日本の最高のDIVA歌姫は?2020/10/05

今日のTV番組で日本最高の歌姫BEST30は誰か?を放映していました。
日本ではすっかり歌番組が少なくなっていますが、また徐々に復活しているようにも思います。
個人的にKBS韓国の歌番組が面白くて、一時はその歌謡番組にハマっていました。
日本もその他大勢の集団アイドルとかが増えて、心から音楽を楽しむ機会が少なくなっています。
音楽は本物でなければ、ガンガンに魂に響いてくるものでなければ!

そんな私の音楽に対する真価がピッタリと!
既にBEST3が的中!
番組内ではクラシック専門の、基礎から音感や声楽を学んだプロの方々が選ぶBEST30でした。
TVでもお馴染みでヒット曲も出された筋金入りの声楽のプロが選ぶわけですが、私の車でいつも聞いている3者の方々が堂々のBEST3に!
もちろん、BEST1は美空ひばりさんです!
絶対音感をお持ちで英語の歌でも決して音程を外さないと言われた正に稀有な天才歌手で、歌うために生まれてこられた方ですよね。

今になって更に彼女の歌の深みにジ~ンとします。
彼女の歌声は天声です…唯一無二の歌声!
その次に尊敬している歌手はMISIAさんですが、時間があると彼女の歌を口ずさんでいます(#^.^#)
彼女からも歌からもとてもスピリチュアルを感じますが、歌詞が私のその時の心境に偶然すぎるほどにピッタリで感情移入した時期もありました(*^_^*)

吉田美和さんの歌も時々ドライブ中に♪

自分で言うのもおこがましいのですが、芸術や音楽に対する審美眼や見識には自信がありますが、多くの人がファンでなくても良いものは良いと認識させることができるArtistが本物なんですよね!!

美空ひばり
川の流れのように
愛燦燦


Dreams come true 吉田美和
LOVE LOVE LOVE
何度でも

MISIA
Everything


スピリチュアルな荘厳な時間2020/10/04

本当に不思議な出会いと偶然が
個人的に今の私の気持ちにピッタリな出来事が続きます。

とても有難いことが続いていますが、今年特に2020年は他人への思いやりを大切にするとよく生きることができる、というフレーズを何度か見ました。

2年前、あることで悩みましたが、今年は決行することにスパッと決めました。
やはりコロナが切っ掛けだったので、コロナは私にとってプラスに導いてくれているとさえ思ってしまいます。

さて、ある日いつもの神社へお参りに。すると脇に何やら能面?のポスターが。
「残席20席となりました」と書かれていました。
そう神社で能舞があるとのこと。知らなかった・・・
大体この時期は国内外の旅に出ることが多く、気が付かなかったのです。それもそのはず、能舞は2年前からで今年がその3回目だとか。
すぐに予約をしました。当日は300名ほどの参加者があるので、ちょっと心配ではありますが・・・

演目は自然神に依る土地と個人の魂を浄化してくれる大祓いの舞
所謂厄落としのことです。無病息災ももちろんのこと、よく生きるためのお祓いとは有り難いものですね。

当日はキッチリとソーシャルディスタンス、マスク、検温まで!




舞のお写真はもちろん、過去のものを拝借しております
幻想的な舞に終始くぎ付けに・・・



宮司さまのお話で、実は一昨年は物凄い強風で松明の火が煽られて、寒さも厳しくひと苦労されたこと、そして、昨年は台風で影響を受けたとか。
そして、今年はお天気と更にコロナまで、、開催するかとても悩まれたそうです。
三度目の正直!今年は十六夜のお月様の下、風もなく穏やかで気温も22~3℃で完璧でしたとの話。しかも今年は珠玉のメンバーが揃い、須磨寺の神主様方方までお祓いに参加してくださり、心身浄化された、そんな至福の時間でした(*^_^*)
コロナだからと、祭事、特にお祓いができない神社も多く見受けられていますが、「本当に神様はいらっしゃるの?」と思ってしまいます(-_-;)
やはりこちらの神社には神様が存在するのだと確信しました。
こんな時世に300人動員で開催できたなんて、素晴らしいこと!

主催者側の勇気と結束力の賜物ですが、神様も味方に(*^_^*)

東京から移住して初めて神社に引き寄せられるように通っています。

何故、こんなにも引き寄せられるのか?実はご縁がありました。私の父方の由緒あるご先祖さまのそれはそれは古い歴史の中に繋がりがありました。その話はまた改めて。
お参りには月一と旅の前後と、お願いしたことのお礼など。
お天気に関してほぼ100%恵まれています。
またこの神社で不思議な経験が偶然に2度も!
今回も今の私の心境にタイミングがピッタリの大祓いは何か神様から呼ばれた...そんな気分です。

神様がいると確信していることは他にもあります。

それは、私がこちらの神社に通い始めて数年後に、なでしこJAPANの優勝、羽生結弦選手の世界初300点超えで日本国内で有名になり、参拝客も増えましたが、
それまでは初詣も並ぶことはなかった地域に愛されている神社です。

元々由緒ある神社ですが、感覚で生きている私にとっては美しい自然に抱かれた地にある神社が居心地の良い場所となっています。

「気」の強さも感じますから正にパワースポットですね!

宗教にのめりこむことは出来ませんが、感覚のまま感謝をすることが大切だと思っています。

さて、肝心のお能はとても雅で荘厳で笛や鼓の音色と共に確かに心身が確かに浄化されました。(合掌)
この気持ちを持ち続けていざミッションへ! (*^_^*)




夕食時間が中途半端だったので、芦屋で事前に予約していたたん熊のお弁当をいただきました!!
アワビやマツタケまで~急な時にはたん熊が重宝します!

~こぼれ話~
鑑賞した後、自宅に戻ると母から電話が。
その時に能舞鑑賞に出かけていたと話をしますと、母から弟の中学の同級生が能の家元のご子息であったとか。弟は秀才で、東大・京大進学を目指した私立某有名中学に首席で入り、2番目がそのご子息だったそう。彼のお母様から能舞鑑賞への招待を受けたそうです。父は必然的にPTA会長になってしまい、仕事も母も共に超多忙で行けなかった、と悔やんでいました。この日に舞を演じておられたのはひょっとすると弟の同窓生だったのかもしれません。母は名前を憶えていないとのことで分かりません。また弟に確認してみたいものです。

芸術の秋2020/09/28

今年一番残念だったのは、東京で予定していた3月の公演

日本の為に企画された超特別な公演

「The Voives of the Wetend」

昨年、WESTENDのミュージカルスターJohn Owen Jonesを筆頭に繰り広げられた舞台が豪華で華があって素晴らしくって、最高のパフォーマンスに感動の嵐でした~!

そこで今年はまた1月と思いきや3月だったのですが、何と1月は別の演目で北京のコンサートで日本公演は3月になったようです・・・

Umm、中国公演は本当に後にして欲しかったあ~~~(TT)

或いは外してほしかったあ~

もう中国マネーは信用してはいけません~

結局、公演は延期から中止になってしまいました(TT)

英国自体コロナ禍で日本より大変でロックダウンまでありましたが、流石は音楽のプロ!
直ぐにオンライン公演を決行してくださいました。
以前の投稿したミュージカルスターの自宅からの手作り公演でしたが、彼の歌声はオンラインでも音響設備に関係なく世界中のファンを魅了しました💛💛もちろん私も惚れ惚れ(#^.^#)

物凄い反響でtweetの嵐でしたあ~♪

そして、益々、本場ミュージカル界にとって不安を助長するように歴史あるホールでの公演が無期限で開催できないとの状況に・・・

それでも負けてません!屋外公演を実行されることに!

決して諦めない彼らの底力に尊敬と、日々音楽と繋がっていることの大切さを私たちに投げかけてくれる・・・本当に素晴らしいです!
ただ、現実日本にいる私は中々その公演を見ることが叶いませんが、劣悪な環境下でも諦めずに何らかの形で音楽人として舞台を作っていることは称賛に価すると思っています。
音楽人が音楽を奏でる表現しなければその存在価値はないに等しいのは事実ですし・・・

純粋に音楽を愛し、またその音楽を聴いて幸せになる人、私の様なファンの為に歌うことが使命だと強く認識されているんですよね。

また同業者とのチームワークが凄いです。活躍して著名な人もそうでない人も助け合ってひとつの舞台を作る・・
それこそが本当のArtistだと改めて感じます。
コロナ禍でいろんな事が浮き彫りになっていますが、表現者、Artistの真価が問われているように思います。




東京のオーチャードホールで開催されるはずだった演目




ロンドンには庭園がたくさんありますが、屋外での公演は素敵💛





さて、私の最初の秋の芸術はご近所の歴史ある神社、太陽の化身が奉られている境内で薪能を鑑賞することになりました。
毎年300人ほどの観客が観られるそうですが、いつも国内外に出かけている時期で存じておりませんでした。
今年は偶然が重なって僅か残席(今年は客数を減らして)の予約席を確保することが出来ました。
屋外ですが、お天気も丁度良いようです(#^.^#)
私も日本の由緒ある古典芸能をしっかり楽しみたいと思います!

真価を見定める時2020/08/04

先日、恒例の軽井沢で静寂の時間を満喫してきました。

コロナ感染者数が増えてきましたが、それは当然の結果とも言えます。
感染者数は増えたり、減ったりの繰り返しになるでしょう。
なので、その合間を縫ってこれまでと変わらずに旅を継続していくつもりです。
未だに県外を超えて旅することを批判する人がいますが、旅をすることは決して悪いことではなく、ガイドラインやマナーを守らない夜の街や施設、接待を伴う飲食店に行く人が悪なのですよ~~~~

様々な施設や有名レストランから個人の飲食店で大変な苦労をしてようやくコロナ禍でも対応できるように万全を期して運営されておられます。
私の行くところは何年も懇意にしている場所ですから、特に一助となればと積極的に旅します。
今のコロナに関係なく、健全に豊かな環境の中で過ごすことが旅の目的のひとつです。
とりわけ美しい自然の中に身を置くことは心身浄化にも役立ちますからね(#^.^#)

さて、旅から戻って、お片付けをしながら、保管していた昨年末の
ananをもう一度読み返してみました。
全く2020を恐ろしいほどに占っていました!


「それは地上に下される”大いなる審判”」

ananの占いって本当に言い得て妙だと思うくらいに当たっていたのでこの記事を読んだときは、「何か恐ろしいことが起こるのかしら?」と思いましたが、コロナが蔓延するまですっかり忘れていました。


↓詳しくは





正にこの話も言い当てていますよね!



地上への審判は、人類への審判が下されるということと同じ意味ですが、
既に審判が下され、大変な経験をした方もいます。

同時に人の真価が浮き彫りになる良い機会だと私は思います。

本当に良い指導者は誰なのか?
コロナ禍でも変わらずに今を生きることができる人、できない人
これまでの生活の中でどれだけ自然に目を向けていたか?


また恋愛においても相手を見極めることができたと思いますが、

残念ながらコロナ離婚も増えているそうですね(TT)

嬉しいことに私の友人はコロナを切っ掛けに愛を育み、めでたく
ゴールイン♡


毎日毎日コロナのニュースでいっぱいですから、HAPPYなニュースで日常を埋め尽くしたいと思います!!

一期一会のときめきコンサート♪2020/05/06

昨日の深夜2時30分からの特別なコンサート

最初に言っておきたいのですが

最高でしたあ~~~!
超エキサイティング!
今も興奮冷めやらぬ・・・またファンになっちゃいました♡♡

才能と実力はもちろんですが、今の特別なコロナショックにおいてピンチをチャンスにした彼の取り組みは称賛に値します。

また音楽を表現するartistとしての偉大さはもちろんですが、温かな人柄が今回の一期一会の自作自演の公演に溢れていました~♡

真夜中にも関わらず、気がつくと涙いっぱいに溢れていました♪

翌朝には世界中のファンから、同様に彼の公演に感動したとたくさんのメッセージも溢れていました。

世界中みんなが自粛で、artistも英国で日本より厳しいロックダウンで苦しんでいますが、申し訳ないほどの安いチケット料で大ホールの公演と変わらない歌を私たちに届けてくれたこと感謝でいっぱいです!

今回の公演で改めて分かったこと・・・

彼は最高の表現者であること。

一流はどんな環境にあっても一流だと思いました。

彼がミュージカルスターとして不動の人気がある理由ですね。

また心の底から音楽を愛し、誰かの為に届けたいという熱い想いが今回の公演で強く感じました!

自己満足だけの完璧なセットや豪華な衣装、大ホールであっても彼のようなartistには適わないということも・・・!

そして今回の演出などから偉大なクリエイターでもあることが分かりました。天は二物を与えずと言いますが、そうではありません。


さて、一体、on-lineコンサートとはどんな感じなのか・・?
初めての経験はいつもワクワクドキドキ💛

ちゃんと繋がるのかもちょっと不安でした
開演前30分にLINKが送られてきました
こんな時の30分は本当に長いものですね~

ちなみに公演のご案内には
「チケットはトイレットペーパーより安いチケットだよ~」とか、
「ドレスコードはありません。皆さん最前列ですよ~」笑






開演までドキドキ



Ah~遂に~~~


何と彼の自宅からでしたあ~
最初、正直、音響ミキシングが心配でしたが
流石、現役ミュージカルスターJ.O.J.
マイクは形だけでオーケストラの音楽に併せて
彼の歌声も臨場感あって、正に私はリビングで目前の彼の歌を聴いているような不思議な感覚でしたあ~

本当にプライベート公演のような~
或いは、彼の自宅に招かれて聞いているようにも(#^.^#)


まるで客席にいる私たちに語りかけるように・・・



楽曲は彼が今も主演しているオペラ座の怪人やレミゼラブル、Never die、You raise me up、”007”のテーマ曲などなど大好きな楽曲ばかり。
思っていた以上にたくさん歌ってくれました。



私のドレスコードは・・・
そうナイトウェアです笑
もうウットリ
大興奮!



ほぼ自身で企画されていますが、心憎い演出であったり、懐かしさを感じるステージのセットなど、不思議な空間に入り込んだような
また夢心地の40分でした。
本当に驚くほどの安いチケット料なので、ミュージカルや彼のファンである友人知人の分もチケットを買ってLINKを送ってあげました。
感動した、と友人からも興奮されるほど
大ホールでのコンサートにも負けない印象深い公演だったと・・

I agree!

収益金はコロナで困窮している同業者のためにも寄付されるそうですが、私のようなファンとしてはartist自身のために援助できると本望です!
彼らの本物の音楽や芸術文化は確かに今のような逼迫した世の中に潤いを与えてくれると信じています。

間違いなく私の人生で強く印象に遺った素晴らしい公演でした。
こんなこともあるのはある意味コロナに感謝ですね。悔しいけど。

さて、8月東京オーチャードbunnkamura公演は、on-lineコンサートでもよいと思っています。もし無理なら・・・
手元にあるチケットで!