伝説のフレンチ2021/03/03

2月3月はお祝い事が重なり、グルメ月間になります!(^^)!

昨年、徒歩圏内にある大好きなビブグルマンのフレンチのお店が移転され新たに出店開業されました。
遅まきながらお店のお祝いと私のお祝いを兼ねて行って参りました。

新たなお店のコンセプトは「お寿司屋さんのように出来立てを出す」という対面型のスタイル。
お店に到着すると、以前のお店のイメージはそのまま。
扉を押すとまだ開けてない???と
でも玄関燈がついているので・・・そう押してダメなら引いてみる笑

ス~っと扉がスライドしましたあ~笑笑

お店に入るや否や、木の温もりを感じる森の中に入ったような空気感に包まれました♡
L字型のカウンターで8席ほどの店内は解放感もあって、今の時世にも合っています。
以前のお店も元々、距離感があって問題はありませんでしたが、今回はリニューアルか移転か悩んでいた時に偶然の出会いがあって今のお店に至ったとか。

さて、お料理ですが、完全コース料理になりますが、カウンター越しにシェフが正にお寿司屋さんの様に手際よくお料理を出してくれます。
ワクワクドキドキ感で幸福至福の時間でした(#^.^#)








シェフがおひとりでも対応できるように様々な工夫がされています。
スタッフがいるときもあるそうですが、今回はシェフ自ら対応していただきました。






ウニと玉ねぎのムース



本マグロの中トロのタルタル


太刀魚と有機野菜など根野菜


大きな蛤と玉ねぎのフラン


タラの白子と里芋と黒トリュフソース



淡路牛




シェフは伝説のジャンムーランを継承するおひとりです。
数えきれない素晴らしいお料理が世の中にはたくさんあります。
日本はとりわけ料理の質が高く洗練されているので本当に競争が激しいと思います。
どんなシェフに、どんなお料理に出逢うかは自分の感覚の赴くままだと思っています。
証拠に私が長年愛してやまない料理、シェフとはいろんな偶然がありました。
こちらのシェフとは今回初めてたっぷりお話ができたのですが、以前もその話題に触れたことがありました。
彼が最初に従事していた旧大阪ロイヤルホテルは私が親から嘆願されてよくお見合いに利用していたホテルです。後にそのホテルで式を挙げるのですが(*'▽')
関西で一番といわれたロイヤルホテルは素晴らしいホテルでした。
シェフはそのホテルで従事されていた後、ジャンムーランで腕を磨き、その後、渡仏されミシュラン店を転々と。
彼が修行された店のひとつであるボーヌのミシュラン店は私が行ったお店でもあり、偶然が重なりました。
ご縁というものもありますが、嗜好が似ているのかもしれません。価値観であったり感性が同じだと必然的に繋がっていくものだと感じました。
それは他のことでも同じことが言えると思いました。
ちなみにこちらには某酒造会社の会長や旧ロイヤルホテルの料理長が今でも食べにいらっしゃるそうです。
進化していく数多のフレンチ店の中でどこか懐かしさと素材や品質の高さが折り重なった貴重なフレンチ店です。


方々行動範囲が広いため(汗)
それほど伺えなかったのですが、過分なおもてなしをいただき感謝でいっぱいになりました。感謝でございます。


次回は二人の姪のお祝いに連れて行ってあげたいと思っています♪




お店を出て少し歩くと本当に久しぶりの風景に…

Christmas dinner🎄2020/12/28

毎年恒例の私の十八番料理

オーセンティックな料理
レシピは亡き偉大な帝国ホテル総料理長、村上信夫さまの牛肉料理を何度も何度も読み返し、私の得意料理のひとつになっています。

ブフブルギニヨンとローストビーフ
ブフブルギニヨンは所謂、牛肉の赤ワイン煮込みです。よく訪れるブルゴーニュ地方の料理です。
現地でもいろいろお店で食べ比べをしましたが、若干塩分が強く感じるお店も。これはワインとの兼ね合いで濃い目に作っているのかもしれませんから、悪いわけではありません。でも日頃から塩分に気を使っている私にとっては胃に重く感じたりします。
手前みそではありますが、やはり自分で作る料理が一番です(#^^#)

今回、煮込み用を準備しようといつものスーパーに行くと、殆どローストビーフ用の塊ばかりで、煮込み用は私が好む部位ではなかったので、結局3軒のデパートやスーパーに(汗)
好みの部位がありましたが、量は少なく、結局、ローストビーフ用も追加して2日間にわたり料理することに(^^;)

下ごしらえをして、何時もよりは仕事がテキパキと捗りました。
頭の中で一瞬にして6点の料理を思い描きます。
サラダ、スープ、前菜2種、メインは2日間に分けて・・

さて、ブフブルギニヨンは料理する前日にワインと香味野菜でマリネしておきます。



これはもう長いお付き合いの貴重なワイナリーのロゼ
セラーから出して金具に触れた瞬間にコルクと金具がロケットの如く飛んでいきましたあ~~~~
物凄い勢いでスパークリングが噴き出て
まるで綺麗なピンク色の噴水ショーのようでした笑
笑っている場合ではなく本当にやっと食卓の準備が整った瞬間の出来事であたふたと(>_<)
ピンドンより貴重なスパークリングが↑のように少なくなってしまいました(^^;)
でも予期しない勢いある噴水ショー?は吉兆ということで、来年の明るい未来を期待することに!




北海道産のウニとキャビアと温泉卵のゼリー寄席
これもクリスマスの十八番メニューになっています
こんな贅沢はクリスマスだけです( ;∀;)




毎年、パリで買ってくるのですが、今回は初めて注文したお店のものをいただきましたが・・・
名に恥じない素晴らしいお味でビックリしました!
フランス産ですが、渡仏した時に探してみたいと思います。




昨年、いつになくパリで爆買いした今一番気に入っている会社の栗
マッシュルームのような酸味があって味わいが深いんです
来年は渡仏できればいいんですが~







これまでで一番と思えるくらい上出来に!
付け合わせは信州で見つけた彩美しい人参とお馴染みインカのめざめ





いつかGacktが照明は蝋燭だけって言ってましたが、私も蝋燭の灯りがとても好きです。リビングはガラスブロックで日中は自然光だけで明るいので一般的なシーリングライトはありません。
間接照明と蝋燭の灯りで十分です💛
欧米ではこういうのは当たり前ですが、余計な電力にも頼ることなくエコライフですね!(^^)!




2日目に作ったローストビーフ


グレービーソースも上出来っ!


いつもはバタバタでもケーキ作っていましたが

急な所要が入り、
もう余力がありませんでした(><)
一番好きな某パティスリー店の大人味のモンブラン

翌日ももうひとつお気に入りのパティスリー店のケーキに

ホールのケーキは生クリームの量が半端ないので、、





2日間、終わっってみると本当に体力消耗~
料理するって本当にエネルギー使います。
頭と手がバランスよく動かないと大変~
何より、盛り付け段階で頭が@@
また温かいものは温かくですので~~
でも大変でもどこか充実感があって達成感も!

来年はお料理なのか、何か沸々と・・・
キーワードは”お役に立ちたい!”です。

軽井沢Vol.5 ゴルフ三昧2020/11/02

毎朝は霧が出て靄っていましたが、雲はどんどん切れてきました

施設に宿泊中はもれなくゴルフのラウンドフィーもついていますが、ハーフで終わったり、無理しないでお休みの日もありでマイペースでゆったりと

それから飛ばし過ぎずに、、、

加減していたのですが、飛ばしてしまいましたあ~

昨年、初めて中嶋常幸プロの酷似のプロと一緒にラウンドしましたが、彼のレクチャーで開眼!

本当に力を抜いて打ってみましたら・・・

220yard~~~笑 快感っ!でした
身体を捻りますから、ほどほどにと戒めつつ(^^:











浅間富士をバックに
本当に圧巻でしたあ~






夏のゴルフでは鹿に遭遇したり、いろんなことがありましたが、今回もラウンド中、どんぐりが頭に落ちてきたり、トンボが肩に止まったり、足首に可愛いオレンジ色の蝶々が止まったり、自然界とまた一歩近づいたような気持になり癒されました💛
生前、父と一緒にラウンドした北海道のコースでも世にも奇妙なな不思議体験がありましたが、どうもその時からなので、父の仕業なのか?と思ってしまいます・・・(#^.^#)
とにかくテニスと同様、ゴルフもずっと長く楽しめそうです♪

無病息災と至福の時間💛2020/10/04

先日、内祝いにとても素敵なお菓子を頂戴しました。

趣のある俳画には御目出度い瓢箪、ひさごとも言いますが、お菓子のパッケージもセンス溢れるもの(💛💛)

送り主はグルメな大先輩で、いつも思いやりと優しさで励ましてくれる尊敬しているPositive女史!(^^)!

もう中身のお菓子を想像しただけでワクワクドキドキ💛

そして、無病息災に6つの瓢箪を掛け合わせて
六瓢息災というネーミングまで!
これはこれから行う私のミッションに際して贈ってくださった洒落たお菓子なのです。
本当に有難く、幸せでございます!!
東京発のお菓子は本当に久しぶりです。
婦人画報でも掲載されていました。







頂いたお菓子と共に韓国人白磁陶芸家、朴英淑(パクヨンスク)さんのコーヒーカップで(#^.^#)

エリザベス女王様の大のお気に入りの陶器なのですが、古い朝鮮の歴史に存在した白磁は現代で作るのは不可能だと言われたものですが、朴さんが繊細で美しい当時の白磁を現代に蘇らせたそうです。
この白磁はお菓子をくださった大先輩から教えていただき、韓国の仁寺洞のギャラリーで買い求めたものです。
品格があるのに、愛着が湧くデザインで一目ぼれしました。
たまたまロンドンで朴さんの展示がありましたが、何と大英博物館のアジアの美術の一角にも堂々と展示されていたのです。
数年前、訪韓した際にも有名な作家さんの歴史的なお宅での展示もあり拝見したことがあります。


お菓子には有田で、色調を揃えました。
これは博多のオークラホテルの近くの有田焼専門のお店で購入したものです。べたな絵柄ですがユニークだと思って選びました。



お菓子は三種類でしたが、丁寧に煮詰められた上品な甘さの生姜やフルーツ、特に洋酒で漬けた無花果が美味でした~💛
サクッとフルーツの柔らかさが絶妙で本当に美味しかったです!
お心遣いに感謝申し上げます<(*^_^*)>

最近、よく口にする言葉・・・

「小さな幸せでも大きな感動がある」


ケセラセラ~♪2020/04/11

どんな時も平常と変わらないとポジティブに時間を過ごしながら

今日は三時のおやつにあるものでちょっと特別なフレンチトーストを作ってみました!
料理はいつも閃きと創造力が基本です
音楽を作って奏でるように楽しみます

特別な?フレンチトースト
その所以は・・・・
フランスのロレーヌ地方は、マドレーヌやババオラムなどの有名なお菓子の発祥地でもありますが、旬が僅かひと月ほどの果実で
「金色の宝」と云われるミラベルのオーガニックコンフィチュールを使ってみました。
材料は牛乳、卵、砂糖、そして、パンさえあれば簡単に美味しい簡単デザートができます。
私はいつもグランマルニエを常備しています。オレンジのリキュールで香りがよいのでとっても高級感あるデザートに仕上げることができます。お酒弱い方はしっかりアルコールを飛ばしてくださいね(#^.^#)






Vignes et Vergers のコンフィチュールは世界一だと思ってます!


実が丸ごとたくさん入っています
本当に貴重な果実ですが、パリで旬に出逢い食べたことがありますがジューシーで甘くってHappyになれる可愛い果実でした💛
コンフィチュールで食べられるのは本当に有難い!
気になる方はFontained'Or Kobeで~




パンは小さめ、薄くカットするとアパレイユが早く浸透して調理もハイスピードに出来ますよ~



グランマルニエとミラベルのコンフィチュールを煮詰めたら最後に絡めて、再度オーブントースターで表面を焼くのが私流のフレンチトーストです!
外はカリッと、中はしっとり、オレンジとミラベルの豊潤な香りにノックアウト~~~~~





これは数日前に作ったカルトカール、所謂一般的なパウンドケーキ
不思議な黄色の柑橘は
先々週、長野の道の駅で見つけた、何故か和歌山県産の”黄金柑”という見たことがない品種
見た目と違って甘くジューシーと書いていましたが・・
凄い!本当に甘くって驚きました。味のバランスも素晴らしく。
最初はジュースで、次にミカンのように皮ごと食べられましたあ~

固めのをパウンドケーキに使ってみました



柑橘系の焼き菓子好きには堪りませんっ!