伝説のフレンチ2021/03/03

2月3月はお祝い事が重なり、グルメ月間になります!(^^)!

昨年、徒歩圏内にある大好きなビブグルマンのフレンチのお店が移転され新たに出店開業されました。
遅まきながらお店のお祝いと私のお祝いを兼ねて行って参りました。

新たなお店のコンセプトは「お寿司屋さんのように出来立てを出す」という対面型のスタイル。
お店に到着すると、以前のお店のイメージはそのまま。
扉を押すとまだ開けてない???と
でも玄関燈がついているので・・・そう押してダメなら引いてみる笑

ス~っと扉がスライドしましたあ~笑笑

お店に入るや否や、木の温もりを感じる森の中に入ったような空気感に包まれました♡
L字型のカウンターで8席ほどの店内は解放感もあって、今の時世にも合っています。
以前のお店も元々、距離感があって問題はありませんでしたが、今回はリニューアルか移転か悩んでいた時に偶然の出会いがあって今のお店に至ったとか。

さて、お料理ですが、完全コース料理になりますが、カウンター越しにシェフが正にお寿司屋さんの様に手際よくお料理を出してくれます。
ワクワクドキドキ感で幸福至福の時間でした(#^.^#)








シェフがおひとりでも対応できるように様々な工夫がされています。
スタッフがいるときもあるそうですが、今回はシェフ自ら対応していただきました。






ウニと玉ねぎのムース



本マグロの中トロのタルタル


太刀魚と有機野菜など根野菜


大きな蛤と玉ねぎのフラン


タラの白子と里芋と黒トリュフソース



淡路牛




シェフは伝説のジャンムーランを継承するおひとりです。
数えきれない素晴らしいお料理が世の中にはたくさんあります。
日本はとりわけ料理の質が高く洗練されているので本当に競争が激しいと思います。
どんなシェフに、どんなお料理に出逢うかは自分の感覚の赴くままだと思っています。
証拠に私が長年愛してやまない料理、シェフとはいろんな偶然がありました。
こちらのシェフとは今回初めてたっぷりお話ができたのですが、以前もその話題に触れたことがありました。
彼が最初に従事していた旧大阪ロイヤルホテルは私が親から嘆願されてよくお見合いに利用していたホテルです。後にそのホテルで式を挙げるのですが(*'▽')
関西で一番といわれたロイヤルホテルは素晴らしいホテルでした。
シェフはそのホテルで従事されていた後、ジャンムーランで腕を磨き、その後、渡仏されミシュラン店を転々と。
彼が修行された店のひとつであるボーヌのミシュラン店は私が行ったお店でもあり、偶然が重なりました。
ご縁というものもありますが、嗜好が似ているのかもしれません。価値観であったり感性が同じだと必然的に繋がっていくものだと感じました。
それは他のことでも同じことが言えると思いました。
ちなみにこちらには某酒造会社の会長や旧ロイヤルホテルの料理長が今でも食べにいらっしゃるそうです。
進化していく数多のフレンチ店の中でどこか懐かしさと素材や品質の高さが折り重なった貴重なフレンチ店です。


方々行動範囲が広いため(汗)
それほど伺えなかったのですが、過分なおもてなしをいただき感謝でいっぱいになりました。感謝でございます。


次回は二人の姪のお祝いに連れて行ってあげたいと思っています♪




お店を出て少し歩くと本当に久しぶりの風景に…

コメント

トラックバック