自粛解除初めての遠出2020/05/31

全国自粛解除となりましたので、久しぶりの遠出・・・といっても隣りにちょっと出かけました。
私の出身地である大阪

今は大阪の吉村知事の勢いがありますね
本当に気概のある指導者なんてもういないと思っていましたが、日本も希望の光が見えてきました。
吉村知事の言葉に「自粛自粛で不謹慎と思わずに楽しんでください・」
私はマイペースなので大丈夫ですが、真面目で几帳面な方はどれほど自分に我慢を重ねてきたことでしょう・・・
ですからそんな方にとっては心が軽くなったと思います(#^^#)

さて、私は彼の方のためにお祝いをするため、諸事情あってコロナに関係なく実家にも半年行かなかったので、挨拶を兼ねて大阪の超有名な日本料理店に参りました。

こちらは昨年、松本・大阪城で二度にわたりお料理をいただくことができましたが、ずっとずっと大阪のお店に伺いたくようやく叶いました!!

元々個室のみですので、安心してお食事ができました。

新緑の季節に相応しいお膳の数々に身も心も癒されましたあ~♡






風情ある趣き
この日は少し曇りがちでしたが新緑がより濃く染み入りました…



とても広いお部屋に
数寄屋建築の仕掛けがあちらこちらに
この日は暑い日でしたが、エアコンなくても自然のクーラー心地よい風が室内を冷ましてくれました(^^)



メニューはこちら


新緑の季節に木陰のお話が・・・



献立は猛暑に備えて暑気祓いと無病息災に因んだメニュー
わくわくドキドキ♡♡




実家に行くのでお酒は控えるつもりでしたが、あまりにも興味深いソムリエさんのち密なセレクトにこの機会を逃してはいけないと笑
後半は結構なことで・・・
でも顔にも出ませんでしたし、もちろんふらつきもありません笑




先ずは一献

栃木のお酒です
素晴らしいお酒で口当たりもExcellent!
私が懇意にしているワイナリーのレアな日本酒と相通じるものがありましたが、酒蔵のポリシーを後に知りその理由がわかりました!
また偶然にもこの酒蔵の前社長と私と仲良くして下さっている弁護士の先生の同級生だという話も凄い!酒蔵にも行かれたそうです。



















ラリックにすり流し
美しい~



飲み干した後に・・・
女神現る~













お部屋の掛け軸の言葉が気になりました
禅語ですが

「鳥啼いて山更に幽なり」
静寂を破る音が存在することで、かえって静寂が引き立つということ

幸せも不幸せがなければわからず、自由も不自由がなければわからない…

まさにコロナ禍でこんなことを思われた方多いのではないでしょうか・・・

一期一会の素晴らしいお料理と空間

そしてお料理に合わせた数々のお酒やワインは素晴らしかった!

まさに生涯記憶に遺るお料理でした(合掌)

飲食業界では様々な工夫をして持ち帰り弁当も始められました

早めに予約しておいたお弁当を持って母のもとへ・・



地域密着型のミシュラン級のお店2020/02/29

不穏な世の中にすっかり定着しつつありますが

なるべく普段の生活を心がけるようにしています

あまりにも美しい景色と静かな街にいると、逆に怖くなるほど平和を感じます・・・
だけど、将来を見据えて、いろんなことを考えて大都会から今いる地域に移住を決めました。

先日、画家からの便りにあった「どんな不穏な世の中でもどう良く生きるかは自分次第だ・・」
まさに共感できる内容でした。
彼女は幼少期に数奇な経験をして、最近では近所で山火事も経験して、今生きていることの幸福感を感じているとのお話でした。

何もかも閉鎖・休業になってしまうと本当に病気に罹ってしまいそうですね・・・
「病は気から」

ウィルスを撃退することはなくても、免疫力を高めること、理にかなった食事を摂ること、そして適度な運動。理想は筋トレですが。

そしてもちろん幸福感が満たされる美味しいお食事を摂ることも。

私の近所には食の神様がいるのか?と思うほど願っていた食事処が次々に出店。
いずれも地域密着型の素晴らしいオーナーさんが経営するお店!
保守的な住宅地には困難だった飲食店でしたが、彼らのお店は大繁盛~♪
とりわけ私のお気に入りのお店は・・




ワインも日本酒も豊富で特に地元産の日本酒は最高です!
特に無濾過のハマってます~(#^.^#)




そばどうふ




蕎麦懐石
素材にも店主のこだわりが詰まっています




このカラスミは店主のリクエストで作られている半生に近いもの
唯一無二のカラスミは本当に最高~




烏賊の白つくりも日本酒が進みますが、塩分も控えめ~
そう匙加減が本当に素晴らしい料理の数々に脱帽!




もともとジビエ系、鴨も得意ではありませんが、ここのが唯一美味しく食べられる鮮度が高く、火入れ加減がよく柔らかく全く臭みを感じません



日本酒第二弾
濁り酒をチョイス


アナゴと大好きな蕗の薹♡




関西で、しかもご近所で美味しいお蕎麦が味わえるなんて思いもしませんでした!これも出会いなのですよね~




お蕎麦の粗さも鉄アレイを使って調整するなど店主の拘りを感じます




二つ目のお蕎麦は温
九条ネギと鴨団子の究極のお蕎麦です!
鴨団子の美味しいこと!

偶然は必然で見つけた土地に移住を決めましたが、
一番のキーワード風致地区!
自然を一番に考えると、自分にとってより良いもの、すきなものが磁石のように引き寄せる・・・
このお店だけではないので、本当に摩訶不思議なことがたくさんあります。

スピリチュアルと言ってしまうと引かれるかもしれませんが、誰にでもある感覚的なアンテナが私には強いのかもしれません笑


記憶に遺るメニュー2020/02/02

料理の話題に因んで・・・

クリスマスでは各家庭によって決まったメニューがありますが

私はメインにいつも決まってコチラを作ります。(昨年のクリスマスメニューですが(^_^;))

理由は簡単なのに、美味しくって豪華なひと皿になるからです~

”boeuf bourguignon”(ブフブルギニヨン)

所謂、牛肉の赤ワイン煮込みですが、オリジナルはブルゴーニュのメニューです。
実際にブルゴーニュで何度も食べた料理ですが、、
レシピは色々あり、私は独学で名シェフのレシピを参考に作っていますが、一番気に入っています(*^_^*)
名シェフとは帝国ホテルの料理長であり、日本にフランス料理を広めた今は亡き村上信夫氏です。
人柄が料理に顕れると思いますが、彼のレシピを通して感じること・・・間違いなく美味しく出来る!
ローストビーフも彼のレシピで作っていますが、十八番になっております。

より簡単に、でも手抜きもなし、素材、特に和牛にもこだわりがある”boeuf bourguignon”

何かと忙しい師走でも簡単に作れますから重宝しています(^^)
この日はテニスの打ち納めだったので、準備が大変でしたが何とか無事に(^^;)
メインだけではなかったので、ちょっと無理をしてしまいケーキまで作りましたが、何が何だか分からないままに全て無事に~

昼夜赤ワインでマリネした肉は佐賀牛のスネ肉

柔らかくなって最高のひと皿に~

付け合わせはインカの目覚め、蕪など




そしてもうひと品
パリで買った昨年からお気に入りのブランドのキャビア




ブリニーを焼いて一緒にいただきますが・・・




北海道のウニも準備して・・・・





そう、私の人生で記憶に遺ったひとつ
ランスというシャンパーニュ地方を意識したメニューを出されていた青山のフレンチで出逢ったひと皿

温泉卵とウニとキャビアのジュレを自分の舌と記憶で作ったもの
本当に贅沢なひと皿ですが、お店によってはこれにオマールが付くものもあります


久々にジュレも作ってあたふたとしましたが、万事上手くいってホッとしたクリスマスでした(^_^;)





もちろん併せたのはシャンパンです!スパークリングワインではありませんよ~

昨年、パリのホストファミリーのパパYvesからいただいたシャンパン❤

彼の叔父様が運営されている貴重なシャンパンで金賞を獲得されています。
泡が繊細で本当に美味しく、キャビアとのマリアージュは最高でした~


神様のいる癒やしの空間2020/01/23

新年早々に帰り?ました

「ただいま~」

ずっと土地の神様がいらっしゃると思っていました。スピリチュアルを感じずにはいられないパワースポットでもある貴重な場所。

それは目に見えないけれど、五感が間違いなく揺さぶられるその土地の空気は魂が解放され、浄化されていると感じていました。

以前は悲しい事、辛い事、たくさん考える時に疲弊した魂を労うために足を運びました。
今はそんな悩みはいつの日か吹っ飛んでしまい、今は専ら癒やしの時間と病の予防に訪れています。
下界から降りる?頃にはいつも感謝でいっぱいになっています(*^_^*)

ある記事を昨年読んで改めて再認識しました

不治の病に冒されたご家族の為に、最後の旅に選ばれたのがこちらの施設だったそうです。

自然と共存する施設は日本全国にはたくさんあると思いますが、山と川、原生林に抱かれた施設として最高の条件が揃ったそうです。
源泉掛け流しの温泉は私も毎回その効能に驚くばかりですが、選ばれたひとつでもあったそうです。

以前、私が一番だと思っていた温泉地は由布院でした。
玉の湯、山荘無量塔にはお世話になりましたが、泉質まではそのときには考えもしませんでした。


泉質は長野が一番だと思います。美人の湯と云われる場所もあります。b

そしてこちらの施設の泉質は特に素晴らしいのです。

一見、贅沢に思われがちですが、病院に行く時間、お金の無駄は私にはほぼありません。
元々、成人してからは丈夫な方だと思いますが、こちらの施設に出逢って以来、病院に罹ることはありません。
予防注射もしません。風邪も大してひきません。
もちろん、気分が悪くなったりするくらいのこと、喉を痛めたりすることもありますが、コチラの温泉に浸かるとその年はほぼ何もないんです。

今は世界各国からのお客様もリピートされるくらいに人気が高まっています。
一昔前は豪華な旅館食にも期待していましたが、私の一番の目的はここの空気を五感で感じることと温泉!
食事はもちろん重要ですが、地産地消、身土不二の食を好みます。
このようにお客の満足度を満たす施設であれば、同じセンスを持っているお客が増えるわけですから館内もどんなに満室でもいつも静寂そのものなのです。

こちらに通ってもう18年くらい?






お部屋に掛け流しのあるお露天風呂もあり、何度か利用しましたが、私はこの大きな立ち湯が一番好きです。
ある日は、美しいお月様、ある日は谷の方で鹿の親子が見られたり、ある日は美しい雪景色、そして地の神様を奉っておられる鳥居も見えます。




一度入っただけで肌がツルツルになります
正に自然の化粧水なのであります
長野は場所によっては肌だけでなく髪も艶々になる温泉があります
Skiでよく利用する施設の掛け流しの湯です






到着して、温泉に入った後に立ち寄る特別ラウンジ
好きなだけシャンパンやワインがいただけますが、もちろんセーブします(^_^;)
地元野菜のポトフなど夕食前に軽く
ちなみに温泉の正しい入り方ですが、アルコールを摂りすぎたり、食事の1時間前後は湯あたりを起こしますので、要注意なのです。
折角の良い効能の温泉であっても、薬と同様に処方を間違えると大変な事にも。
下半身欲が良いと云われていますし、また長くても10分以内の入浴が良いと云われていますね。









豪華で煌びやかな施設で過ごすより、自然から育まれた土地で心も頭も空っぽにして過ごすその瞬間が贅沢な時間だと思います・・・❤


私のParis Vol.9 一期一会のディナー2020/01/22

初対面の方からの毎回受ける洗礼があります(^_^;)

ママさんが私の経歴を見て、驚かれたのは私の実年齢でした笑笑

前回のホストマザーにも何度も何度も確認されて(^_^;)困りましたあ~

今回もママさんから「あなたもう誤解を受けるからいっそのこと年齢を書き換えなさいよ~」と

ハハハハ(^_^;)

「アジア人は若く見えるけれど、幼いというのではなくて・・あなたは別格!」とまで。
褒めてもらっていると受け止めて嬉しかったです・・けど・・・
パリに来ると皆背が高めなので気にしてませんでしたが、「ご家族は皆高いの?」と
欧米人にとって背の高さ、それもひとつの遺伝のステイタス?のような感じのようです。

いつかブルゴーニュのホテルの朝食ブッフェで傍にいらしたアジア系?の紳士から「韓国の人ですか?」と
とても気になったので「何故、韓国人と思われたのですか?」の問いに
「韓国の人はスラッとして綺麗な人が多いからですよ」と・・・(^_^;)嬉しいけれど・・・
その紳士は日系フランス人でした。自国の美しい日本人に会ったことがないのかな?
「韓国人は整形してる人が多いので騙されないように。日本人も綺麗な人多いんですよ!」と弁明しておきました笑

ママさんのお宅には実に色んな方が遊びにいらっしゃいました。

従兄弟さんからご友人まで様々。
ママさんは私のことをまるでE.T.のように、来る人来る人に自慢げに「彼女いくつに見える?」と(^_^;)

皆が外すと得意げに悪戯気な笑みを浮かべるのであります。

彼女の30年来の親友のマダムが遊びに来られた時はそんなに驚かなくてもとい云うくらいに衝撃を受けていました笑

「肌が肌が・・」と不思議そうに間近で観察しておられました笑

恥ずかしかったあ~本当に大接近されてドキッとしました。

彼女はオーストリアでビジネスの拠点を持っておられオーストリア人のご主人がいらっしゃいます。

今はママさん宅から離れたセカンドハウスでウイーンとパリを行き来されている実業家。
英語、ドイツ語、フランス語を話す才女。
初対面から意気投合して私のビジネスのお話しだったり、家族の話に花が咲きました。
「あなた面白いわ~」と、私を気に入ってくださり、ご多忙にもかかわらず、手作りのクスクス料理を振る舞ってくださると招待を受けました。
後日、パパさんの運転する車でママさんと一緒に出かけることに。



赤が大好きな彼女
偶然に彼女への贈り物に真っ赤な薔薇の花束を持参したところ、とても喜んでくださいました❤




まるでホテルのBARに来たような・・・
何でもあるので、お好きな物をどうぞ~と素晴らしいおもてなし
Myブームのロゼを選びました(*^_^*)
おつまみも色々




パリのマダムは時々、掃除、食事は外部からメイドさんを雇って優雅にお客様を招いたりします。
ママさん宅も、朝目覚めると、見たことがない人がいらっしゃいました。
私がママさんにお部屋のお掃除をしたいのだけど、と云いましたら
「月曜にまとめてするので大丈夫よ。外部からのメイドさんにお願いしているから」と・・・

でも今回はご自分の自慢の料理を是非にと全てマダムが準備してくださっていました!
感激~♪
事前に苦手な羊系はNGだと伝えていましたので、私が食べられるメニューに変えてくださっていました。そうクスクスはチュニジア料理とも、モロッコ料理とも云われますが、メインは羊なので。




素敵なダイニングルーム
マダムの亡きパパさんのお写真と既に嫁がれている美しいお嬢様のお写真が❤❤
本当に美しい女性でしたが、マダムのお若い頃の写真は吸い込まれんばかりの美女でした。
今もその面影がしっかり。ちなみにママさんも同じく。
パリジェンヌに惹かれる理由のひとつは、やはり女性として生まれてきた以上、色気もなくてはと・・
特に年齢を重ねてもフェミニン、正にフランス語を象徴する美しい響きの女性の存在は大切だと思います。強くて美しい女性が多いフランスです~

不思議なお話ですが、お嬢様は生まれた時はブルーの瞳で金髪だったのに、成人してから瞳はマダムと同じ黒に変わったそうです。髪の色は変色しますが、瞳が?そんなことがあるんですね~
お写真見せていただき、驚きました。とても神秘的なことですね~






こちらはママさん手作りのLyonのお菓子です
甘かったけれど、初めて経験するお菓子に興奮しましたあ~




こちらはマダムが旅先で買ってこられたアルジェリアのお菓子
ナッツを使った物が主流のようですが、中々美味しかったです(*^_^*)




皆で写真撮影大会
連射機能で皆大賑わい
お嬢様は別宅から参加されて、とても愛らしいmademoiselleでした

パリ中心部に法律事務所にお勤めの弁護士さんなんです~!

天真爛漫、でも私のことを細やかに心遣ってくださり、優しい素敵な女性でした。

立派な弁護士さんにご成長されること間違いなしですね(*^_^*)
彼女との偶然は、私の地元からほど近い所に住んでいる友人がいらっしゃるとのこと
パパさん、ママさんも私のいるご近所にもいらしたなんて~
話せば話すほどまだまだ偶然は続きました~

パパさんは髪を切ってしまいましたが、切る前はヘミングウェーみたいですが、ママさん曰く
髪型が変わってしまって「ハルクみたい~」と茶化していました笑
確かに身長が190cm以上ですから~
朝、時々後ろから足音もなく現れ「Bonjour]とビックリすることもしばしばありました(^_^;)

ともあれ、素敵なファミリーとその無二のご親友のマダムと貴重な夕食会に時間を共有させていただき、とても感謝感激した一夜となり、私の記憶にしっかりと・・・・(*^_^*)