IN KOBE~♪2013/11/28

久久に三宮へ
第一の目的は紅茶を買いに~♪
マリアージュフレールの紅茶は欠かせません。
パリでたくさん買いだめしたつもりでしたが、あっという間に無くなりました。
毎回、朝と夜の紅茶を使い分けます。
ひとつはCEYLONなど。そしてひとつはずっと飲んでいるルイボスティーがベースの物。
今日はクリスマス限定のNOELでシナモンが利いたほんのり甘みのあるものをいただきました。
パッケージもブルーでクールでNICE~♪(*^_^*)




もう早くもルミナリエの準備が~
1年経つのはあっという間です~






さて、少し遅めのランチの場所に到着
ここは神戸最古の異人館です





アフタヌーンティーを求めて来ました(*^_^*)
デザートは一度にたくさん食べられない私が急に食べたくなり、強行(笑)





場所は旧居留地・神戸最古の異人館のToothTooth❤
ここのケーキは美味しいです!

今日は何時になく多くの人で賑わっていました。
店内はこんな感じです








紅茶はAmande Vanille(アーモンド&ヴァニラ)のフレーバーをチョイス
御菓子とよく合いました(*^_^*)紅茶はお代わりOKです
見た瞬間、食べられるか心配でしたが、美味しかったのでチョコファッジ以外は完食~(*^_^*)






異人館はやはり絵になりますね❤





街角にはクリスマス一色です~♪
クリスマスは姪や甥の為にあるような物。今年のギフトは何にしようか・・・?
私自身はもしかするとスキーで雪景色の中でのクリスマスになりそうです❤
多分、ホワイトクリスマスは初めて~(*^_^*)





帰りがけに思いがけない偶然に?!
デパートの展示でふと見てみると、何処かで見た絵にソックリと思いきや・・・
一昨日、京都の瑠璃光院併設のルイ・イカール美術館にいたのですが、何とそのルイ・イカールの版画展だったのです。
フランス人の画家でフランス人の女性を描かれています。
今回は時間がないのでスルーしましたが、12/3までに行けたら行って見ようと思います。



極上のワインランチ会~❤2013/06/04

行って参りました。
偶然の再会へ!!!

遡ること5年前、芦屋のエノテカさんからご招待いただき、女性なら誰もが知るフェラガモ・サルヴァトーレ氏と彼が作るワイン・IL BORROに初めて出会いしました。

本当にルックスも笑顔も素敵な紳士でしたが、ワインにかける情熱は半端ではありませんでした。
自分の足で広く活動をして宣伝している熱心なお姿をハッキリと記憶していました。

再会というのは突然のことでした。

それは私がとても気になっていたイタリアンレストラン。そのイタリアンに、仲良くしていただいている大先輩から行かれたというタイムリーなお話し。

それで丁度Huzのバースデーを控えていたので、即予約。
レストランに行く数日前に、あることを切っ掛けに何故かフェラガモ氏の事が頭を過ぎったのでした。

当日レストランで気持ち良く食事した後、化粧室へ。
ベイスンの側に置かれていた小さな小さなチラシに目がとまりました。本来なら気に止めない私ですが。

よ~く見ると、何と!フェラガモ氏がレストランでワインお披露目会をする内容だったのです!!!!

僅か20名定員のイベント。
お店の方によると急遽決まった事で、対外的には宣伝していないとの話でした。お店の方も初めて招くようで、このタイミングに私も驚きました。
1週間後でしたが、勿論、その場で予約。
ワイン4種にフルコースのお料理であり得ない価格でした。
ワイン好きには溜まりません!
あえて、ここでは触れませんが、本当にあり得ない価格でした~~~

何より、フェラガモ氏に再会出来ることがとても嬉しく、ヴィンテージ違いのワインのテイスティングがとても楽しみでした。

シェフも9年目になるようですが、フェラガモ氏とのイベントは6/3、私の生命数が「9」色んな意味で+の要因がいっぱいの1日でした。

今回のイベントでサプライズも。
それは秋に出荷予定のプレミアムワイン。それはIL BORROが初めて手がけた貴重なワイン第一号。フェラガモ氏曰くはベビーの誕生と匹敵するくらい大事に育てたワインだそうです。
IL BORRO以外で世界で初めて私達にそのワインを特別に振る舞ってくださったのです!
なのでワインは実質5種類いただきました(*^_^*)

シェフもワインに併せて渾身の料理を振る舞って下さり、本当に有意義なひとときでした。
思ったより酔わなかったのも不思議でした。
フェラガモ氏とシェフともお話しに花が咲き楽しいワインランチ会でした❤


写真撮影の際、フェラガモ氏に真ん中へとお願いしましたが、女性優先だと・・流石紳士ですね~
(*^_^*)
シェフもとても謙虚で気さくな方でした!!
9年目を迎え地道に努力されてきたのでしょう、、こう言う素敵な貴人さんがひょうんなことでいらっしゃるのはシェフの賜ですね~

美味しいワインとお料理に肖れたことに感謝でいっぱいになりました(*^_^*)
レストランを後に、向かったのは勿論エノテカさんです。
美味しいIL BORROのワインをお願いして今週末に取りに参ります(*^_^*)






こちらが今回世界に先駆け振る舞って下さったDAL BORROと言う極上のワインです。
マグナムボトルで3000本限定。今秋に出荷予定だそうです!
私の大好きなシラー100%と言う単一品種のワイン。既に果実味があってフルーティーですが、更に熟成したらどうなるんでしょう????













こちらのお店に来る途中、「おうす」という抹茶の喫茶に遭遇。珍しいと思っていましたが、、、
何と!デザートに抹茶のアッフォガートとピスタチオのジェラートが!
正真正銘の抹茶の程よい苦みとピスタチオのジェラートはベストマッチでした(^_-)V








美味しいワインランチ会、、、至福のひとときでした❤
このお店は有名ですが、私は今回で2度目でした。
私をこちらのお店に導いてくれたN森さま、不思議な再会に逢うべく方と逢えばどんどん+の出会いが起こるんだなあ~としみじみ思いました。
N森さまに感謝感謝でございますm(_ _)m
シェフとも約束してきましたが、次回はN森さまをお誘いして来ますと・・・

次回はN森さまと改めてランチに行きたいと思ったのでした♪

芦屋の隠れ家レストラン2013/05/29

あるとき、ふとあるイタリアンレストランの事を考え、行って見たいなあ~と思っていたのですが、何と!タイムリーにN森さまからそのイタリアンに行かれたとのお話しが!!!
イタリアンで初めて美味しい!と感じたとの話で益々、興味津津。
テニスの帰り道に何時も通過する場所で気になっていたし、関西のグルメ通の姉からも何度も話を聞いていました。
でもややこしい私はきちんとしたレストランには何故か遠方遠征?が専らで、中々お伺いする機会がありませんでした。
N森さまからのお話しで、早速にhuzのバースデーのために予約を入れました。
当日は日曜でしたが、既にいっぱい。なるほど~
スタッフは若い方でしたが、丁寧に応対されているのも好感が持たれましたね!!
さてディナーメニューですが、特に特徴ある前菜、ウニと人参のムースコンソメジュレがとても美味しかったですね。
青山のYANAGIDATEではまったウニと温泉卵のコンソメジュレキャビア添えを作るほどですが、こちらのはとても身体に優しく美味しかったです!





蟹とハマチの前菜



野菜と穴子のフリット



鱧のカッペリーニ



鶉のラグー



イタリアのシラーは珍しい~
案外若く開ききってなかったです


和牛の赤ワイン煮込み
ゼラチンを感じリッチでしたが、お肌に良かったと思います(*^_^*)



三元豚の炭火グリル



口直しのグラニテ
甘ったるくなくフルーツの甘さが際立っていました


事前にバースデーとは言ってませんでしたが、
やっぱりお願いしました(^_^;)



サントリーブルーローズに似た淡いピンク紫の薔薇にウットリ~




美味しい食後、ほろ酔い加減でお開き♪



幾つになっても恒例の・・・


SKI IN 白馬八方尾根 3日目2012/02/11

何と、予報通り朝は雨でした(T_T)
でも日本列島は雨マークだったのに、長野だけ、後晴れマークが出ていました。
毎回の様に天候には恵まれると信じて・・・・
朝食のレストランは欧米人など多くの人が待機。
白馬は比較的暖かいので霙ではなく雨です。スキーヤーには不快な天候なので、暫く様子を窺っています。
折角、ここまで来て雨の中のスキーは遠慮したいもの。
「雨よあがれ~~!」と念じていました。
何と!お昼に少し陽が差して雨があがりました~~~!!!
いざ出陣!
まずはゴンドラで少しでも高いところへ。
嬉しいことにどんどん天気が快復してきました。
少し下へ滑っていくと、まだ視界が悪くなってきました。
高いところで暫く滑ることに。
今年は雪の災害もあって、自然を侮ってはいけませんが、雪山を眺めるだけでも清々しい気持ちになれます。
自然は怖いけれど、本当に美しいです。




Pilayと言う麓のカフェでエネルギー充電。
スキーは本当に体力を使うので、食事も美味しくいただけます。
欧米人スキーヤーも多いせいか欧米サイズです。
でもペロッと胃の中へ (*^_^*)



カフェから眺める景色も絶景です。
雲行きが直ぐに変わります。
見えなかった山肌が見えてきました。




さあフルコース3日目です。これが限界でした (*^_^*)
何となく、シェフも分かってのことかこってり感を排除した料理内容でした。
飴色に炒めたオニオンスープが優しく美味しかったです。



スキーの後は美肌効果の高い温泉に浸かって夕食ですが、ここ2~3日で温泉の効果なのか肌がすべすべになりました。
スキー焼けもするし、疲労も溜まるので温泉は本当に有り難いです。
お陰様でお肌にも疲労回復にも抜群でした (^_-)!



信州サーモンのグリル。美味しかったです(^_^)v


最終日にも和牛のグリル。ブルーベリーソースが絶品でした



肉料理のソースに併せて特別に出してくれたイタリアの
AMAROME(アマローネ)というワイン。。。。
最高!でした。香りも味も色もバッチリ!!!!
一層料理を引き立ててくれました。
このワインに引き合わせてくれたスタッフ笠原さんに感謝!



質のよい脂なので後味が良いです。
でも今回は食べ過ぎですね (*^_^*)



紅茶のムース。
料理もさることながら、この3日間デザートも育種も楽しめました




今年は豪雪でスキーを楽しむのは複雑な心境でしたが、スキーブームが去り、スキー場は平日は特にガラガラで貸し切り状態。土日でもそれほどリフトで混雑することもありません。
動いているリフトを見ると殆どスキーヤーがいないので燃料の無駄になっていると心配してしまいます。
何とか海外からのスキーヤーがいるので保っている状況です。
個人的に「面倒くさい、寒い、痛い」でスキーは興味がなかったのですが、全くその辛さは消えました。
若い人がスキーをするにはまだまだ経済的に厳しいスポーツですね。
もっと容易に楽しめるよう、スキー場の関係者で工夫していかなければ厳しいと感じました。

~こぼれ話~

今回の夕食のプランにはグラスワインが1杯サービスで付いていました。
グラスワインのオーストラリアのワインもとても美味しかったのですが、husが「他にオススメのものがあれば・・」と(グラスは決まっているのに??厚かましいわ(^_^;))、すかさず、「はい、オススメがありますよ。」と即対応して下さいました。
勿論、別会計と思っていましたが、全てサービスしてくれていたんです。
ワインが好きなようなのでと特別に計らって下さいましたが、
そのワインがあまりにも美味しかったので、後で調べてみると何と!グランクラス以上の価格でした・・・
料理とワインを美味しく味わって欲しいという真心を感じました。本当に感謝でいっぱいで思いがけないステキなスキーステイになりました。

明石大橋2011/04/19

ホテルセトレさんに久々に出かけたいと思っていたところに、イタリアンでサービングしてくれたスタッフのNさんが退職するというメールが届きました。
とても好感の持てる対応でホスピタリティーに溢れたNさんが辞めてしまうのは残念。
折角のなので彼女の退職前に会いに行こうと出かけました。
明石大橋の絶景を拝めるイタリアン

この日は寒気が近づき、生憎の雨でしたが、淡路島が見渡せ、一時晴れてきました。




毎回厳選した素材を使って創意工夫した料理が味わえます
全体的に優しい味になっています
素材そのものを味わって欲しいというシェフの思いでしょうし、料理に対する自信の表れだと思います。
甘ささえ感じるミネラル豊富な岩塩が添えられていますので、好みで味わえるようにも配慮されています。



ここに来たら欠かせないのは地元の海の幸・・
ペスカトーレをチョイス



同じトマトベースでも明石だこのペンネアラビアータ
少しスパイシーなパスタで明石だこもとても柔らかく仕上がっていました



じっくり低温の油でグリルしたさわらのコンフィと下のドライトマトの酸味のバランスがGOODでした



ローズマリーで香りつけされた豚のフィレ肉のグリルとマスカルポーネチーズのソースの相性も流石でした
付け合わせも有機野菜です


春のシンフォニーを思わせるデザートの盛り合わせ♪



対応してくれたNさんは今日が最後だと、セトレさんのスタッフ、先輩方とのお別れがとても悲しいとお話ししていました。
とても幸せな職場であったそうです。
心温かい人間関係であるからこそ、若いスタッフものびのびと余裕持ってお客に対応しているのだと感じました。
私も個人的にNさんに最後に会えて本当に良かったと思いました。

~My favorite ~

ホテルセトレ
ミア アルベルゴ

http://www.hotelsetre.com/html/rest.html