ケセラセラ~♪2020/04/11

どんな時も平常と変わらないとポジティブに時間を過ごしながら

今日は三時のおやつにあるものでちょっと特別なフレンチトーストを作ってみました!
料理はいつも閃きと創造力が基本です
音楽を作って奏でるように楽しみます

特別な?フレンチトースト
その所以は・・・・
フランスのロレーヌ地方は、マドレーヌやババオラムなどの有名なお菓子の発祥地でもありますが、旬が僅かひと月ほどの果実で
「金色の宝」と云われるミラベルのオーガニックコンフィチュールを使ってみました。
材料は牛乳、卵、砂糖、そして、パンさえあれば簡単に美味しい簡単デザートができます。
私はいつもグランマルニエを常備しています。オレンジのリキュールで香りがよいのでとっても高級感あるデザートに仕上げることができます。お酒弱い方はしっかりアルコールを飛ばしてくださいね(#^.^#)






Vignes et Vergers のコンフィチュールは世界一だと思ってます!


実が丸ごとたくさん入っています
本当に貴重な果実ですが、パリで旬に出逢い食べたことがありますがジューシーで甘くってHappyになれる可愛い果実でした💛
コンフィチュールで食べられるのは本当に有難い!
気になる方はFontained'Or Kobeで~




パンは小さめ、薄くカットするとアパレイユが早く浸透して調理もハイスピードに出来ますよ~



グランマルニエとミラベルのコンフィチュールを煮詰めたら最後に絡めて、再度オーブントースターで表面を焼くのが私流のフレンチトーストです!
外はカリッと、中はしっとり、オレンジとミラベルの豊潤な香りにノックアウト~~~~~





これは数日前に作ったカルトカール、所謂一般的なパウンドケーキ
不思議な黄色の柑橘は
先々週、長野の道の駅で見つけた、何故か和歌山県産の”黄金柑”という見たことがない品種
見た目と違って甘くジューシーと書いていましたが・・
凄い!本当に甘くって驚きました。味のバランスも素晴らしく。
最初はジュースで、次にミカンのように皮ごと食べられましたあ~

固めのをパウンドケーキに使ってみました



柑橘系の焼き菓子好きには堪りませんっ!

とても嬉しいニュースが❤2019/11/22

先日、長い旅から戻ってきました。
もう何ヶ月も・・・と思うくらい充実した旅でした❤
未知の世界にも出逢いにも素晴らしいご縁を次々にいただき、時差惚けが残るものの感慨深い想い出に浸っております。
また美しい出逢いと景色をたくさん吸収したせいか、毎晩、美しい景色にいる夢を見ます。
先日の朝も三日月の夢。。。
前夜あまりにも美しい上弦のお月様を眺めて合掌しましたが、夢にまでお月様が出てくるなんて・・・
早速に夢占いを見ましたら

過去を捨て新しいご縁に恵まれ、運気上昇~と(*^_^*)
パリでも新しい素敵なご縁をいただきました。
パリのお話しはまた改めて!

さて、メールをチェックしていたはずでしたが、見落としていたメールが・・・
それはそれはとても有り難い、素敵なお知らせでしたあ~~~~!

私の事を気に掛けて下さっていた偉人さんから~
数ヶ月前にこれまた私の為に色んなことで瞬時に最適なアドバイス、行動をしてくださった先輩からの紹介で正に素敵な数珠繋がりでのご縁でした。
いつも私が確信して云っていることがあります

「言葉が通じなくても、結局、人間は感性や価値観、他人を思いやる心のある人とは必ず通じる!」
それはパリでも同じことを明確に感じました。

価値観の中には物事に対する、厳しさ、審美眼ももちろん含まれます。

昨日、個人的に始めた事を「今後どのようにしようかなあ~?」と考えていた頃に、見落としていたメッセージを発見!!!
流石にこれには驚きました。
まるで堕天使が降りてきたような瞬間でした。
そのメッセージを読んでどれだけ励まされ、心が温まったことでしょう・・・❤感謝感激

キーワードは
東京・銀座、超一流、グルマン(食通の人々)、著名な料理人、集い、お披露目会

久しぶりに人前にでなけれななりません(^^;)緊張します~
しかも憧れの料理の○人まで~ずっとお会いしたかった方なのです。
玄人さまの集まりなだけに・・・ドキドキ

ですが、私は私の素のまま、ありのままのお話しをさせていただきたいと思います。
良いものは通じる!と思っています。
なんたって私自身が恋して愛してしまった物ですから❤情熱は半端ではありません(*^_^*)

ただひとつ、私はお商売には向いていないと思います。

その愛する物が少しずつ拡がり、そこからまた新たな切っ掛けにできればと思っています。
昨今、皆、あまりにも早いスピードで我先にという浅ましいお商売は心が疲弊してしまいます。
私にだけ出来る何かを少しずつ、私のやり方で広めていきたいと思いました。

旅する中でも自分発見をたくさん出来ましたが、本当にまだまだ未熟だと感じることもたくさんありました(^^;)だからこそ旅はいくつになっても愉しいのかもしれませんが。。。

本物は急ぐことも焦ることもしない、でも行動するとき、判断するときは即決が私流です笑
ずっと感覚だけで生きてきた私ですので(^^;)

今からその日の為の準備をしっかりしておきませんと。
時差ボケもその日までに何とか。

しかし、来週も世界でご活躍されている芸術家とそのエグゼクティブマネージャーにお会いしに東京へ参ります!久しぶりの逢瀬です。

招待状が届きましたとき、本当に驚きました!10年ぶりなのです!

こちらのキーワードは1創立100周年 花の彫刻 叙勲 隈研吾
そして、その翌々週にも東京・銀座へ飛びます~
嬉しい忙しさですが、師走がちょっと大変な行事になりそうです♪


チョコレートの現実と真実2019/02/17

初めて共感できたクラウドファンディング!

チョコレート好きには参加するほかありません

随分前にパリのホストマザーと小さな映画館で観たドキュメンタリー映画。
それは多くの児童が学校にも行けず、カカオ収穫をさせらている現実があるのだというお話し。
ショックを受けました。
またカカオを収穫するも一度もチョコレートを口にしたことがないという現実にも驚き悲しくなりました。
日本でもお馴染みの欧米某大企業の問題もクローズアップされていましたが、先日、たまたま観た映画「汚れたミルク」にも通じる人権、特に弱者を苦しめる実情に怒りを憶えました。...
フェアトレードが推進されていても、未だに人身売買がなくなることはありません。
チョコレートはテオブロマ=神からの贈り物と言う意味がありますが、現実は・・・。
クラウドファンディング、早くも目標達成されていますが、必要な所へ寄付されるでしょうし、チョコレート好きな人には嬉しい返礼もありますので、興味のある方は詳細をご覧下さいませ!!
ちなみに東京ですが、チョコレートと試写会付きの返礼内容を選ばせていただきました!!
しっかりチョコレートの背景を知って、美味しくいただきたいです!!
ちなみに制作者の中にあのエスコヤマさんやマリベルさんも!

興味ある方はコチラを↓



旅行記6 ブルゴーニュを訪ねて2018/07/15

フランスのサクランボ最盛期
今年は5月末から6月初旬

果樹園のオーナーさんから、かなり収穫してしまったとの話に心配でしたが、、

間に合いました!

オーナーさんとミーティングにワインで有名なとある村へ・・・
場所は教会の直ぐ傍の事務所兼、店舗



150年築の建物の中地下はセラーに使える空間
石造りの自然の涼しい空間はとても心地が良かったです(*^_^*)

大事なミーティングと打ち合わせ



いよいよ果樹園へ



まるで秘密の花園のような・・・


何とも云えない、風が通り抜けて気持ちいい~~~




美しい見たことがない鶏まで





まだたわわに実っていたサクランボ

宝石のようでした。天からのギフトのように光り輝いていました!

特級ワインで有名な村の果樹園。

その日は真夏日で強い日射しの中、サクランボの木の葉で覆われた果樹園
その隣には特級クラス白ワインの葡萄畑が。

質の良い葡萄の生育に欠かせない土壌作り。
その土壌と同じ場所でスクスクと育つコチラのサクランボは、ブラックチェリーで濃厚且つ甘~~い❤


日本の高知県産徳谷のトマトも、海水の近くで栽培したことで偶然の自然の恵みを授かったという唯一無二のトマトとして、今では有名な品種のひとつとして知られていますね。
その土地特有の気候で左右される生産物は自然の無限の力によって作り出されます。

コチラのサクランボは、陽の光で明るい赤に見えますが、もっと深紅に近い色です。

果樹園に入って、初めて実を探ったときに、何と幸せを運ぶ小さな天使が迎えてくれました(*^_^*)
この辺り一帯のワイン畑にもいらっしゃいます。

正に無農薬の証しなのです!

コンフィチュールに使われるのは、
既に質の良いものだけを収穫して、加工されていました。


気になる方はコチラへ





旬をいただくことは日本でも大事な食の行事のひとつですが、フランスも同様です。
イチゴやサクランボのようにその場でいただくのが一番美味しいので、遠く離れた場所に移送する間に鮮度が落ちてしまうのが現状です。
以前、ハワイで食べたマンゴーがとても美味しくって輸出できないのかと尋ねたところ、傷むのが早いので不可能だと現地の方が話していました。
バナナのように青く硬い状態で輸出して、国内で熟成するという物もありますが、果物によってはそれが難しいのが現状なのですよね。
個人的には日本国内は果物の宝庫だと思っていたので、海外の果物はその場で食すで満足していました。
しかし、この果樹園でいただいた無花果やサクランボの味は今までの概念を覆すほど、忘れられない味として記憶してしまったのでしたあ~~~

旅行記5 ブルゴーニュを訪ねて2018/07/14

念願の伝説の美食を求めて・・・

シャニーに地元フランス人を始め、世界中からの美食家が訪れるレストランがあります

ブルゴーニュ自体、美食の都市であまりにも有名ですが、プロからも一目を置かれているレストラン

もう10年以上も前に、行く予定だったレストラン

タイミングが合わずに行けませんでした(T_T)

昨秋、そのレストランのカジュアルヴァージョンのお店に予約

理由は、ずっと食べ続けていたこともあり、限界に笑
メインレストランで食事するにはお腹に余裕がなかったのです(^_^;)

カジュアルといえども、量が心配でした。ある程度はオーダーしないとお店に失礼かな?と思っていました。お金を払って食べる客であっても、最低限のルールは護ってあげたいですからね~

と、そんな心配はよそにスタッフもとても感じが良く、好きなようにとお話し下さいました。
驚いたのは、メニューはシェアしたいのでと話していましたが、きちんとそれぞれにお皿に綺麗に盛りつけして出して下さったのでした。カジュアル店であろうと一流のサービングに脱帽~
パリでそこそこのお店に行くと、ド~~ンとひと皿で出てくることがありますが、流石!伝説のレストラン、カジュアルでも拘っているんだと感動しました!

そして、このレストランが高く評価されている所以はもちろん初代シェフの考え方と志ですが、素材が本当に素晴らしい!素材を大切にしていることなんです。当たり前のように思われますが、極限まで素材を活かした料理ってそんなにありません。これは私の個人の意見ですが。

実はレストランのオーナーシェフ三代目は現在はリタイアして、既に他のシェフに継承されています。
忠実に受け継がれてきた料理の哲学は、現シェフに継承されているので、今も堅実にこの地、シャニーで変わらない味を堪能できるようです。
前置きが長くなりましたが、いよいよメインレストランへ




ホテルも併設されています
次回はホテルに滞在して、夕食も堪能したいですね~



そう、ここももちろんルレエシャトー



とても落ち着いた空間
欧米人のお客で既にいっぱい










アミューズが次々に

何と8種類
一期一会の精神のように、訪れたお客の為に少しでも多種多様に旬のものなどを味わってほしいという料理人の誠意が伝わってきました・・・・

可笑しなことを言いますが、、、

料理を通してもその作り手の為人を感じる事があります

正に心や精神がギュッと詰まった・・・

世界中の美食家から愛される理由がここにあるんですね!!






最後のアミューズのスペシャリテ
ブルゴーニュ名物、ポーチドエッグのワイン煮
正直、あまり興味がない料理だったのでブルゴーニュで食べたことがありませんでした。
なので、こちらでお初!
可愛いウズラ卵で親指サイズで繊細、味も濃厚でありながら繊細
複雑な味でノックアウトされましたあ~凄い!





旬の白アスパラガスとグリンアスパラガス&魚介のひと皿
初夏そのもの
美しい~








お口直し




旬のイチゴのデセール
ソースを注がれた瞬間イチゴ畑にいるようでした(❤❤)



リボンのように繊細なパートフィロ
手を加えているのに限りなくイチゴそのものを経験する素晴らしいデセール
日本の有名なシェフの口の中で完成するイチゴのタルトも大好きですが、こちらは更に進化したデセールですが、幸せな気分に舞い上がりました(*^_^*)




宝石のようなミニャルディーズ(小菓子)





食後はホテルラウンジやテラスなど見学させていただきました





何と食事中に雨が降ったようで、レストランを出た頃はすっかり止んでいました。
この時季、雷雨が多いのですが、いつも屋内にいるときや寝ているときに・・・

いつもどなたかが護って下さっているような・・・
感謝・・・・