韓国の階級社会2021/02/14

あ~ドラマ「緑豆の花」の最終回を見終えました・・・




これまで時代劇をたくさん見てきましたが、今回のドラマは日本や中国からの侵略で朝鮮が一度滅びてしまう史実に基づいたSTORYだったので、結末は一部ぼやかしていました。
現実が分かるだけに見ていて辛いドラマでもありましたが、あの時代に確かに勇気と確固たる正義感を持って闘った勇者がいたことを感じ取りました。
戦争はどこの国も犠牲になるのは真面な人たちで弱者だったり、将来を背負っていく青年たちなのが本当に悲しい・・・

韓国のみならず、欧州でも貴族階級と平民との争いごとが描かれた映画やドラマがあります。
ただ朝鮮半島は本当に小さな国なので、自国民同士が手を取り合っていくと素晴らしい強大な国家になっていたとハズです。
今も多くの問題や課題を抱えている韓国・・・

半面、素晴らしいドラマや映画、そして音楽のレベルが本当に素晴らしいです!
半端な才能では生き残れないからこそ、努力して自分のいる場所を勝ち取っていくのでしょう。

少し反れますが「緑豆の花」の主題歌は一度聞いただけで感動しました。男性4人グループのフォレステラが歌っています。
とても切なく悲しみがこみあげてくる歌です(TT)


ドラマの中で両班の先生が「日本の侵略によって朝鮮は滅びてしまうように思うが、実は国が亡びる一番の要因は内部からの綻びから起こるのだ」という話に、「そうだそうだ~」と共感。
どんなにドラマのSTORYが脚色されていても事実は変わらないと、ずっと歴史ドラマを見てきて思いました。
いつも内部抗争により嫉妬妬みで優秀な武官や将軍を殺めてしまうという悲しい話。これはいつの時代にも繰り返されてきたようです。

生前、父がよく話していたこと
「両班(朝鮮時代の貴族)が駄目にしてしまった・・」と時々呟いていたのが今も記憶に。
幼い私には何のことだかよく分かりませんでした。
父は両班の出身ですが、もちろん両班にも慈愛や他人への思いやりや人格者として活躍した人もいますが、往往にして権力を振りかざす人も多かったということ。

今の韓国社会でもお金や権力で見栄っ張りな文化が根付いていることを感じます。
私の父方のご先祖さまは高句麗建国の時の立役者だったと聞いていますが、基本は政治に関与しないで風流に生きた人やまた学問(儒教)を極めた人もいますが、9冊ほどの本にご先祖様と現代の私達の名前が刻まれています。

気になるのは中でも光源氏のような祖祖父。いつも馬に乗っていて皆の憧れの的だったそうです。父の母、祖母は絶世の美女で料理上手だったとも母から聞いてきますが、父は決して祖母以外の料理は不味くて食べられなかったとか笑

私が幼い頃、父がよくおとぎ話のような話をしていましたが、今思うと本当の話しだったのかもしれないと思うことがいっぱいあります。
父が生きていたら、もっと歴史に起こった事実について話し合っってみたかったと思います。

父は生前、ひと言も過去の歴史のことで恨み辛みを口にしたことがありませんでした。
冷静に物事を見ていたと思いますが、戦争や侵略は本当に悲しく憤りを憶えますが、国力が弱くなるのはその国の責任であり、個人個人の自分たちの欲だけを満たし肥やしていた上層部の人間の失態であるでしょう。
今の韓国は基本はドラマを見ると変わっていないんだと思うことがしばしばあるのです。

外見や体裁をよくして、社会から認めてもらうという歪んだもの。
本当に才能ある人は世界へ羽ばたき、最大限に個の自分を鍛え活躍されています。
韓国がもう少し万民に心の豊かさがあればあっという間に日本の比ではないほど成長すると思うのですが。
天国から父のため息が聞こえてきそうです・・・

韓国ドラマ~緑豆花~2021/02/05

今一番ハマっているドラマです!
日本がちょうど明治維新で新たな時代を迎えた朝鮮のお話し




その時代の出来事をドラマで脚色しているのはもちろんですが、日本が朝鮮を侵略して王族を乗っ取るというシーンもあります。
歴史に嘘はつけないですからね、その時代に何があったのか?というのも冷静に見ることができます。
捉え方は人それぞれですが、やはり傍若無人なその当時の日本の国民ではなく、権力を振りかざす政治家のあるまじき行為。
しかし、それはその当時の朝鮮の政治も腐敗していましたので、結局、国力が衰えていた隙にはめられたという悲しい結末を迎えます。

ドラマといえども、実際に様々な人間模様があったと思います。
一番切なかったのは愛し合う男女が普通に恋愛ができずに、悲しい決別になること。。。
ご縁があっても結局、彼らを取り巻く悪意ある人々やその時代の波に翻弄されてしまう。
やりきれません(TT)

また、その苦しい時代に生きた猛々しく勇敢な人物がいたことがドラマを通して窺えます。
今の韓国は権力お金、外見重視で、男性でさえ、肌のお手入れ云々と情けない人がたくさんいますね。
ビシッと男らしいイメージが良いと私は思っているので、このドラマのような勇猛果敢に挑む男性像にキュンとします♡

イケメンより懐が深く、理知的な将軍役の俳優さんに目が行きますね。今も昔もイケメンやアイドルには殆ど興味ないのです笑

しかし、メインキャストは二人ですが、ユン・シユン君は韓国で偶然にお目にかかってからというもの、私がたまたま見るドラマに出演していて物凄い勢いで活躍しています。
確かに彼が出るドラマはSTORYが面白く、俳優としても恵まれていますね。
ちょうど韓国でお目にかかった時は、会社を変えた後で、製パン王キムタック以来、中々ドラマ出演がなかった頃でした。

根が明るくて元気ハツラツで性格が良さそうなので、人気が出たんですね!

日本の某事務所のCEOも言ってました「売れる子っていうのは本当に性格が良いんだよね。これは確かなこと。」と。
飛ぶ鳥を落とす勢いでこんなに活躍されて何だかとても嬉しいですね!
今回のドラマでは朝鮮の文明開化を夢見るために、日本側につくという切ない役柄ですが、日本語もお上手でした。
とにかく気になる方は是非ご覧くださいませ~。




もうすぐクライマックス!
明日、一気に録画を観ます(#^.^#)
だけど結末が歴史故に涙なしでは・・・

ちなみにこのドラマに両班階級のことがたくさん触れられていて、正直、私には重い?STORYでした。
いつか父の言葉を思い出します・・・
この話は次のお話で・・・

韓国ドラマ「私の国」2020/09/26

Netflixもいいのでしょうが、WOWOWにも珠玉の韓国ドラマが続いています!
今日、最終回を観ましたが涙なしでは見られない感動のSTORY~

もうじわ~っと涙が止まらないほど、悲しくて切なくて
感動しましたあ~~~(TT)





史実に基づいた内容に脚色しているものですが、主役も脇役も素晴らしい演技でその世界に惹き込まれていきます・・・

主役の俳優さん、石川遼君瓜二つ!可愛いんですが逞しく母性本能くすぐられます(#^.^#)
最期のシーンがあまりにも悲しくてやりきれない・・・

このSTORYの大まかな内容ですが、「私の国」とあるように時代や身分に翻弄された若い青年たちが生きやすい世の中を夢見るところから、実際に刀を取って正義や大義を抱えて闘う、というようなものです。
しかし実在した後世に語り継がれる悪名高き王の登場で更に結末がほぼ分かる・・・これは韓国の古い朝鮮の歴史を知っている人なら、もちろん韓国民は周知の話ですが、、、

以前、儒学者「チョン・ドジョン」「六龍が飛ぶ」というドラマを見たときに、悪名高き王・太宗になったイ・バンウオンは、元々は優等生で人並みの優しさがある人物であったという他角度から見たドラマも面白かったです。
単にドラマを楽しむだけでなく、人間模様が窺えるユニークな一面があるのが、歴史ドラマです。
ドラマの中で優しい神童が残忍な人物になってしまった理由はなんだったのか・・・?

うんちくはこのくらいにしまして(汗)

このドラマにイ・バンウオン役として演じていたのはチャン・ヒョクさん❣私の5本の指に入る大好きな俳優さんです💛

これまでで最高のイ・バンウオン役を演じきったと思いますし、ひょっとしたら実際のイ・バンウオンはとても人情もある孤独で弱い人物だったのかもしれない・・・チャン・ヒョクさんの演技から実際の人物の真意が滲み出ているかのような・・・





とにかく彼が出演しているドラマは200%面白いんです。格好いいとかそんな軽いレベルではなく、演じる人としてとても好きで尊敬しています!
韓国には本当に素晴らしい俳優さんがいます。
若手の俳優さんも本当に素晴らしく、このドラマは映画なみに見る価値がある作品でした。
面白いシーンもたくさんありました笑笑


最後に、ここで言いたいことがあります
「私の国」
よく韓国人は「ウリナラ」という言葉を使います。
いつも国家を背負っているというように感じます。
その反面、実際の多数の韓国のドラマでも象徴されているように、格差社会、整形大国(奇麗でなければ認められない)、パリパリ文化(経済発展にはスピードが付きまとう)などどこかアンバランスで矛盾した社会だからこそこんなドラマ作られるのかと感じます。
実際にこのドラマの様に、命がけで世の中社会を変えたいという青年などの学生運動が私たち日本の豊かな生活を送っている時代、ほんの30数年前に「光州事件」という悲惨な出来事がありました。

これに関連する映画も多数あり、見ました。本当に悲しいですね。
結論は変えられないのでもどかしさを感じますが、歴史の証人の一人になったつもりで真剣に見ています。
朝鮮の歴史の中でも豊かな生活をしたいと決起して戦った事実もあるのやもしれません。その時代は特に中国に支配されていましたが、今もまだ中国に依存しているようで悲しい~~~


韓国だからこそ、小国だからこそいつか勇猛で知性のあるリーダーが出てくることを願うばかりです。

BTSとかアイドルに頼っている大統領は最悪~~~情けない!

~太宗・イ・バンウオン~
イ・ソンゲの五男
イ・バンウオンの三男が貧しい人にも意思疎通理解できる
ハングル文字を考案した大王世宗



最近の韓流ドラマ2020/09/18

日韓の国交は厳しくなっていますが、芸能・文化交流は上場ですね~

いつか韓流は流行りすたれたという記事を見たことがありますが、完全なるガセネタでしたね!

韓流ファンならご存じのように映画・ドラマは相変わらず人気がうなぎ登りです~
いえ韓流ファンでなくてもNetflixで見た韓流ドラマにハマったという友人知人もいます。

嬉しいことに密かに応援していた俳優のユン・シユン君が飛ぶ鳥を落とす勢いでたくさんのドラマに出演しています。
日本で放送されているのでかなり売り込んでいるのでしょうが、やはり性格の良さで関係者からも好かれているのか、もの凄い活躍で嬉しいですね♡
ユン・シユン君の代表作「製パン王キムタック」は日本でも大ヒットしましたが、最近2つのTV地上波とBSで再放送されていて驚きました。もう一度夢中になって見ていましたが、感動再びという感じでした~♪



実はソウルのレストランで真横のテーブルに現れたんですよ~

一緒にいた友人が、韓国語が得意でない私が何かに憑依されたかのように隣の男性に韓国語でペラペラと話しかける私を見て驚いたそうです笑

「一体、急に誰に話しかけているのか?」と笑

この日、お気に入りの有名なケジャンのお店(今はミシュラン店になりました)で友人と食事をしていたんですが、隣のテーブルの男性の視線がちょっと、いやかなり気になり・・・「私のこと知っている?なハズはないし・・」と食事していました。
日本語を話していたから気になったのかあ~???
暫くして一人の男性が現れたのでした~~
そうキムタック笑笑

ごめんなさいこの時、彼の俳優名を知らなかったんです( ;∀;)

もともと韓流にはそれほど興味がなかったので。良いドラマや映画は好きでしたが。いい加減な私であります~

食事中だったので、落ち着いてからお声を掛けてみたのです。
すっかりたくましくなっていて、さわやかな青年でした!(^^)!

今、偶然なのか彼の主演作品が頻繁に放映されていてお姉さんはハマっております~

演技力も等身大でとてもユニークなSTORYで素晴らしいです!





このドラマは最初はピンとこなかったのですが、大好きなチャ・テヒョクさんが出ていてドラマの盛り上がりに期待していましたが、期待通りでしたし、主演のシユン君も存在感があってよかった!
何とも言えない人間の持っている温かさや人情、愛、切なさが滲み出ていて結構泣けるシーンもありました。

個人的にはこのSTORYに私自身が経験した甘くて切ない恋?人間模様とオーバーラップして楽しめました。

ユン・シユン君が見事に素敵な男子を演じていました。本当に素敵な男性に成長されましたね(#^^#)

さてドラマの結末なのですが、もう少し捻りがあったらと思いました。
私が考えた結末は最後に感動して号泣するシーンを描いていました
(;_;)

残念だったのはよくドラマに出ている共演者の俳優の男の子の顔が悪い意味で変わっていたので違和感あり~別人みたいになってしまって
韓国の女子も男子も、あまりにも整形が当たり前になっていて、特徴も個性もなくとても悲しい~
もっと自然体で生きられないのでしょうか・・?
もっと自分の個性を大事にしてほしいなあ~

韓国バラエティー番組「スペイン下宿」2020/07/23

2年前に釘付けになった韓国の番組は本当に面白かった♪
俳優さんが島で自給自足する番組で食欲をそそる男の手料理があまりにも美味しそうで感化され、翌日には自分でも得意の韓国料理を作ったものです。

韓国ドラマかこういうバラエティー番組、特に旅や料理が出てくる番組にハマっています。
俳優さんの違った一面も見られて親近感が沸き、なかなかおススメの番組です!!

登場する俳優、特にクールでモデル出身のチャ・スウオンさんとユニークなユ・ヘジンさんのコンビがとても魅力的でしたが、彼らの映画もよく見ました。
私はどちらかというと、イケメンよりも人間味の深い演技をする俳優さんが好きです。
若い時からアイドルよりも人格を優先していたのは今も(#^.^#)
日本で皆がキャーキャーという俳優さんや歌手には興味はなく、どんな演技をするのか?その映画の中の俳優さんの役柄に魅力を感じますが、このような番組でその人柄を感じファンになることも♡

そして、昨年収録された新たな番組が日本で始まりました!
場所はスペインで下宿を提供。
フランス、サンジャック通りから始まる巡礼に旅をする韓国人や諸外国の人々が宿泊する施設で韓国料理を振る舞うというもの。
また彼らのそれぞれの得意分野で活躍しながら、笑いあり、やらせではなく自然体でのやりとりも目が離せません。
彼らにもてなされた人は本当にラッキーです!!!




クールガイは料理を担当。
思いやり溢れた料理の数々に興奮~


Ah~いつか彼の料理を味わってみたいものですね~
男の料理はたまりません(#^.^#)


時にはアジュンマ(おばちゃん)の様に料理、キムチから様々な物を料理します。
叔父も彼の様に一見、クールでモデルのようでしたが、そう言えば、
祖母宅で叔父がいろんな料理を作ってくれたのを思い出しました。
いい男は料理も上手い!なんて最高ですね!


久しぶりに豆腐チゲを作りました。
私の十八番ですが。。。何と!番組でユ・ヘジンさんがチャさんに
「チゲにコチュジャンを入れるなんて初めてだったけど、凄く美味しかった・・」????

えっ?私のチゲは↓のコチュジャンを使って作っていました。
当初、このチゲを教えた友人、知人からも絶賛され
「韓国料理のチゲがこんなに美味しくて、簡単で、子供でも食べさせられたわ」とお褒めいただいたものです(#^.^#)
日本の味噌汁の様に、家庭によってそれぞれの味がありますが、
私のチゲはちょっと特別なのです~~Ufufufu


コチュジャンはもう日本でもお馴染みの
スンチャンコチュジャンです!
20年前に家族ぐるみで可愛がっていただいた韓国の超VIPマダムから「スンチャンコチュジャンがNO1よ」と教えていただき、今日まで愛用しています。