マンドウトック(韓国の雑煮)2012/01/14

寒い季節には雑煮が食べたくなります。
韓国料理には日本で言うトックと言う雑煮があります。
私は幸せだと思うのは日本で生まれたので、関西風(白味噌)、関東風(お出汁)、そして、韓国のトックと幾種類もの雑煮が楽しめることです。

マンドウ(水餃子)は中国やモンゴル、そして、トルコにもあります。大陸でマンドウの歴史も繋がっていますが、韓国では豆腐やキムチを入れるのが主流です。
また韓国ではマンドウを入れたトックを作るのは、husの父の出身地、全州の料理だと聞いています。
全州はビピンバブの発祥の地でもあり、食の都と言われている場所です。
今は亡きhusの母が義父の為にマンドウトックを作っていたそうです。

私もその話を聞いてから、その料理が食べたくなり、マンドウも皮から作って何処にもない私オリジナルの料理として時々作ります。

トックが特に美味しく感じる今の時季には欠かせない料理となっています。


トックのお餅は非常に歯触りがよく、何故か胃にもたれません。気をつけないと幾らでも食べてしまうので食べ過ぎには要注意です (^_^;)




プリプリとした皮のマンドウは最高です!
私の家のトックも目茶目茶美味しいのですが、マンドウの旨みが何とも言えない味わいで甲乙つけがたいですね。

スープには美容に良いクコの実も入れています!!




あり合わせで前日の鍋用に残った春菊を使って、白和えと胡麻をたっぷり併せました。





韓国料理にはやっぱりマッコリですね。ただ今回のJINROのマッコリは今ひとつで、濃厚さにかけていました。本来のマッコリが好きなので、手を加え過ぎたのはNGです。






~こぼれ話~

幼少の頃、父の会社の取引先の重役のお客さまがいらしゃったときに、我が家のトックを食事の〆にお出しした際、初めて食べるトックの美味しさに感動され、大きなどんぶりサイズにも関わらす、3杯召し上がったのを今でもハッキリ記憶しています。
母も「日本の方にも韓国のトックが気に入るとは驚き・・」と話していました。
トックはお酒を飲んだ後の胃を優しく労る料理でもあります。
そして、その方々の満面の笑みを見て子供心に「食の力って凄い!」と感心していました。
食は本当に人を幸せにする力がありますが、作る人の真心があれば尚更ですね。


青梗菜にひと工夫2010/03/03

青梗菜 今夜の一品は豚の煮豚に添える為に買った青梗菜。
もう中華料理にはお馴染みのお野菜です。ビタミンC、カロテンも豊富なお野菜です。
ただ茹でただけではつまらないので、このシンプルな野菜にちょっと化粧?してみました。

沸騰した湯に茎の部分を入れ、トングなどで柔らかい葉っぱつまんでおきます。

茎に火が通ったら、火を消して葉を湯に浸け、1分程で引き揚げ、湯切りをしておきま す。
さあ、化粧します。
刻みニンニク、濃口醤油、酢、そしてごまラー油をそれぞれ適量を入れ合わせます。
その合わせダレを皿に盛った青梗菜に満遍なく振りかけ、仕上げにすり胡麻と湯通しして柔らかくしたクコの実を添えて出来がありです。

青梗菜は味気ない野菜なので、ニンニク・生姜の香味野菜と共にオイスターソースで炒めたりしますが、サッと茹でて簡単な一皿にも出来ますのでお試し下さ い。
また、中々使わない胡麻やクコの実なども合わせると美容と健康にも最適な一品になります。

~My Favorite~

山田製油 
へんこごまラー油
このごまラー油には桂皮や陳皮などの薬味も入っていますので、料理のアクセントにGOODです。



〒615-8075
京都市西京区桂巽町四番地
駐車場完備(12台駐車可)
TEL:075-394-3276
FAX:075-394-3283
【本社・桂工場】
営業時間(月〜土)
午前9時〜午後5時30分
【桂店(売店)】
定休日:不定休
午前9時〜午後7時

~こぼれ話~

先週東京で会った青年たちとの会話で、美味しい胡麻油は何か知らないかと尋ねられ、京都の山田製油の話をしました。でも実は本当に美味しいのは韓国の田舎 で絞ったばかりのゴマ油だと話しました。そうしましたら、同席していたDonhoくんから地元で美味しい胡麻油を毎回送ってもらっていると言うではありま せんか!!!!
以前、実家で調理をしようとレンジ下の不思議な大瓶に入っている胡麻油を大量に炒めものに使ったら、母が「何て、もったいないことするの~~~」と言われ ました。何でも韓国の田舎で絞りたての胡麻油は貴重だそうで、美味しいオリーブオイル同様、風味が芳醇なだけに生でいただくのがいいそうです。
デパートでも確かに韓国産のものは高いのですが、絞りたてとなると尚更のようです。確かに何処にもない香ばしく風味のよい胡麻油でした。
美味しい胡麻油を石焼きビビンバなどの最後の仕上げに使うのも最高ですよ!!