ANA Wonder Fly2021/03/05


WonderFLY CROWDFUNDING

微力ながら支援になるならと先ずはこちらの新商品をGETしました!
乾燥する季節に!
ANAのCAとあのマンダムがコラボした新商品です。
早速にその商品が来ました(#^.^#)
香りも優しく繊細で夢心地~♪

Wonder FLYの詳細は↓







マスクをしてから気づいたことですが、ファンデーションは必要なかったと・・・もうずっと使ってません。
美容液の入った日焼け止めとベースクリームだけで十分です。
乾燥する日にはAM4をシュッとひと吹き~!(^^)!

伝説のフレンチ2021/03/03

2月3月はお祝い事が重なり、グルメ月間になります!(^^)!

昨年、徒歩圏内にある大好きなビブグルマンのフレンチのお店が移転され新たに出店開業されました。
遅まきながらお店のお祝いと私のお祝いを兼ねて行って参りました。

新たなお店のコンセプトは「お寿司屋さんのように出来立てを出す」という対面型のスタイル。
お店に到着すると、以前のお店のイメージはそのまま。
扉を押すとまだ開けてない???と
でも玄関燈がついているので・・・そう押してダメなら引いてみる笑

ス~っと扉がスライドしましたあ~笑笑

お店に入るや否や、木の温もりを感じる森の中に入ったような空気感に包まれました♡
L字型のカウンターで8席ほどの店内は解放感もあって、今の時世にも合っています。
以前のお店も元々、距離感があって問題はありませんでしたが、今回はリニューアルか移転か悩んでいた時に偶然の出会いがあって今のお店に至ったとか。

さて、お料理ですが、完全コース料理になりますが、カウンター越しにシェフが正にお寿司屋さんの様に手際よくお料理を出してくれます。
ワクワクドキドキ感で幸福至福の時間でした(#^.^#)








シェフがおひとりでも対応できるように様々な工夫がされています。
スタッフがいるときもあるそうですが、今回はシェフ自ら対応していただきました。






ウニと玉ねぎのムース



本マグロの中トロのタルタル


太刀魚と有機野菜など根野菜


大きな蛤と玉ねぎのフラン


タラの白子と里芋と黒トリュフソース



淡路牛




シェフは伝説のジャンムーランを継承するおひとりです。
数えきれない素晴らしいお料理が世の中にはたくさんあります。
日本はとりわけ料理の質が高く洗練されているので本当に競争が激しいと思います。
どんなシェフに、どんなお料理に出逢うかは自分の感覚の赴くままだと思っています。
証拠に私が長年愛してやまない料理、シェフとはいろんな偶然がありました。
こちらのシェフとは今回初めてたっぷりお話ができたのですが、以前もその話題に触れたことがありました。
彼が最初に従事していた旧大阪ロイヤルホテルは私が親から嘆願されてよくお見合いに利用していたホテルです。後にそのホテルで式を挙げるのですが(*'▽')
関西で一番といわれたロイヤルホテルは素晴らしいホテルでした。
シェフはそのホテルで従事されていた後、ジャンムーランで腕を磨き、その後、渡仏されミシュラン店を転々と。
彼が修行された店のひとつであるボーヌのミシュラン店は私が行ったお店でもあり、偶然が重なりました。
ご縁というものもありますが、嗜好が似ているのかもしれません。価値観であったり感性が同じだと必然的に繋がっていくものだと感じました。
それは他のことでも同じことが言えると思いました。
ちなみにこちらには某酒造会社の会長や旧ロイヤルホテルの料理長が今でも食べにいらっしゃるそうです。
進化していく数多のフレンチ店の中でどこか懐かしさと素材や品質の高さが折り重なった貴重なフレンチ店です。


方々行動範囲が広いため(汗)
それほど伺えなかったのですが、過分なおもてなしをいただき感謝でいっぱいになりました。感謝でございます。


次回は二人の姪のお祝いに連れて行ってあげたいと思っています♪




お店を出て少し歩くと本当に久しぶりの風景に…

軽井沢Vol.5 ゴルフ三昧2020/11/02

毎朝は霧が出て靄っていましたが、雲はどんどん切れてきました

施設に宿泊中はもれなくゴルフのラウンドフィーもついていますが、ハーフで終わったり、無理しないでお休みの日もありでマイペースでゆったりと

それから飛ばし過ぎずに、、、

加減していたのですが、飛ばしてしまいましたあ~

昨年、初めて中嶋常幸プロの酷似のプロと一緒にラウンドしましたが、彼のレクチャーで開眼!

本当に力を抜いて打ってみましたら・・・

220yard~~~笑 快感っ!でした
身体を捻りますから、ほどほどにと戒めつつ(^^:











浅間富士をバックに
本当に圧巻でしたあ~






夏のゴルフでは鹿に遭遇したり、いろんなことがありましたが、今回もラウンド中、どんぐりが頭に落ちてきたり、トンボが肩に止まったり、足首に可愛いオレンジ色の蝶々が止まったり、自然界とまた一歩近づいたような気持になり癒されました💛
生前、父と一緒にラウンドした北海道のコースでも世にも奇妙なな不思議体験がありましたが、どうもその時からなので、父の仕業なのか?と思ってしまいます・・・(#^.^#)
とにかくテニスと同様、ゴルフもずっと長く楽しめそうです♪

自然界からのシグナル Vol.22020/07/19

先日、いつになくベランダの蝶が接近して、今にも網戸から(無理ですが)入ってこんばかりに・・・
蝶に纏わる話もたくさんありますが笑
この時期は飛んでいるのも当たり前ですから、
それでも気になり、ベランダに出てその蝶を眺めていたら天井の非常口へ・・・







何と何と蜂の巣が~~~~!
これは大変なこと!

最近、蜂が飛んでいるとしか思っていませんでしたが、こんな所に巣を作っていたとは~~~

直ぐに危険だというイメージを抱きますが、蜂の巣は繁栄などの幸運の象徴だそうです。
それでも巨大化したらそれはそれは大変ですので(^^;
早速、管理人さんに連絡しました。
幸いにもまだ巣は小さめでしたから大層な作業にはならないとのこと。
ただ蜂の種類によっては有料になりますが、管理組合費から捻出されますので特に問題もありません。

ただ、蜂はとても大切な生き物なんです!
蜂が地球上から激減していますが、本当に全滅してしまったら私たちの日常にいただいている作物が育たなくなります。
これは本当のお話で現実的な問題なのです。

駆除される方にもお願いして、殺傷しないで出来る方法でお願いしました。
事実、害虫になるか否かで区別されているようですが、今回の蜂は足長蜂?(だったと思います)、見た目も足が長い蜂で自然界にとって貴重な蜂だったそうです。
こちらが攻撃しない限りは襲ってこないとのこと。

巣がなくなっても、暫く4日間ほどはこの場所に戻ってくる習性があるとのことでしたが、今日早速に1~2匹が戻ってきました。
何だか可哀そうで(TT)
「お家がなくなってごめんね・・」と心でお詫びしました。
「でも出来るなら木に作ってくれたらよかったのに~」と(^^;




↑何度やっても正常方向になりません
今ハマっているソフトクリームコーヒーフロートです(#^.^#)
近くのカフェで思いがけないことが




お隣りに座っていたご婦人たちが急に私に何やら???



写真は撮れませんでしたが、屋内なのに蜂が私の傍にやってきたんです~!!!
お隣のご婦人方から「気を付けて~」と
最初は怖くて刺されるんじゃないかと~!

あの足長蜂ではありませんか~~~~!
結局、私の後ろの壁に大人しく止まりました(^^;
もしかすると私の情が蜂にいったのではないかと思うほど驚きの瞬間でした。

あ、そうそう、そもそも蜂の巣があることを知らせてくれたのは蝶でした。

「ここに蜂の巣があるよ~」って教えてくれたんですからあ~
蜂にも罪はないけれど、やはり大きな巣ができると厄介でしたからね。
蝶がいなかったら本当に気づきませんでした。
蝶には感謝しませんと💛
自然界からのメッセージ
もしかすると問題や災難回避の有難いものだったと感じます(#^.^#)

自然界からのシグナル Vol.12020/07/17

人それぞれに受け止め方は色々ありますが、今は特に自然への見直しが迫られている時期に来ていると思います。

毎年問題視されていますが、南極大陸の氷河が解け始めて今も深刻で悪化の一途を辿っていると先日の報道で。

コロナで一旦、世界が立ち止まることになり、工場閉鎖で空気汚染や川がとても綺麗に、いやあるべき姿、元通りになったと言うのはニュースでも。
また一昨日の興味深いTV番組で、米国のロケット・チャレンジャー号が爆発して宇宙飛行士全員が非業の死を遂げた真相を知り改めて残念で悲しく怒りを覚えました。
天候不良のため、気温が低く飛行させるには危険を伴う可能性があったそうですが、何度も飛行する予定に天候は回復することがなく、結局は資金、お金のため、そして傲慢な人間の判断で危険を顧みずに飛行をさせた事実が判明しました。
その時の様子を客観的に見ているともちろん、醜い人間の強欲さが目立ちますが、自然界(天候)からは何度も警告されているかのように、飛行計画を阻まれています。
飛行計画に関わっていた会社や当時のNASAの責任者は、およそ宇宙への純粋なロマンよりもお金と名誉に執着していたようですから、目に見えないアンバランスな悪い結果となっていたというほかありません。

様々な出来事から私たちは学んでいくわけですが、コロナによってもう一度世界に学びの機会を与えてくれていると思います。
それでもまだまだそれを理解でない人が多く残念です…
コロナ禍でもこれまでと同じように朝を迎えて、鳥の鳴き声を感じ、風を感じ、夏の暑さ、雨の匂い、木々の香りを感じられるとき、当たり前のことが本当に平和だと思えます。

小さな出来事ですが、最近、ちょっとした出来事がありました。

リビングで本を読んでいると・・・

「ドンっ!」と結構大きな音が???
窓に何かぶつかった?
外を見ると何もありません。
ふと窓の外の下のサッシの辺りをよ~く見ると

何と!スズメちゃんが~~~~~!
ビクともしません。
うわあ~死んじゃったの~(><)
どうしよう~可哀そう~とあたふたしていると
ピクリと動くや否やパタパタと飛んでいきましたあ~
あ~生きててくれて良かった
日頃から小鳥がよく集まるベランダの木々でバードウォッチングを楽しんだり、珍しくないですがスズメちゃんも可愛くてよく見てました。ベランダにはどちらかと言うと変わった種類の小鳥ちゃんがやってきますが、この日は皆、何故かバサバサと行ったり来たりしていたようです。
それでも窓に激突するなんてドジですよね~笑

よくよく原因を調べたところ、↓の様に森林がガラスに映りこんでいるので私たち人間のせいなんです(汗)

でも滅多にないことで、以前、どこから侵入したのか室内に大きな蝶がヒラヒラ飛んでいたこともあり、何かスピリチュアルを感じていました。
何気にちょっと霊感がある友人にスズメが激突した話をすると、
開口一番に
「それは誰かがあなたに助けを求めているのよ」と意外なお話
私に助け???気になりますね…

スズメが激突した時の対処法など詳しくは以下に