安定した幸せとは・・・2021/11/24

最近、改めて思ふこと・・・

幸せであることは人によって様々・・・
私が感じる一番の幸せは心を無にしたときに、自然の中に穏やかに存在していること
コロナで改めて悟ったこともやはり自然界への感謝の気持ちが一番でした(*^^*)
私の趣味も自然界と深く関わりがあったので、コロナ禍でも特に何か変化することなく生きられました。
でもそれは自分の心も重要で大切ですが、常に何かに対して感謝を忘れないことも私にとって大事なこと。
いつしか、この地にご縁をいただいて、初めて清々しい気分になれる神様のいらっしゃる神社に通うようになりました。
元々、無宗教なので、私のいつもの五感、感覚だけで導かれたような。
私の疑問は人はどうしてあちらこちらの神様のいるところに行くのでしょう~?
それもあちらこちらで御守りも買っている人。
所謂、人間の雑念と煩悩と欲深さなのかと思います。





太陽の化身がいらっしゃるここの神社に旅の前に参ります。
旅から帰った後も、きっちりお礼参りに、そしてその時のご報告も。
今回はとてもとても大事な行事に参加しますので、その報告とお願いに上がりました(*^^*)









お参りした後に・・・
目に留まったのは南天!
まるで神様からの啓示・・・お返事?



たわわになった真っ赤な美しい宝石のような南天
もちろん誰もが知る福寿を意味する縁起の良い植物ですが、花言葉は
「福をなす」「機知に富む」「幸せ」「愛が増す」
私が愛する自然界からのメッセージだとPOSITIVEに受け止めます
感謝っ !(^^)!



歴史ある貴人さんのお屋敷の紅葉も深く美しさが増していました
(合掌)

コメント

トラックバック