院する前日の空は美しい夕焼け

退院が決まり、先生や看護師さんが次々に改めてご挨拶に来られました。

先生から私の体内のお写真など丁寧に資料を持参して改めて説明してくださいました。
退院後改めて先生の経歴を見てみましたら・・・
素晴らしい経歴に頷いていた私です(#^^#)

先生を筆頭に素晴らしいスタッフ皆様、ワンチームで成し遂げる!

皆様との正に「めぐり逢い」に感謝でいっぱいに💛

第三波の今、改めて自分が元気に健康でいることに手を合わせたくなります...

より健康でいることは今の医療従事者に余計な負担をかけずに済むこと。改めて健康であることに誇りを感じ自画自賛しています。合掌


術後1カ月検診で再び病院へ。
基本的に病院ではお礼をすることができす、理解できますが、担当看護師さんにお話をしてみることに。
やはりお受け取りにはなりませんでした。
その後、お世話になっている医院へお礼を兼ねてご挨拶へ。
先生も辞退されましたが、個人の医院なので私のごり押しで( ;∀;)
皆様立派で謙虚な医師です。
大病院へはまた違った形でお礼ができる機会があればと思っています。

~こぼれ話~

入院した日に全身麻酔科の先生からの説明を受けました。
素敵な女性の先生でした。
麻酔時に使う器具の話になった時に、顎関節症の話題に。
私が過去に顎関節にかかりかけた話で、通っていた歯科医から大病院でマウスピースを作るなど治療可能だという話を受けましたが、結局その時の歯科医の先生の実体験を参考にしたら治ったという話。
その話に麻酔の先生が「治療しないで、話だけで治ったんですかあ?どんなお話ですか?」と興味津々で、麻酔の話を終えた後、私の経験談を延々とお話することに笑
私の話の内容に驚かれていた麻酔の先生が面白かったあ~笑

今、どこの医療関係者も大変な事態になっているでしょう。。。
この時は本当にまだ余裕はある幸せな時間だったと改めて。

白馬スキー場 SDGs2020/12/07

スキーシーズンがやってきました♪

昨シーズンはトリプルパンチを受けたスキー場ですが、積雪量が半端なく少なかったのは皆様の記憶にも新しいでしょう…

これは本当に温暖化の危機的状況だと言えます。
雪国ではない都会の人は感覚が特に麻痺していますが、CO2排出量が増えることで南極の生態系に悪影響を与えていること、生活苦にさせていることを知らなければなりません。
私も反省…

そう結局、人間が身勝手なんですよね。
ですから今のコロナは人類への罰の一つなのかなと思ってしまいます
(TT)まんざら嘘ではない話がたくさんあります。

さて、世界に誇る日本のスキー場、白馬八方尾根は私も愛してやまないスキー場ですが、昨年2019年にサステナビリティに取り組む宣言をして今年12月に早速に取り組み開始となりました。
2015年に日本ではSDGsを締結しているので本当は遅すぎるくらいだったのですが、
詳しくは↓



今年の積雪量は平年並みということですが、まだまだ心配ですね‥
コロナ第三波で深刻な世の中になっていますが
恒例のスキーは決行します。
スキー場は特に僅か2~3か月しか恩恵を受けることができない厳しいリゾート施設です。
日本のスキーヤーが減って、海外からのスキーヤーに頼らざるを得なかったのですが、もう国内の僅かなスキーヤーが利用しなければ!

ただこれまでは春スキー以外は電車を使ってスキー場に行っていましたが、初めて車で

行動の仕方を気を付ければ良いのですが、やはり傍若無人な人がいるのは確かで・・・コロナ感染者数に影響を与えている人がいるのは本当に残念です。
用心に用心を重ねて移動は車で

そのためにスノータイヤに変えなければなりませんが、スポーツカー使用のタイヤで大きさも違っているので、ホイールを完全に交換。

コロナがなければスノータイヤまで考えることもなかったかと笑
これもある種良い経験になりました。




シーズンものといえども純正の正規品に拘ります。




これくらいの雪が積もるのは年末からだと思いますが、間もなく白馬へ~
八方温泉は日本でも一番と言われる泉質なので、美肌と美髪と免疫力を高めるためにスキーよりも湯治に(#^^#)




白馬でワインディナー2020/12/27

今年も残すところ僅かとなりました・・・

本当に大変な1年でしたが、個人的には普段と変わらない生活を心がけました。
病は気からですから、強気にでも正しく恐れながらを心がけて過ごしてきました。
何より、恒例の。。。は可能な限り実行しました。
イベント中止はもちろん残念ですが、大勢が集まる場所なので当然なことだと思います。何より主催者側の意向がとても重要です。
万が一!何が起こっても不思議はない恐ろしいコロナですから!
目に見えませんから。密は避けましょうと、何度も何度も発信されていても守らない人がたくさんいました。
小さな地方でもイベントを強行した不届きものがいたのも残念でした。
無症状で気が付かないまま他人に感染させている事実があっても、「私は大丈夫」のように高慢な人々がいます。
2020年は人の心が明確になった1年でもあったので、ある意味、人格の真価が問われた1年でもありました。

さて、2度にわたって延期になったワイン会は次回に持ち越しになりましたが、それで正解でした。
ただ、その会の為に準備されていた夕食メニューとワインはしっかり堪能しに出かけました。
参加された方々は皆静かに夕食を楽しんでいました。もちろん互いにソーシャルディスタンスで。
コロナに関係なく、他人とは接することがなく、旅を楽しむスタイル、その施設との価値観が同じなので気持ちよく過ごせますね。

お食事とワインをしっかり楽しむのに最適な時間となりました♪

ちなみにワインは今最も注目されているワイナリーですが、こちらの揃ってのワイン会は即予約終了されてしまうくらいの人気で、今回はコロナの影響で更に半分に制限されました。
次回はワイナリーさんと共に供されるワイン会に期待大です。
おひとりのワイナリーさんとはもうすぐ20年来のお付き合いです。
我が家のセラーにはいつも常備されているほどです(#^^#)

森の中に佇む英国様式の館…



温泉はありませんが、こちらの水質がとても素晴らしいのです。
お肌も髪もツルツルピカピカに(#^^#)
バスソルトを入れたジャグジーバスで冷えた身体を温めます♪


ここはもう何度もワイン会や音楽会で♪







世界ナンバーワンのミシュランホテルからもオファーを受けるほどの素晴らしいワイナリーですが、日本でもなかなか手に入れるのが困難なのです。





昨シーズンは雪が少なく、しっかり祈っていますと施設を後しましたが、、、、
私が帰った後、物凄い雪が降りました(><)
スキー場には良かったのですが、生活圏や高速道路では大変なことになりました。

降ってほしいと思うものの、、、それは雪国の方も同じそうですが、ドカ雪は勘弁してほしいですね(TT)