伝説のフレンチ2021/03/03

2月3月はお祝い事が重なり、グルメ月間になります!(^^)!

昨年、徒歩圏内にある大好きなビブグルマンのフレンチのお店が移転され新たに出店開業されました。
遅まきながらお店のお祝いと私のお祝いを兼ねて行って参りました。

新たなお店のコンセプトは「お寿司屋さんのように出来立てを出す」という対面型のスタイル。
お店に到着すると、以前のお店のイメージはそのまま。
扉を押すとまだ開けてない???と
でも玄関燈がついているので・・・そう押してダメなら引いてみる笑

ス~っと扉がスライドしましたあ~笑笑

お店に入るや否や、木の温もりを感じる森の中に入ったような空気感に包まれました♡
L字型のカウンターで8席ほどの店内は解放感もあって、今の時世にも合っています。
以前のお店も元々、距離感があって問題はありませんでしたが、今回はリニューアルか移転か悩んでいた時に偶然の出会いがあって今のお店に至ったとか。

さて、お料理ですが、完全コース料理になりますが、カウンター越しにシェフが正にお寿司屋さんの様に手際よくお料理を出してくれます。
ワクワクドキドキ感で幸福至福の時間でした(#^.^#)








シェフがおひとりでも対応できるように様々な工夫がされています。
スタッフがいるときもあるそうですが、今回はシェフ自ら対応していただきました。






ウニと玉ねぎのムース



本マグロの中トロのタルタル


太刀魚と有機野菜など根野菜


大きな蛤と玉ねぎのフラン


タラの白子と里芋と黒トリュフソース



淡路牛




シェフは伝説のジャンムーランを継承するおひとりです。
数えきれない素晴らしいお料理が世の中にはたくさんあります。
日本はとりわけ料理の質が高く洗練されているので本当に競争が激しいと思います。
どんなシェフに、どんなお料理に出逢うかは自分の感覚の赴くままだと思っています。
証拠に私が長年愛してやまない料理、シェフとはいろんな偶然がありました。
こちらのシェフとは今回初めてたっぷりお話ができたのですが、以前もその話題に触れたことがありました。
彼が最初に従事していた旧大阪ロイヤルホテルは私が親から嘆願されてよくお見合いに利用していたホテルです。後にそのホテルで式を挙げるのですが(*'▽')
関西で一番といわれたロイヤルホテルは素晴らしいホテルでした。
シェフはそのホテルで従事されていた後、ジャンムーランで腕を磨き、その後、渡仏されミシュラン店を転々と。
彼が修行された店のひとつであるボーヌのミシュラン店は私が行ったお店でもあり、偶然が重なりました。
ご縁というものもありますが、嗜好が似ているのかもしれません。価値観であったり感性が同じだと必然的に繋がっていくものだと感じました。
それは他のことでも同じことが言えると思いました。
ちなみにこちらには某酒造会社の会長や旧ロイヤルホテルの料理長が今でも食べにいらっしゃるそうです。
進化していく数多のフレンチ店の中でどこか懐かしさと素材や品質の高さが折り重なった貴重なフレンチ店です。


方々行動範囲が広いため(汗)
それほど伺えなかったのですが、過分なおもてなしをいただき感謝でいっぱいになりました。感謝でございます。


次回は二人の姪のお祝いに連れて行ってあげたいと思っています♪




お店を出て少し歩くと本当に久しぶりの風景に…

私のOnly one2021/02/17



スキー合宿?5日間を無事終え、とっても久しぶりの場所へ

小布施町
出逢ってそろそろ20年目になるかも・・・
ロマネコンティに負けないくらいのグレードだと私は思っています。
サンシミ、無農薬で徹底管理されたワインを求めて・・・

先ずはランチに
以前、何度も来た和食割烹店。

古民家を移築した素晴らしい建物ですが、ななつ星をデザインされた方が監修されたそうです。













懐石割烹のお店ですが、今の時世で当日だったのでこちらのメニュー

菜花の辛子おひたしから



信州ポークのとんかつセットです。
凄くお腹が空いていたのですが、分厚いカツにもうお腹がパンパンに笑



デザートは小布施栗の餡とアイスクリーム
栗好きにはたまらない
そう小布施町は栗の街なのです!
しっかりこの後もお茶を・・・
お目当てのモンブランを求めて・・・





残念ながら早めのオーダーストップで終わっていました(涙)
次回、近いうちにリベンジします!

でももうひとつ人気のカフェへ
いつも気になっていましたが素通りしてました。






折角なので小布施堂でお菓子を買って帰ることに。
本店にしかないこちらのお菓子は栗ですが、栗羊羹でもなく栗そのものを固めたお菓子だとか。。。試してみることにまだどんな味なのか分かりませんが、また改めて。


さてメインのワイナリーへ




立派になっていると伺っていましたが・・・
長年愛飲してきたワイナリーが成長を続けていることに嬉しく思います!(^^)!
随分前は内部の写真OKでしたが、今は写真はNGです。
とにかくワインに情熱とエネルギーを注いでおられます。
こちらのワイナリーと同じころに出会った某旅館さんも益々成長され日本屈指の施設のひとつになっています。
個人的に応援してきたものがコロナなんて関係なく健全に継続されて存在していることがとても喜ばしいですね♪
その裏にはやはり人の心や精神や価値観が影響していると思います。
とにかくずっと信じて応援してきて良かった!と思う今日この頃です(#^.^#)

おじいさんのブランデーとValentine's Day2021/02/16

出逢ってからもう随分長~~~いお付き合い
当初はワインセラーコンサートや畑見学まで余裕があったあの頃が本当に懐かしいほど~
完全にメディアをシャットアウト、宣伝もなくてもここのワイナリーのワインを欲する根強いファンがいます。
私もその一人ですが、毎回素晴らしいワインに感動しながら飲んでいます♪
昨夜も白を飲んでいましたが、我が家のセラーにはいつも入っています(#^.^#)

今はお忙しいようでお目にかかれる機会が中々ありませんが、私が彼のワインに出逢った頃は既にグルメな方々から注目されていました。今や日本国内のみならず海外からも高く評価される超一流のワイナリー、個人的には国内No1と言っても過言ではありません。
でもワイン生産者は至って当時と変わらず、粛々と頑固にワインを造られています。また昔からのお付き合いのある小売店さんを大切にされ、愛飲家の私たちにも変わらず安心安全で美味しいワインを提供してくださる!価格も抑えておられます。
いろんな意味で信頼できる醸造家ですが、私が長年飲み続けている理由です。
こちらのワイナリーへ先日スキーの帰りに寄ってきました。
それはまた次の話しで。

昨年末、ワイナリーの家宝とも言うべき「おじいさんのブランデー」が送られてきました。
度数は40度なので飲めるのか?私???
美しい透き通ったブランデーは樽熟成していないのでフランスでは
Eau de Vieと言います。
「生命の水」という意味ですが、正にその意味の通り!






現オーナーらしいお話に苦笑しながら読みました。
でも彼の拘りや考えはお祖父さま譲りなのだと思いました。

度数が高いものの何て!フルーティーなブランデーなのかと驚きましたあ~

ブランデーの概念が一変しました!
素晴らしくフルーティーで優しい~



一点の曇りもなく透明度がクリア~
おじいさんのものづくりに対する心がしっかり反映されています~


これは同じく何年も前に買ったカルバドス、リンゴのブランデーですが更に琥珀色に熟成していました♡



恒例のチョコレートがやってきました♡
友人や知人からもいただきました!
懐かしの洞爺ウィンザーホテルのはスペシャルヴァージョンなんだとか!




チョコレートはテオブロマといって、正に神からの贈り物で幸せな気分にさせてくれる魔法の食べ物ですね。
おじいさんのブランデーと更に深く五感に浸透していきます…
天国のおじいさんに感謝でございます(#^.^#)

かけがえのない場所と一期一会 Vol.22021/01/24

此処の雪景色は本当に久しぶりです
一週間前は大雪で山道を自家用車で行くのは案じていましたが、お天気に恵まれ凍結もなく!(^^)!




もう何年になるでしょうか・・・
これだけ毎回来ても飽きることなく、私にとって大切な心の拠り所であり、魂をいつも清められる場所でもあります。
実際に此処は神様がいらっしゃいますので、お気に入りのある場所でいつも手を合わせて感謝します(#^^#)


此処は世界へ発信する日本屈指のお宿に認定されました。
通い続けて7年目のことでした。
元々、日本国内では注目されていたお宿ですから、必然のことだったのですが。
温泉といえば以前は湯布院に出かけていました。もちろん施設も素晴らしい所もありました。
特に玉の湯は想い出深い場所で今も心に留めています。
無量塔山荘は一棟借りを経験しましたが、頻繁にスタッフが現れ落ち着かず( ;∀;)
何だかんだと今はこちらのお宿に落ち着きました。
原生林の国定公園の中にあり、泉質も個人的に合っているようです。



日本の風景、氷餅など、どこを切り取っても癒され絵になります。



到着してまずはラウンジへ
クリスマスヴァージョンではなく、冬ヴァージョンです





今回のお部屋は予約時にGO to期間で満室だったので、空室を選んだお部屋
そう、Go toでいつもよりは予約が取れにくいことになって( ;∀;)
運よく、空室がありました。結局、Go toは中止になりましたけど。
以前、アップグレードしてくださった超大型のジャグジーバスがあるお部屋です。
数年前に改築で全室天然温泉が楽しめるようになりました。







お部屋で休んだ後は夕食まで専用のラウンジで





一番お気に入りの場所です。立ち湯。
そうここから神様を奉っている鳥居のひとつがあり、いつも手を合わせています。


癒しの音楽が流れている寝湯
此処は本当に久しぶりです。















夕食後は暫くしてジャグジーに
夜はこんな風に笑

外は外気温氷点下10℃なのでしっかり温まりグッスリとZzzz

IPS細胞研究財団2021/01/04

皆さま、あけましておめでとうございます!!

いよいよ新しい年、2021年に突入しました!
昨年、そして今も未だコロナはくすぶっている状態ですが、これまでと変わらずに地球上には多くの問題が他にたくさんあります。
温暖化、紛争、飢餓など数えきれません。

私の父は生前、日本赤十字社に特化して多額の寄付を継続していました。より多くの人が安い治療費で受診できるようにと・・・。

私は様々なところに寄付を微力ながらしてきましたが、今年からこちらの財団に寄付することにしました。

第一の理由は隣人の命は自分の命だという考え方です。

もう世間ではよく耳にするIPS細胞の研究です。
元気で健康体である私にできることは、やはり不治の病に苦しんでおられる方々の命の一助になればと思います。
またもう何年経っても変わらない医療の研究者の厳しい現状があります。
残念ながら日本は経済発展してきても、国力は国民の健康が礎になるにも関わらず、医療に関してはあまりにも発展途上国並みの体制で、世界から遅れをとっています。
どんなに優秀な医師や研究者が存在しても、雇用が確保できなければ実利を得ること、即ち、IPS細胞を作ることができません。
IPS細胞をより安価に早く、苦しんでいる患者さんに提供するには、私たちの小さな力でも今は必要不可欠なのです。

年度初めに、先ず私は何をすべきか?と

迷わずにこちらの財団に定期的に寄付することにした次第です。

冷静に語っておられますが、とても切実な思いが伝わってきます…






弟の母校でもあり、彼も研究肌でしたが、今は父の会社を継いでいます。社員の雇用を守らないといけませんから、まだやりたいことはできないようです。
会社が落ち着いたら、研究に時間を費やしたいと言っていましたが、何の研究なのか・・?