ANA Wonder Fly2021/03/05


WonderFLY CROWDFUNDING

微力ながら支援になるならと先ずはこちらの新商品をGETしました!
乾燥する季節に!
ANAのCAとあのマンダムがコラボした新商品です。
早速にその商品が来ました(#^.^#)
香りも優しく繊細で夢心地~♪

Wonder FLYの詳細は↓







マスクをしてから気づいたことですが、ファンデーションは必要なかったと・・・もうずっと使ってません。
美容液の入った日焼け止めとベースクリームだけで十分です。
乾燥する日にはAM4をシュッとひと吹き~!(^^)!

春一番とともに~2021/03/02

今日は人生の節目を飾る日・・・
昨日は東風(こち)心地よい風が吹き穏やかなお天気でしたが、

記念すべき日に何と3年ぶりの春一番が吹きましたあ~

風だけにこれは良いことだと個人的に感じています!(^^)!
しかし朝起きると窓に紅葉が張り付いていました。季節外れですが、、
よほど強風だったのかと窺えます。



そして、ピンポーンと宅配が・・・
大きな箱・・・

母からでした(#^.^#)

開けた瞬間ヴィヴァルディの四季が~♪








春のお花満載でしたあ~♡♡

母曰く、以前は鉢物の胡蝶蘭を考えたけど、鉢の育て方が苦手な私にはアレンジが良いと思ったそうです。
いずれにしても感謝でございます!!
そして「生んでくれてありがとうね、ママ」と心で囁きました(#^.^#)


桃の節句も相まって、可愛いお花のセットがあったので前日に生けてみました。

チューリップ以外は蕾でしたが、艶やかに菖蒲が花開き、予想もしていなかった菜の花の葉っぱだけだとおもっていましたら、黄色のお花がひょっこり。

自宅内でも十分に春爛漫になりとても幸せな気分に♪

生命の美しさを感じた瞬間でした!








ベランダに出ると風も収まり、雨が上がって空の雲の流れに暫くは見入っていました。。。
新たな自分の一歩に手を合わせました!(^^)!

そして、ありがとう!と感謝でいっぱいに…




おじいさんのブランデーとValentine's Day2021/02/16

出逢ってからもう随分長~~~いお付き合い
当初はワインセラーコンサートや畑見学まで余裕があったあの頃が本当に懐かしいほど~
完全にメディアをシャットアウト、宣伝もなくてもここのワイナリーのワインを欲する根強いファンがいます。
私もその一人ですが、毎回素晴らしいワインに感動しながら飲んでいます♪
昨夜も白を飲んでいましたが、我が家のセラーにはいつも入っています(#^.^#)

今はお忙しいようでお目にかかれる機会が中々ありませんが、私が彼のワインに出逢った頃は既にグルメな方々から注目されていました。今や日本国内のみならず海外からも高く評価される超一流のワイナリー、個人的には国内No1と言っても過言ではありません。
でもワイン生産者は至って当時と変わらず、粛々と頑固にワインを造られています。また昔からのお付き合いのある小売店さんを大切にされ、愛飲家の私たちにも変わらず安心安全で美味しいワインを提供してくださる!価格も抑えておられます。
いろんな意味で信頼できる醸造家ですが、私が長年飲み続けている理由です。
こちらのワイナリーへ先日スキーの帰りに寄ってきました。
それはまた次の話しで。

昨年末、ワイナリーの家宝とも言うべき「おじいさんのブランデー」が送られてきました。
度数は40度なので飲めるのか?私???
美しい透き通ったブランデーは樽熟成していないのでフランスでは
Eau de Vieと言います。
「生命の水」という意味ですが、正にその意味の通り!






現オーナーらしいお話に苦笑しながら読みました。
でも彼の拘りや考えはお祖父さま譲りなのだと思いました。

度数が高いものの何て!フルーティーなブランデーなのかと驚きましたあ~

ブランデーの概念が一変しました!
素晴らしくフルーティーで優しい~



一点の曇りもなく透明度がクリア~
おじいさんのものづくりに対する心がしっかり反映されています~


これは同じく何年も前に買ったカルバドス、リンゴのブランデーですが更に琥珀色に熟成していました♡



恒例のチョコレートがやってきました♡
友人や知人からもいただきました!
懐かしの洞爺ウィンザーホテルのはスペシャルヴァージョンなんだとか!




チョコレートはテオブロマといって、正に神からの贈り物で幸せな気分にさせてくれる魔法の食べ物ですね。
おじいさんのブランデーと更に深く五感に浸透していきます…
天国のおじいさんに感謝でございます(#^.^#)

あなたのマスクは大丈夫ですか?2021/02/04

マスク…もう一度原点に…
米国のCDCでも既にマスクの素材や付け方に警鐘を鳴らしています。
米国の場合は強烈な変異ウィルスに対策する上でマスクを二重にということですが、とにかくウィルスから防御するに足りるマスクが必須だということなのです。
確かインフルや花粉症に最適なマスクは細かい粒子を通さない不織布マスクでした。
コロナ勃発後は、マスク不足でその場凌ぎであらゆる素材のマスクが出てきました。多分、それからマスクの概念が変わってしまった様に…
本当に飛沫を出さない、吸い込まないマスクの素材は何か?今は冷静にに考えられます。
以前から指摘されていたものの、中々理解されない現状に改めて実験をして結果が公表されました。


以上の結果に素直に納得しました。
飲食店に行く事や移動に問題があるのではなく、個々人が正しいマスクの装着、三密、手洗うがい、換気を遵守することだと思います。今は黙食も!
第一波の時に「マスク、手洗うがい、三密、換気を守ればコロナに感染しないから大丈夫!」と最も信頼できる眼科医師の友人の言葉が全てだと改めて思います。
彼女の医院には老若男女問わずたくさんの患者さんがいらっしゃいますが、もちろんお元気で開業されていますし、クラスターも起きていません。
事実、一番恐れられていた歯科医院でのクラスターの報告がありません。通院する人、出入りする医院関係者の一人一人が第一波からのルールに則って安全を確保されていることが明確にわかりますね。

半面、大病院での防疫は本当に大変だったとお察しします。





私はほぼ不織布マスクに頼っていますが、

今お気に入りのマスクはこちら↓




デパートで見つけたときはサイズMを選ぶと店員さんがSサイズの方が良いと勧められましたが、Mにしてしまいました。
店員さんのお勧め通り大きすぎたので(>_<)、次回はSサイズで。


ハイドロ銀チタンという抗菌力に優れたマスクで洗ってもその抗菌力が衰えないそうです。
気になる方は一度検索してくださいね!(^^)!

実際に花粉症に敏感な海老蔵さん推奨ということもあって、信頼して使っています。
既に高価なお洒落マスクをお持ちの方は、不織布マスクのカバーとして楽しめばよいと思います(#^.^#)
マスクの第一の目的は防御ですから、先ずは自分の健康に着眼して考えるといいですね。

Hah~
今日はお天気が良いので散策。
散策中はマスクを外しています。





最近はゆっくり起床が続いていて、ブランチが多いので、
軽くプチランチでいつものcafeへ(#^.^#)
自己流のライフスタイルが定着すれば体も心も健康でいられます♪

何気ないことが本当に有難く思える1日に感謝感謝~♪

Love letter ~時を超えて~2021/01/30

昨年から少しずつトランクルームを整理し始めました
箱のまま置いている物は要らないものですから
いわゆる断捨離ですが

とても懐かしい物が出てきたり、一瞬にしてその頃の自分に起きた出来事を思い出します(#^.^#)

整理していると一枚の手紙?
英語でギッシリ書かれた筆記体の文字?


その手紙には記憶はないのですが、差出人の名前は記憶しています。
機上で出会ったオーストラリア人。彼は欧州産の車のメーカーで日本から招致を受け出張で日本に。
体格はよく180cm以上、瞳も髪も優しい茶色の素敵な男性でした(#^.^#)
お話するととても親近感を感じ不思議なご縁もありで、滞在中に是非一緒にとお食事の招待を受けました。

どちらかというと警戒心の強い性分だった私が素直に受けたのも不思議なほど自然体で、、、そんな出逢いって私の人生では本当に数えるほど。だからとてもよく記憶しています。
約束した日、彼の滞在先へ向かいました。実は彼の滞在していた宿泊先は私の自宅からとても近く、幼少期に頻繁に訪れていた想い出の詰まったホテルでもありました。本当に偶然!
到着するや否や、彼が現れました。全く問題がなかったのですが、「君がお洒落をしているのに僕はカジュアルだね。ちょっと待ってて」と・・・?!
するとsuper-manのように物凄い早変わりでスーツをビシッと決めて再び現れたんです笑(#^.^#)
とても紳士でユニークで素敵な人♡
うちは学生の時から社会人になっても両親から男性とのお付き合いに関してはとても古風で厳格だったので、この日のことはもちろん秘密に( ;∀;)

どんな話をしたのか?あまり思い出せませんが、英語を駆使しながら楽しいdinnerだったのはハッキリ憶えています。一緒に写真も(#^.^#)

実際に会ったのはこの日一度だけでした。

私はとても感覚人間なので時に大胆な行動をするようで笑
ご縁がある方かもしれない、と占ってみようと、相手に連絡もしないである日、オーストラリアに飛んだのでした。
若さゆえ何でも出来たんだと、今思うと本当に凄いチャレンジャーだと思いますが、何やってるの?と今思えば呆気にとられます(>_<)
結局、連絡できずに、、オーストラリアの一人旅に。
今はできないコアラちゃんの抱っこをさせてくれる動物園など観光尽くしにそれなりに満喫して日本へ帰国しました。
そんな苦くも笑ってしまえる想い出が蘇ってきますが、、、

手紙の内容を読むと、「もっと早くに連絡があればと悔やまれる・・」
「とても会いたかった!」と具体的にお仕事がない日やオーストラリアの良い季節を詳細に書いてあり、必ず連絡をしてくださいと、書かれていました。
きっと私がオーストラリアに行った後に手紙を送っていたと思うので、そのお返事だったのですね。その時代はメールなんてまだありませんでしたから。
確か、連絡が取れずに終わった筈でしたが、どうして今になってどこからともなく一枚の手紙がハラリと出てきたのか?
私の記憶が飛んでしまったのか?

確実に憶えているのはその方と撮った写真は処分したこと。。。

その頃、仕事を続けるか、両親からお見合いして結婚するように迫られていた時期だったので、あんな突発的な行動をしてしまったのかと振り返ります。

「運命は待っていても巡って来ない」「運命はさだめともいうので、何をしなくても決まっているもの」
過去にイタリアでお世話になった男性たちの話題が蘇ります。
双方が熱く持論を交わしていました( ;∀;)
自分から行動を起こしてこそ、運命が巡ってくるという話しも。
傍らで彼らの話に頷くもののまだ20歳そこそこの私には理解できずにいました。
彼からの手紙は今になって知ることになり、当時その手紙を読んでいたら私は成田からオーストラリアに再び飛んでいたのかな?
中森明菜ちゃんの「北ウィング」の曲が流れてきそうです笑
そういえばよく明菜ちゃんに似てるって言われたなあ~
どうでもいい話ですが(-_-;)

その手紙を当時読めなかったのも、運命だったのかも。
だけど恋愛の手前の出逢いだったので、お互いに傷つくこともなく素敵な想い出のひとつになりました♡

時々、懐かしい想い出に胸がキュンとすることがあります♡
辛くても悲しくても映画のような恋愛を経験できるって本当に素敵だと思います。数ではなく、どれだけ真剣に恋愛したかが大事だと思います(#^.^#)
そう量より質が大事なんですよ~♡
今の若い人にもSTORYがある素敵な恋愛をしてほしいものです!

~こぼれ話~
何とも情けない話なのですが…
オーストラリアに行く日、何と!大変なことが!
おバカな私はVISAなしで行けると勘違いしていて、当日に領事館で発行してもらうことに。
成田から東京へ向かいましたが、その日は都内も工事やら何やらで渋滞。発行してもらうや否や成田に戻るために為に成田エクスプレスを利用するのですが、全席指定?だったのですが、便出発に最短で間に合う時間帯が満席~~~!もうこの時点で飛行機に乗れません~!
でも諦めずに切符のボタンを叩き続けました。ないものはないのに笑
するとピコ~ンと1席空いたんです。グリーン車の席が空きました。
それで急いで飛び乗って落ち着くも、国際線の搭乗開始時間にはとても厳しい状況に気付くのでした。イミグレもありますし。
あ~出発時間が遅れるなんてあり得ないけど、ちょっと願ってしまいました。
成田に到着して猛ダッシュ!頭の中は不安でいっぱいでした。
カウンターに到着すると・・
「お客様、前便到着遅れで30分遅れの出発時刻に変更されました・・」
ず~っと朝から走り続けて無事に機上の人となった瞬間、気を失うように爆睡したのでした。