IPS細胞研究財団2021/01/04

皆さま、あけましておめでとうございます!!

いよいよ新しい年、2021年に突入しました!
昨年、そして今も未だコロナはくすぶっている状態ですが、これまでと変わらずに地球上には多くの問題が他にたくさんあります。
温暖化、紛争、飢餓など数えきれません。

私の父は生前、日本赤十字社に特化して多額の寄付を継続していました。より多くの人が安い治療費で受診できるようにと・・・。

私は様々なところに寄付を微力ながらしてきましたが、今年からこちらの財団に寄付することにしました。

第一の理由は隣人の命は自分の命だという考え方です。

もう世間ではよく耳にするIPS細胞の研究です。
元気で健康体である私にできることは、やはり不治の病に苦しんでおられる方々の命の一助になればと思います。
またもう何年経っても変わらない医療の研究者の厳しい現状があります。
残念ながら日本は経済発展してきても、国力は国民の健康が礎になるにも関わらず、医療に関してはあまりにも発展途上国並みの体制で、世界から遅れをとっています。
どんなに優秀な医師や研究者が存在しても、雇用が確保できなければ実利を得ること、即ち、IPS細胞を作ることができません。
IPS細胞をより安価に早く、苦しんでいる患者さんに提供するには、私たちの小さな力でも今は必要不可欠なのです。

年度初めに、先ず私は何をすべきか?と

迷わずにこちらの財団に定期的に寄付することにした次第です。

冷静に語っておられますが、とても切実な思いが伝わってきます…






弟の母校でもあり、彼も研究肌でしたが、今は父の会社を継いでいます。社員の雇用を守らないといけませんから、まだやりたいことはできないようです。
会社が落ち着いたら、研究に時間を費やしたいと言っていましたが、何の研究なのか・・?

観音様とケイトウの花2021/01/04

昨年末、平野部でも雪が降るとの天気予報で
年始の挨拶は控えるため、早めにお墓参りと実家への挨拶をしようと出かけました。

スノータイヤに変えたものの、山道は侮れませんからね(>_<)
午前中に明るいうちにと思っていましたが、もたもたしているうちにお昼時間になり、雲が一気に広がり一瞬暴風雨に~
お墓のある大阪も大雪や雨になったらどうしようかと思いつつ、
「パパはお天気にしてくれる・・・きっと!」と!(^^)!

大阪に入ると青空に、地面は濡れていたので雨が降った後でしたあ~
しかも寒気が強いと言われていましたが、風があるものの何と小春日和のような日差しに拍子抜け!
来るタイミングがバッチリ!
そう!父が昇天した日も忘れません!11月なのにインディアンサマーで暑い1日でした!

お天気またもや良い意味で裏切られ、やっぱり父が歓迎してくれたんだと思いました(#^^#)




母曰く、母に相談もしないで勝手にお墓を決めて一緒に来た時に
いつもここから物思いに耽っていたそうです
父なりに色んな苦悩があった人生・・・自分の終焉に相応しい墓地を決めて少しは安心していたのではないかと・・・




お墓に来ると美しいケイトウの花が咲いていました。
季節的にはもうなくなっているはずなんですが。




父が敬愛していた観音様をお墓の傍に。
父にとって最愛の母である祖母への想いを観音様に重ねていたのでしょう。



この写真は妹から秋にお参りに行った時のもので、何と!観音様を囲むようにケイトウの花が咲いていたそうです!
あの世でしっかり父を守ってくれているのだと思いました💛
本当に素晴らしい出来事で胸が熱くなりました💛




地理的に父のお墓参りが先になっていますが、母方の祖父母のお墓参りにも行きました。
父は本当はやはり敬愛していた母方の祖母、義母の墓地にお墓を作りたかったのですが、もういっぱいで叶わず。
祖母より高い位置にあるお墓にはへりくだる意味でも敬遠していました。
私も可能なら祖母のお墓に行って、父のお墓にという順序にしたいのですが、、、。
いずれにしても祖父母、父のお墓にきちんとお参りすることに意味があると思っています。
祖母のお墓でもちょっと微笑ましい事が。
幼少期に結核で亡くなった叔父の為にお地蔵様が傍にいますが、その水やりのところを素手で洗い流そうとしましたら・・・
殆ど透明色に近い綺麗なナメクジが~~~~
正直得意ではないので流石に触れませんので、そのままに。
お水を汲みなおしに行って戻ってくると、いつの間にかいなくなっていました。ノソノソと遅いはずですが、姿を消していました。
スピリチュアル的にきっと誰かの化身だと思いました笑
大体、こんな寒い時期にナメクジがいるなんてあまりにも不思議です。山の方なので気候的にもあり得ません~。

私はどうもご先祖さまからのご利益を得られることが多いように感じますが、やはりいつも感謝をしていることですかね。
ある時、友人が「もうご先祖様なんて関係ないの。今を考えることが大事なのだから~。」と
私が、今があるのはご先祖様が導いてくれたものだと思っています。
姿かたちなくても大事なものだと私は思います。
特に両親のご先祖さまの歴史があるので、自分のルーツが明確であるのは本当に良かったと思います!(^^)!




風の時代の始まり2021/01/10

一昨年は、ホロスコープ、いわゆる星の動きによって予知された「恐ろしいことが起こる・・」と読み明かしていた占星術師研究家のお話を以前しましたが、当たっていて驚くというより、改めて宇宙の一部である人類は星の動きに敏感にならなければならないと気づかされました。

2021年は世界が新たに変わるために、まだまだ不穏な動きを注視しながら、しっかり明るい未来が約束されていると私は感じます。

綺麗ごとは言えず、残酷な現実は万人が幸せな世界になるというのは絶対に不可能なことなのです。
悲しいことにこれが世の常であるわけですが、新たな風の時代はこれから200年以上続く新しい時代だといわれていますが、私たちがどんな風に生きていかなければならないのか?
とても共感できる記事を書いていた方の言葉から抜粋させていただきました。


「1人1人が自分の頭で考えて行動しなくてはならない時代」になるはずです。

巨大な変化の波はこれからもやってきますが、古い価値観や集団にしがみついている人は、その波にただ飲まれて流されてしまいます。

企業に勤めていた時に、「常に問題意識を持って考え行動しなさい」と先輩や上司から教えられました。

なあなあで過ごしたり、他力本願であったりすると、ある日突然大きな石が落ちてきて、あたふたするだけなのです。

個人的には殆ど何も影響を受けていない・・自慢しているのではなく、単に自分の生き方にいつも問題意識を持っていて、能天気、お気楽に見えている私ですが、実はしっかりといつも何が起きてもわからないと戒めて生きてきました。そんな考えに変化がなかったということです。

それは私の極親しい友人も異口同音に話されていました。

今のコロナ禍で改めて感じたことがあります。

結局、国ができることに限界があるということ。

亡き父が「国に何かをしてもらおうと思ってはいけないよ。いつでも守れるのは自分だけなのだから、しっかり生きる術を学びなさい」と。

特に父は高潔な人格者であったので、他人に安易に頼ることはしませんでした。どんなに大変なことになっても自力で乗り越えていました。

第一波、二波で真剣に「コロナは恐ろしいウイルスだ」と認識していれば、飲食関連で完璧に対策をしていれば今のように感染爆発したでしょうか?

私は知る限りでも懇意にしているお店以外は殆ど、野放し状態で経営されていたお店がたくさんありました。

振り返ってみれば各々が思い当たることではないかと思います。

そして飲食店が悪いのではなく、飲食する人の行動に問題があったということですが、新しいスタイルを取り入れた飲食店もありましたから、完全に飲食のルールを提示するべきでした。

とても厳しい話をしましたが、そうすることで本来ならお店をつぶすことも嘆くこともなかったと思います。

他人の話や国の話をあてにするのではなく、自分はどうすべきか?で先手打てばよかったのです。第一波、二波は学びでした。学んだお店は事実、切り抜けています。

今後、これまで権威や集団に依存していたものは淘汰され、個々人の考え如何で新しい時代を乗り越えていく、そんな時代になると言われています。

ひと言でいうと自由な生き方、考え方が新しい風の時代にマッチングしていくのです。

暫くはまだまだ厳しい状況が続きますが、個人的には明るい光と希望、そして私の好きな言葉「自由」が満たされる幸せな時代にワクワクドキドキしています。

もちろん自己責任という言葉も忘れてはなりません。

具体的には2022年からそういう時代の幕開けとされていますが、これもまた私個人の星の動きにドンピシャと。

まるで世界の星の動きと私の運勢がこれほど同じタイミングとは不思議な感覚を覚えます。

今年は私にとって、まだ暫く大人しく(無理ですが笑い)ひそめていることが大事なようです。


そう、今はその日のために人も物も断捨離!しながら準備してます!
本当に大切に思うものだけを傍に残して💛

成人の日2021/01/11

今日は成人の日💛
二人の姪が延期や中止の中、彼女たちの自治体では式典が無事開催!
しかもお天気にも恵まれ、叔母としてもとても晴れやかで嬉しく幸せな気分になりました♪
姉から姪の艶やかで美しい着物姿を送ってきてくれました。
流石はうちの家系の血筋!色白で背もスラリとしてよくお似合いです(#^^#)
着物はやっぱり背丈があると栄えますね~!
姉も一時、韓国旅行中に「女優?」と騒がれたくさんの人だかりになり、長い黒髪を引っ張られたり触られたりするくらいの美女でしたから(^^;
姪も負けてませんが、まだまだおぼこさが残る可愛い20歳です💛
今どきの娘とは違って、言葉遣いも丁寧でおっとりして欲もなく…
幼いころから変わった子供でしたが、今もそのままの天然で純粋なお嬢様💛私も幼少期、変わっていたのでよく私を思い出すと姉から笑
今はお年頃でポッチャリとしています。







彼女と一番長く過ごしたのは軽井沢で
赤ちゃんの時から本当にお行儀が良くって

育ちも生まれたときからなのか?と思うほどでした。
私たち大人の夕食の時間には泣くこともなくジッと私たちが食事している姿を凝視?笑

レストランのスタッフの方も驚いていました。レストランによっては他のお客様のこともあり、基本は静かにしないといけませんから断られるんですよね。確かにそのレストランの雰囲気やドメインがあるので、ガチャガチャするおこちゃまは困りますね。

兄の会社の関連の施設だったので、優遇してもらったわけですが、姉なら姪が泣くなら遠慮したとは思います。
でもお部屋に戻った途端、私も~お腹がすいたのよ~と言わんばかりに赤ちゃんらしく泣いていました。凄い!と感心するばかりでした笑
本当に不思議ちゃんでした。
姉がいつかある綺麗な女性から、「Eちゃんは、本当に不思議なものを持っているので将来が楽しみですね」と突然、そんなことを言われたそうです。
今は私と同様に、姉がプロ並みにスキーをするので、彼女もプロ並みのスキーヤーでおっとりではあるけれど快活な女子です。
海外留学も経験あって、姉や私みたいに多分ジッとしていることがないと思います。
男の子だったら「少年よ大志を抱け!」でしょうが、女子なので、、
「自由奔放に自分の思うが儘に!」と言ってあげたいです。

また落ち着いたら再会するのが待ち遠しい~💛
来年は最愛のもう一人の姪の成人の日も今から楽しみです♪

~私の成人の日といい日旅立ち~


忘れもしない、私のうん十年前の成人の日・・
早朝から式典の為に着付けのおばあさんが我が家に。とっても小柄なおばあさんでしたが、母が間違いない着付け師だと。
背丈のある私の着付けは本当に大変だったと思います。
本当に窮屈さが全くなかった。
式典で同窓生に会って、自宅に戻り、次は父が理事をしていたライオンズクラブのパーティーに成人した人を祝うという名目で参加。
意外にも女子は私だけで医者の息子など男性ばかり。
そして、私が初めて人前で歌を歌うことになり(≧▽≦)
嫌で嫌で仕方なかったのですが、仕方なく・・・
歌ったのは大好きな山口百恵ちゃんの「いい日旅立ち」
父は感動していました笑
結構、拍手喝さいをもらいましたが、凄く恥ずかしかったです~
今となっては元気だった時の幸せそうな父の笑顔がとても印象に残っているので、良い成人の日の思い出になりました。
帰宅したのはもう夜12時回ったころ。
ホッとした瞬間に帯がハラリとほどけたのです~
凄い!ほぼ18時間、着崩れすることなく、一瞬で帯が~
あの時のおばあさんは母が言ったとおりの物凄い着付け師だったのでした。

初雪と天からのメッセージ💛2021/01/13

先日、初雪が降りました
昨年、通り雨があって自宅のベランダで虹が見えたり、天が二つに分かれて青空と激しい雨が
そして、初雪の日も青空と大粒の牡丹雪が
私がいるところは風致地区ですが、ここは本当に不思議な場所…

さて、初雪に因んだロマンチックな話はお隣り韓国ではとても有名です。
初雪の日に告白すると成就するとか、、、。
ヨン様で有名になった韓国ドラマでも雪のシーンがとてもロマンチックに描かれていましたよね。



そういえば、韓国の男性から雪に因んだ写真を送ってくるのは

「あなたを想っています」というようなメッセージだと聞いたこともあります。
日韓問題はくすぶり続けていますが、日韓の恋愛をされている方、是非、初雪の季節に成就させてください!!

以前、投稿した「雪は天からの手紙である」は言い得て妙だと思います。
個人的にスキーをするので、雪山の山頂に上がって普通は見られない景色を目の当たりにすると本当に癒されます。
今年は昨年の倍返しというように大雪が降りました。
来週からスキーに出かけますが、用心しながら美しい景色に出会えることを楽しみにしています(#^^#)