お肌プルプル参鶏湯!(^^)!2021/10/19

前述にも紹介した参鶏湯。
韓国で食べたのを切っ掛けに、私の美容&健康食として復活しました
!(^^)!
韓国ではもち米を使いますが、もたつき、カロリーが多いので工夫もして。
要は朝鮮人参ですが。。。
これがなければ参鶏湯は成立しません!
運よく、日本でも栽培されているんです!
しかも私が恒例にしている旅先で手に入ります!今は韓国に行けませんから、本当に有難いです。
風味豊かで韓国のものより繊細な感じです。
もちろん韓国の土壌の良いところにある野生種は大地の力を得られるような高級品には敵いませんが。








棗だけはありませんが、小布施の栗も入れました。
スープがいい色に~
自分で作ったこだわりの参鶏湯が今一番です!匙加減も鶏肉のブランドにもこだわりがあります。
美味しく、健康と美容に良いなんてパーフェクトな料理です!(^^)!


昨夜も作ったので、翌朝はお肌がプルプルに~(#^^#)
朝、鏡を見た時にテンション上がると、一日の始まりも↑
お金をかけて注射器で注入もありますが、やはり高品質の食から体内に入れることが一番理想的ですね!
何となく目の輝きも増しています!(^^)!
私が今健康であるのは育ちざかりに母の参鶏湯の賜物かもしれません。骨も育てるので、背も伸びたのかも。
元々、家系の遺伝もあるでしょうが、必要な時に栄養を与えることでより体の成長にコミットするのだと思います。


ちなみに参鶏湯は本来暑い夏に食べられるのが韓国の風習です。日本の土用のウナギと同じだと思われます。
夏にも頻繁に作って食べました。もちろん今の様に季節の変わり目、寒くなって風邪の予防にも免疫力をつけると思います。

このことはDong君が教えてくれました。
そういえば、Dong君もJ君も肌が綺麗だったなあ~
彼らは特にお手入れはしてなかったようですが。やはり日々の食でしょうね。

伏日(ポンナル)は毎年7月〜8月にかけて全部で3日あり、それぞれ初伏(チョボッ)、中伏(チュンボッ)、末伏(マルボッ)と呼ばれています。また、3回の伏日を合わせて「三伏(サムボッ)」といいます。初伏から末伏までの三伏の期間は、1年で最も暑い時期のことをあらわします。2017年は、初伏は7月12日、中伏が7月22日、末伏が8月11日となります

コメント

トラックバック