PAPAの日2020/06/22

昨日は父の日でした

全国、全世界のPAPAに感謝!

私にとっての父の呼び名はPAPAです

正に2年前に偶然にVaticanのPAPAに拝謁できる機会に恵まれましたが、何と!父のお顔、面長で福耳に酷似していたのに改めて驚きました。父の若い頃は西洋人的な美男子だったようですが、晩年もお目目は大きくて、おこがましいのですが、本当に教皇さまによく似ていて父を懐かしく思いました…

拝謁した翌日は父の日でもあったりと、なんだか呼ばれたような気にさえなりました。






実際に父は慈悲深く、家族よりも困窮している人を放ってはおけず、彼らのために奔走したり、困っている人たちに役立てられるようにと日本赤十字社に会社の利益の一部を寄付していました。

湯水のようにお金があるわけでもありませんし、会社もいつも順風満帆ではなかったのですが、、、

後に皇室から感謝状を授与されました。

そんな父のことを心から敬愛してやみません。
そして、彼の歩んできた道のりがある日途轍もなく苦労の連続であったことがひしひしと感じることがあり、涙があふれ出てくることも…


「パパどんな人生だった?」と今問うてみたいものですが、

そんな答えを引き出すかのような映画が3日前に

毎度のことですが、ふと画面に出てきたWOWOWの映画に見入りました。

これはいつものことながらどこからかのメッセージであり、ギフトであります。
本当に素晴らしいSTORYに感動しました!



父とこの映画の主人公の境遇も生い立ちも異なりますが、一家の家長として人生を全うする父親の姿を描いたもの。
戦争によって生き別れた父親との約束を果たすために、体を張って命がけで他人や家族を守り生きた「お父さん」のお話。
主人公のお父さんが年をとって自室に籠って煙草をフーっと燻らしながら「お父さん僕はよく頑張ったでしょ?」と彼のお父さんの写真に向かって問いかけるシーン
私の父が時々、庭先でフーっと煙草を燻らせて物思いにふけっていた父を思い出し、号泣しました(TT)
誰にも弱音を吐くことができなかった父・・・
ある意味孤独で本当に大変だったと体中が熱くこみあげてくるものがありました。

殆ど会社、困窮している誰かのために奔走していた父
多忙な仕事の傍ら人権活動も熱心にしていたと後に母から

慈愛に満ちていた父のことをよく覚えていますが、幼心ににもっと傍にいて欲しかったと寂しく感じたことも多々ありました。

時には他人のことでいつも必死になっていて、家族旅行も殆ど記憶がありません。

暇さえあれば、誰かの相談や目まぐるしく行動していた父
私が生まれる前に私よりもひと回り年上の従妹が音楽で芸能界に入るときも父が支援したそうですが、グループサンズとしてTOPになったり、また東大卒で母の従妹になるおじさんが政治家を目指した時も後ろ盾になり日本ではちょっと有名な政治家になりました。

これはほんの一部で父がどれだけの方に貢献してきたのか後に知りました。


今、私が自由に奔放に生きられるのは父がお金では買えないものを私に贈ってくれたのだと思いました。

最近になって更に父が生きてきた人生に敬服するとともに、私の父は最高だ!と思いました。
一度もまともに「ありがとう」と言えなかったことが今も悔やまれますが、父に心でいつも感謝を伝えています。

亡くなってからの方がいつも傍にいてくれている!と思うことがあります。
不思議なことが何度もありましたが、実は昨日も!
ここでは言えませんが叶えてくれました。
そして、いつかの父の日と同じく久しぶりに空が得も言われぬ色に染まりました♡

私の心の中の言葉にしっかり応えてくれた瞬間ですが、
やっぱり傍にいてくれたと確認できたそんな気持ちになりました♪

10数年前にもミラクルな出来事が起こりましたが、オフレコで(#^^#)






そう父の日は面と向かって言えなかったから
今は思いっきり自慢をする日にします!

PAPA大好き!本当にありがとう♡

命を懸けた愛2020/04/11

昨日は奇しくも2つの命がけの愛のテーマに涙がポロポロ(T T)

本当に久しぶりに泣きました~

ひとつはやっと届いたイタリアの文学作品「いいなづけ」
これは以前、話題になった本ですが。
イタリアのコロナ感染で休校が決まり、デマや不安を払拭させるために、校長先生が生徒たちに贈ったメッセージの中で奨めていた本です。
日本では1987年に翻訳出版されていたものだったので、アマゾンから入荷次第ということで届いたものです。
内容は今のコロナと全く同じ状況下で、歴史的に有名なペスト流行を背景に、また更には戦争などで結婚を誓ったカップルが翻弄され離れ離れになるというお話。
まだ途中ですが、時代が違えどいつの世にも何らかの理由で愛し合うもの同士が離れ離れになるという悲しい話はありますね・・・

実は初めて不思議なご縁を頂いてスピリチュアルの先生にお会いした時の話が正に、このような話と酷似していました。

人は輪廻転生を繰り返すと云われていますが、私のSTORYはあまりにも悲しく切ないものでした。。。
一緒にいるべき人と何年も何度も別れることになったという話で、意味もなくただただ涙が溢れてきたのを思い出します。
個人的に安易にスピリチュアルを信じてよいのか?という考えもありました。
しかし、その先生とお会いする切っ掛けもまた偶然で、紹介はとても実直で信頼のできる友人からだったので受けてみることに。

正直それが本当の話なのかはスピリチュアルの先生にさえ解らないけど私を霊視してスルスルと出てきたという話だったのです。
初めての経験でドキドキしましたが、身体も重くなり、その時に私の守護霊さんのお話もあり、私がずっと思っていた通りの守護霊だったのでその先生の話に改めて合致。


この本はまだ中盤に差し掛かっていますが、悪意ある人によって結婚を阻止され、愛し合う二人に更に追い打ちをかけるように戦争や伝染病ペスト流行で離れ離れに・・・
1700年代の話を題材にされているのに、まるで今起こっているかのような文面の流れに悲しいSTORYの始まりに 辛い!
先に言っておきますが、このSTORYの結末はHAPPY ENDなので読むことにした次第です。
最愛の人に再会し、愛を成就するために苦難困難を乗り越え、諦めずに乱世を命懸けで生きたというひとりの若者の話です。
結末を知りつつもその時代の情景を細かく描写されているMANZONIの表現に更に引き込まれていきます・・・



そして偶然にWOWOWで観た映画
「CROSSING」
中国、韓国、日本合作の超大作です

実際に起こった動乱共産党と国民党の争いで当時の戦況下に翻弄された3組の男女の愛のSTORY
一部と二部に分かれています

時々史実に基づいたSTORYが映画を通して懐かしくも悲しくも、そして幸せな気持ちになることってありますよね
小説を基に映画化されたものも多いですが、やはり
事実は小説より奇なり、だと思います

このSTORYもまた意地悪な運命に翻弄され離れ離れになってしまう

戦争を背景に男女の愛が引き裂かれた代表作といえば、子供の頃に観たイタリア映画「ひまわり」
本当に悲しくて悲しくて・・・実際にそんなSTORYはたくさんあったでしょうね






希望を持って明るい未来を持って中国から台湾に乗船した人々
実際の話ですが、沈没してしまうのです
その瞬間があまりにも残酷で悲しくて大泣き
それでもやっと再会できた男女が最後まで手を放さずに何とか生きて誓い合った愛を成就させた瞬間にまた大泣き

最近、涸れ涸れの人にお奨めの映画です

主役級の俳優さんが勢ぞろいしていますが、台湾の血が流れている日本人俳優・金城武さんはとても気になります
中学3年間ずっと同じクラスで高校生までお付き合いしていた彼にクリソツで( ;∀;)そうとても似ていて笑
別れた理由は私の親の反対で・・その頃は交際に厳しくって(TT)
彼は非の打ちどころのない人気者で頭脳明晰、他人への思いやりのある方でした。正に映画の中の役どころに酷似したタイプ。
そういえば、彼の親友はもっと辛いことになっていました。
ラブラブのひと組のカップルがいましたが、どちらも美男美女で成績もトップクラス。このままゴールインだと思っていたら・・・
彼女は、大きな病院の長女で後継ぎがいない。親からも医師でなければならないと大反対され、無理やり別れさせられた・・・
高校生の時の話ですが、他人事とは言えないほど悲しい話でした。
他にも切ない話はたくさんありましたが、皆そうやって出逢い、別れを繰り返し、最期の愛にたどり着くものなのでしょうか・・・
B.T.W
今、誰も予想しなかった非常事態に離婚と結婚が共に相次いでるそうです。別名コロナ婚、コロナ離婚。
誰でもいいというのではなく、ずっと気になっていた人に愛の告白をする切っ掛けになったり、逆に人間性に嫌気がさし離婚になることもあるようです。

今不穏な世の中ですが、MANZONIの本からも映画「CROSSING」から何か大切なメッセージ、GIFTを受け取ったように思いました。
震災の時もそうでしたが、人と人の繋がりと絆が今は何よりも大切で真価が問われるのでしょうね・・・


2020スーパームーンと祈り2020/04/09

昨夜は美しいスーパームーンが煌々と眩しさを放って美しく輝いていました
ご存知でしょうか?
月光浴は女性にとって素晴らしいエネルギーを与えてくれます
また個人的にいつも手を合わせてお祈りをします

昨夜は個人的なことではなくいろんなお願いをしました
どうか祈りが届きますように~




ベランダの木々の隙間からも物凄い閃光を放っていました~!

さて、先日、パリでお世話になったファミリーが心配でご連絡しましたら、幸いにもお元気に"STAY HOME″を楽しまれており安心しました(#^.^#)
私の住まい近郊と似ていて自然に抱かれた公園、そして事欠かないスーパーやお店がご近所にあるので、商店がひしめくパリ中心部のような荒れ果てた環境にはないようです。
また最上階の住まいには広いバルコニーがあって今は正にお花が咲き乱れているので、観賞と世話に時間を費やしているとのこと。

コロナが蔓延して間もないころ、私の友人がおかしなことを私に・・

「あなたはいつもマイペースであるけど、あなたの行くところや会う人はHappyなように思います」と・・?
彼女は特に私を崇め讃えてくれるのですが、正直むず痒い話で( ;∀;)

彼女がそう話すには理由があるのですが、私がアドバイスしたことである問題が2件も解決したのです。
私は思うとおりに率直に厳しい意見もしましたが、その甲斐あって彼女が抱えていた問題がスッキリ解決したこともあって、それ以来彼女からは時間があればご連絡が(*_*;

ただ今この事態にあって自負していることは、自分の直観力が凄いと年々、それがパワーアップしているようにも。あまり大きな声では言えませんが笑
それは昨年末、持っていた株をなぜか全て売りに出しました。
もちろん高値になっていましたが、株は決して長く持たない、欲を持たないをモットーにして始めました。
初心忘るべからずです。
ですから損害をすり抜けることができました。
そんな直感は氷山の一角で大したことではありませんが、
今思えば、昨年末にたまたま読んだ占星術の文面
「2020年は何か恐ろしい年に・・」その言葉が脳裏に残っていたのか、魂が思うままに行動を起こしていたのか?
今となっては私にも正直わかりません。

また友人から「いつも思うんだけど、あなたが行く先にはいつも平和で穏やかな、そんな気がします。おまけにお天気にも恵まれて・・。きっとその土地に良い気を与えていると思います」

彼女もまたある種スピリチュアルが強い性質があって、とても不思議なご縁で一緒に旅行までするほど接近。実はずっとお互いに気になりつつ、遠慮していましたが、あることを切っ掛けに7年ぶりに再会をした経緯があります。私のことを見透かされているようで(汗)

おこがましいのですが、別に私が特別な何かを持っているわけではないと思っていますが、逆に、表面が良い人に見える人でも魂が悪であった場合、そういう人が赴く土地では良くないことが起きると言う話を「地と人間の関係」に詳しい方から伺ったことがあります。
お天気も同じだと前のブログでも触れましたが、不純な心がお天気に左右されてしまうことはあると思っています。
証拠に天皇即位式で美しい虹が出たり、また東北震災のセレモニー式で虹が出たことは周知の事実で、美しい人々の心に反映された出来事でした。ですからその逆もあるというわけです。

ちょっと意地悪な話になりましたが、もし大事なイベントでお天気に恵まれなかったときに、「自己中心で驕りがあったのかな?」とか「他人への思いやりにかけていなかったかな?」などと自分評価をしてみるといいですね。
自己反省することでより良いことが起こると思っています。

私の経験ですが、ずっと長い間行けなかった祖母のお墓参りに行くと晴天だったのに急に暗雲で雨が・・・
「お祖母ちゃんが悲しんでいたのかな・・」と大好きなお祖母ちゃんだったのにダメな孫をお赦しくださいと謝りました。
その逆もあって、お墓参りに雨でしたが、急に晴天に。この時は喜んでくれたんだと嬉しくなりました。そう!お天気は正に心に反映されていると思います。それは雪山でも様々な経験がありますから。

今、コロナは全国民が被害者であるわけですが、相変わらず差別や偏見、自己中心的な発言をしている悲しい話もちらほらと・・・

もっと優しさが浸透する世の中に生まれ変わることがコロナからのメッセージかもしれません。
心の持ちようでお天気のようにどのようになるのかは国民の心次第ですね・・・



最強の家電2020/02/07


ガ~~ン(>_<)
長年使用していた食洗機が故障~~

家電は外国の製品で永く使えるものを選んできましたが・・・・

しかし、故障にも偶然のような出来事が・・

いつも夜にタイマーセットするのですが、10年以上使用して初めての失態

スライド式なのですが、扉をちゃんと締めずにタイマーセット

朝、作動しなかったようで、そのままスイッチを入れ直して食洗

問題なく綺麗に~




B.T.W.

急に勝手に動き出し、スイッチをOFFにしても止まりません(汗)


急いで専用ブレーカーを落として何とか止まりました(汗)

これはキッチンをリノベイトしたときに、薦められた日本XFisher &Pakel社の特注の2段式のスライド大型食洗機


よりによって特注だったらしく(その当時はそんなことまで知り得ず)10年経っているので部品がないので、「お役目ご苦労様~」に(^^;)


外国製品は結構なお値段でしたが、日本の電化製品は場合によっては数年で故障したり個人的に信用していません
丈夫で保障期間が長く、部品も半永久的に保管しているブランド企業を選択します。

いろいろ学んで洗濯機は断然コチラのメーカー!

食洗機もとても評判が良いドイツ製です。Benzと同様によく出来ています。

日常洗濯は欠かせませんが、ドライクリーニングモードや乾燥も細かくメニューがあります。

何より、生地を傷めず清潔さを保つハニカムドラムは優れものです。

そろそろ10年でしょうか・・・・
よく働いてくれます♪



デザインだけでなく機能も優れていますが、何と云っても頑丈で長く使える、また、無料修理保障制度が5~7年のオプションまであります。
そうです!車同様、良い物を長く使う事で経済発展よりも公害などの環境を見直すせる・・・
国民幸福度が高い国としても評価されている世界一貧乏な大統領の御言葉も記憶に・・・

贅沢だと思われがちですが、半永久的に使うという考えで高品質な物を選びます。

これは衣類や靴もそうですが、欧米人の方がその傾向が強いと思われます。

日々使う物、着る物にはお金を掛ける!特に大型家電は慎重により良い物を・・・

最近はやたらに使い捨てが目立つ様な世の中に。私も反省する一人でありますが(^^;)

昨年滞在したホストファミリー宅には立派な家電が揃っていましたし、借りたアパルトマンにもMieleやBOSCHの頑丈な食洗機や洗濯機が完備されていました。

そんなことで長年電化製品を使って学んだことは断然、欧米産のブランド家電です。


それから何と云っても何でも直ぐに捨てる、買い換える、特に電化製品や車は廃棄物の温床となって地球への公害の元、ひいては温暖化の原因になっているのです。

新しい電化製品は需要と供給で次々に製造されるわけですが、、、

ただ日本の家電が全く悪いと言うのではありません。
日本の法律で電化製品には安全対策の為に外国製品より複雑でたくさんのネジや部品が使われているので、故障しやすいのだとか・・。なるほど~


確かに、イタリア製のオーブンで納得したことがありました。
10年以上使っているお気に入りのコンパクトサイズのイタリア製オーブン。


これは本当に使いやすくって万能で場所も取りません。
パンのトースター変わりから本格ピザやグリルまで、今日まで素晴らしい活躍です・・・が、
実は2度故障しました。
1度目は5年程経って。お値段は本当にお手頃だったので、専門の修理の下請けから配送で引き取りに来て下さり、5000円で新品同様にピカピカになって戻ってきました。
その時は本当に感動しましたあ~

日本製なら大体数万円の家電は即廃棄~レベルなので(>_<)

それから10年目に遂に電気系統に不具合・・・もうだめなのかなあと諦めモードになり、
新作を買い換えを検討していましたら、何と、回線がとても単純らしく、同じ部品が国内にもあるとのある方のブログで発見~感謝!
大阪にその部品がありましたが、とても小さなネジ。
結局ネジ代300円ほどで修理できて今も元気に活躍しております!
修理した人・・・・私にとってはノーベル賞クラスだと尊敬❤❤感謝❤❤感激❤❤
流石、元エンジニアで米大学理工学部!
ササッと直せる男性って素敵ですよね(*^_^*)頼もしいです!

さて、肝心の食洗機ですが、不幸中の幸い!2段のスライド式でしたが、上段は問題なく使えるとのことで、暫くは大丈夫そうです。
日本から撤退したFisher and Paykelは撤退して部品がないので(海外にはあるそうですが)、次故障した時は買い換えするほかありません。

その時の為にショールームへ行こうと思います。

もちろんショールームはMiele社です!

部品の保管が半永久的だと云われるMieleしか考えられません。
某有名な日本企業の下請けの修理工さんも「日本製は2~3年で故障する事も多々あり、ないとは云えません」とのお話しに改めて・・・



デザイン性が高い上に大容量、丈夫である家電

故障したら廃棄する、ではなく故障したら修理して使う!そんな家電を望みます。
日本でももっと身近に高品質な家電が生まれることを願うばかりです・・・・

私のParis Vol.7 モントルグイユのグルメ2020/01/19

学校の先生との会話で食の話題になったときに、先生から美味しいイタリアンがあると聞いて、早速に・・・
お店の外装からも期待大!



店内に入ると素敵なハンサムウーマンがおもてなしをしてくださいました。
ミシュランでもビブグルマンでもありませんが、店内はご覧のようにテーマ性があってセンスよく、人も温かく、機転の利くサービスや後にいただいた料理は全て満足しました!




内装も素敵~❤
一番乗りでした・・・ランチタイム12時~でしたので、1時間以内(正確には55分)で
お店を出ませんと~(^_^;)
事前に、学校に13時には行かないといけないので・・とお店のスタッフに








テーブルに添えてあった愛らしい花
紫の薔薇は小指位の可憐なサイズなんですよ~❤





受講前でもいただきます(^_^;)
ロゼをチョイス
今パリではロゼブーム・・・
ほんまかいな、実はMyブームであります(*^_^*)





大好きなカポナータ(フランスのラタテュイユみたいなもの)
パリにいると野菜不足に陥りますが、イタリアンではメニューに豊富に使われています~




いろいろ食べてみたかったのですが、時間の都合上シンプルメニューで
ボンゴレビアンコ、あさりのパスタ
アサリの身が小さいですがもの凄く濃厚なお出汁が!
地中海産なのか、海水の旨みまで日本海とまた違うんでしょうか・・・?!

何だかんだと時間が~~当然ですが、人気店のようで他にお客さんが増えてきて一人でホールを仕切っているお姉さんなので、私の食後のコーヒーが中々出てこず、、
「ごめんなさい。もう行かないといけないのでもういいですよ~」と
お会計もちょっと時間が掛かってしまいながら、時計と睨めっこしながら焦りました~
食後、全速力で学校へ~
何とかギリギリに学校の玄関にたどり着いた時に、もう一人若き女性が息を切らして・・・?
その日だけいつもの先生がお休みで代わりに来られた私の先生だったのです~
お互いにランチに時間が掛かったという話題になり大笑いのご対面でした笑笑


翌日も気になるレストランへ断行~
もう急いでランチをするのはと思いつつもブルゴーニュを想い出させてくれるようなオーセンティックな「ブルゴーニュ」という屋号の本格的なレストランへ
12時前から開店しているようだったので、そのまま店内に入りますと
やはり食事自体は12時~だということで、先にいただいたメニューをじっくり観察





ブルゴーニュと言えば、食の都と云われるほど素材も新鮮で美味しい物が多い地方ですが、、
塩分控えめにお願いしたお肉は全く塩気がなかったのであります~(^_^;)
多分、NO Saitと勘違いしたんでしょうか?こんなこと初めてでしたが、多分受け取る側のセンスなんですね。
ただ応対は丁寧でしたので、仕方ありません
突き出しのパテがとても美味しかっただけで、後はそれなり~でした。

それよりもレストランでの出逢い・・・
一番乗りで座っていた私の傍のテーブルにとても品の良いムッシュが来られて、目が合ったので会釈してご挨拶しましたら、
「中国人の方ですか?」と
そう、海外へ行くと日本人と云われたことがなく、韓国に行ったときには何故か「在米韓国人ですか?」や、驚くことに「スペイン人ですか?」とまで。不思議ですね~
中国人と言えば、昨年はヴァンドーム広場で歩いていると、あたかも整形しました的な中国人の女性から、そして昨年はボンマルシェで中国人若夫婦からいきなり近寄ってきて、「~さんですよね?」的な中国語で話しかけられたんです。名前を云ってましたがよく分からず、とにかく「違います」と云って去りました。
私を明らかに誰かと勘違いされているようなのです??
どなたでしょう????
今度また同じことがあれば聞いてみたくなりました。

でムッシュには「私は日本から来ましたが、よくそういう事云われてしまって(^_^;)」と困惑した表情で話しましたら、
「僕の妻が中国人なんですよ」と
なるほど~
とても素敵なムッシュでしたから、奥様も素敵な方なんだろうなあ~と想像していました。
暫くして、彼の友人が来られて私の紹介までしてくださって、何だか面白い空気に包まれていました。
食事をササッと済ませてムッシュ方にもご挨拶をして席を立つ頃には満席に~
しかも見わたす限り風格のあるムッシュばかりで、場違いだったような私でした(^_^;)
お料理はイマイチでしたが、もっとそれなりのメニューもあったのではないかと客層を見て思ったのでした。
でもやっぱり何を選んでも食べても美味しかった本場ブルゴーニュの味が恋しい・・・・