かけがえのない場所と一期一会 Vol.12021/01/23

またいつか・・・
私の大嫌いな言葉です。
特に昨年から勃発したコロナによってその言葉が一段と無責任な言葉だと思いました。
行きたい!やりたい!会いたい!と思ったときに行動をする。
それが私の生き方のひとつでもあります。
多分、私が尊敬する先人の方々の生き方から学び、私はどう生きるのかを学習できたのだと思います。
何にも頼らず惑わされず、自分の感覚を信じ行動する…
私の人生の中に欠かせないもののひとつ、それは「旅すること」
先日、訪問した懇意にしている施設で支配人の方とお話しした時に放った言葉ですが、
「旅は私の人生そのものであり、生活の延長でもあります。」と。
それで今の長年懇意にしている施設に落ち着きました。
多分、一般世間との考え方にズレがある、かなりあるのかもしれませんが、コロナ禍だから動かない、行かないというのは私の考えには全くありません。もちろん施設のほうが休業されるのであれば仕方ありませんが笑
とにかくコロナであれ、コロナがなくてもこれまでと変わりません。
コロナだから他人への思いやりを、ではなく日頃からの思いやりの心があればそんなことは必要ないのです。インフルエンザでも新種のコロナでも他人にうつしてはいけないのは同じですから。
個人的には何も変わらないのです。
食事は味わうためにあるのですから、大声で喋ったり騒ぐなんてことはありません。それから団体が集中するような施設は選びません。

特にインバウンドの利益ばかり追従してきた店やレストランにはいきません。

何となくコロナ禍で騒がれていることはずっと以前から当たり前のことであったのに・・・と疑問を感じることも・・・
これは過去、お気に入りの施設がありましたが、いつか中国からの団体旅行客が押し寄せて、お風呂場も最悪の状況に陥っている光景をみてから、施設を慎重に選ぶことにしました。
そして今、いくつかリピートする施設で安定した旅に至っています。
共通していることは自然と共存していて、開放的な空間と他人客と接することはありません。
施設から特別なプランの案内がありましたので、今回はその企画を予約していました。
私の大好きな施設と密接関係にある地産地消、身土不二を基軸としたレストランのお料理と湯治は正にコロナに打ち勝つ「無病息災」為にかけがえのないものなのです。
最低限のルールを守り、正しく恐れることを忘れない、個々人の責任と行動で自分の生き方を大切にできるのだと思います。

幸せな時間を作るには自己で日頃から問題意識を持つことだと思います。世の中に流されるのではなく…


























大体、メインにくるとどんなに美味しい豪華なお料理でも「お腹いっぱいで苦しい~」というようになりますが、
「あ~最後まで美味しい~!」と本当に味わい深く大満足のフィニッシュになります(#^^#)
特に最後のベジョータは最高に美味しかった!
またひとつ記憶に遺るひと皿になりました(合掌)





彼の料理にで逢ってもう18年?
いつも感動と温かさを感じるお料理に感謝でございます💛


先週は大雪だったそうですが、この日はちらほらと雪が舞いました。
スタッフの方が傘を差して待ってくださいました。



ホテルの送迎まで至れり尽くせり🚙
夜の寒空を歩くことなく(#^^#)



朝は爽快感のある風景に (♡♡)
次は恒例のいつものあの場所へ…

緊急事態宣言と医師会2021/01/13

ここへきて感染者数が増えていますが、PCR検査が増えたことと季節性の因果関係があると思っています。
既に第一波で感染者数が無症状を含め数えきれない人がいたと思います。
素人でも分かることですが、何故、医師会はもっと早くにひっ迫する前に昨年、手を打たなかったのでしょう?

昨年は世界中の医療のひっ迫した映像が何度も流れました。

対岸の火事だと思っていた甘さではないでしょうか?
政府は医療の現場なんて全く把握していません。
現場で従事されている医師や看護師は強く第二波の頃にも訴えていました。
感染爆発してから医師会が会見に出てきてもあまりにも遅い対応だと思います。なりふり構わずに会見で発してほしかったですね。
医師会の先生がひっ迫している病棟に従事していたら、今頃会見でクールなお願いができるでしょうか?
あのドイツのメルケル首相も初めて感情的になり、強く国民に訴えたシーンは今もはっきりと。

本当に医療崩壊を食い止めるなら、昨年の内に手を打っておくことが大事だったと思います。
政府が何と言おうとも全国医師会で何か行動を起こせたと思います。
同時に飲食店を経営する方々もある程度の組合や自治体で話し合って、共通のルールを作って盾にできたのではないかと思います。
落ち着いた第二波の後こそ、対策が必要でしたね。

今、曖昧な緊急事態宣言の内容で振り回されている方もいますが、

先の投稿記事に挙げたように、コロナで学ぶべきことは「自己責任でどう行動すべきか?」を考える時期にきたと思っています。
飲食に時短をお願いしながら、外出自粛など矛盾だらけですが、政府はもう個々人の責任でやってくださいと匙を投げています。
それから、コロナのウィルス自体は残念ながらしばらくはなくなりません。あるいは完全にはなくならないのです。
その現実を知って、自分はどう生き抜くかを考え生きるほかないと思っています。
緊急事態宣言が出されても、飲食も観光も本当にひっ迫していますので、個々人では気を付けながら可能な限り応援してあげられるといいですね。
私は自由に行動していますが、最低限のルールは守っています。
実家にさえ、行かずに、繁華街も避け、他人さまとの逢瀬も控えるなど徹底してきました。
Withコロナでの生活とは?それを実践しているだけです。
緊急事態宣言を出すのは、最低限のルール(マナー)を守らない人がいるためなのです。

さて、第三波の一番の要因は昨年、12月のイベントや会食をした人が多かった為だと明かされました。
意外と若い人ではなく、中年以上の情けないおじさん、おばさんの行動が目立ちました。
いわゆるルールを守らない、マナーが悪い人たちです。

マナーが悪いのは得てして子育ても終わった大人に多いのが事実ですが、情けないですね(>_<)
本当に恥じるべき愚かな大人たちにいつか天罰が下ると思います。
先日、成人の日に「こんな大変な時に成人式を開催してくれて感謝しています」と新成人の言葉にジ~ンとしました(TT)
一生に一度の卒業式も入学式も出来ずに、不平も言わずに過ごしてきた若い方々にはより明るい未来が来るように祈るばかりです…


白馬スキー場 SDGs2020/12/07

スキーシーズンがやってきました♪

昨シーズンはトリプルパンチを受けたスキー場ですが、積雪量が半端なく少なかったのは皆様の記憶にも新しいでしょう…

これは本当に温暖化の危機的状況だと言えます。
雪国ではない都会の人は感覚が特に麻痺していますが、CO2排出量が増えることで南極の生態系に悪影響を与えていること、生活苦にさせていることを知らなければなりません。
私も反省…

そう結局、人間が身勝手なんですよね。
ですから今のコロナは人類への罰の一つなのかなと思ってしまいます
(TT)まんざら嘘ではない話がたくさんあります。

さて、世界に誇る日本のスキー場、白馬八方尾根は私も愛してやまないスキー場ですが、昨年2019年にサステナビリティに取り組む宣言をして今年12月に早速に取り組み開始となりました。
2015年に日本ではSDGsを締結しているので本当は遅すぎるくらいだったのですが、
詳しくは↓



今年の積雪量は平年並みということですが、まだまだ心配ですね‥
コロナ第三波で深刻な世の中になっていますが
恒例のスキーは決行します。
スキー場は特に僅か2~3か月しか恩恵を受けることができない厳しいリゾート施設です。
日本のスキーヤーが減って、海外からのスキーヤーに頼らざるを得なかったのですが、もう国内の僅かなスキーヤーが利用しなければ!

ただこれまでは春スキー以外は電車を使ってスキー場に行っていましたが、初めて車で

行動の仕方を気を付ければ良いのですが、やはり傍若無人な人がいるのは確かで・・・コロナ感染者数に影響を与えている人がいるのは本当に残念です。
用心に用心を重ねて移動は車で

そのためにスノータイヤに変えなければなりませんが、スポーツカー使用のタイヤで大きさも違っているので、ホイールを完全に交換。

コロナがなければスノータイヤまで考えることもなかったかと笑
これもある種良い経験になりました。




シーズンものといえども純正の正規品に拘ります。




これくらいの雪が積もるのは年末からだと思いますが、間もなく白馬へ~
八方温泉は日本でも一番と言われる泉質なので、美肌と美髪と免疫力を高めるためにスキーよりも湯治に(#^^#)




軽井沢 Vol.6 私のお気に入りグルメ12020/11/02

ゴルフは大体スルーで休憩なしでしますが、休憩があってその施設でランチするのは私にとっては拷問なのです(>_<)
食事は私にとって生きることと同じくらい大切なもの。
北海道を除いて、どうしてあんなに不味い料理しかないのか?と思うほどなんです。ゴルフクラブ施設の中の食事・・・
往々にしてスキー場も同じくなのですが、辛うじて美味しい食事が約束されているゲレンデを見つけたのでその施設がある場所をリピートしています。
遅めのランチになると夕食までの時間を考えるとちょうど理に適ったものがあります。



腸詰屋のこちらのサンド
パンも美味しいし、バリアンタというこのソーセージが気に入っています。
ハムやソーセージは何か異臭を感じ口に合うものが少なく殆ど食べる機会がありませんが、これは万人受けするものです。




さて夕食は様々なジャンルを楽しみますが、信州ならでは食材も豊富です。
こちらは滞在中に何度も食べたいと思う唯一無二の絶品カレーではなく、カレーソースというものです。
何度か紹介しているかもしれませんが、絶対に屋号は教えたくないほど私の中の1番のヒレカツカレーソースです!
お店のご主人は素晴らしい割烹の料理人なのですが、彼の拘りから生まれた洋風のメニューです。



ご主人のお母さまのぬか床もただものではないほど、美味しい!
全てが絶対味覚でいい塩梅となっている料理の原点はこの素朴なぬか床からしっかりと
本当に美味しいものをよくご存じなのですよね




滞在中に全メニュ(すっぽん以外笑)を食べたいのですが、1か月滞在しないと出来ません笑

軽井沢のお気に入りのお店が他にもありますが、お休みもあるので計算して事前予約を取りませんと、、
特にコロナで制限もされているので・・・

翌日もこちらのお店で

最終日の帰る日のランチはまたカレーソースをいただきました笑

翌日の夕食メニューは・・・


突き出しから


ちょうど信州で滅多に出ない松茸に~~~(#^.^#)
不作とか豊作とかニュースで一転二転していましたが、地元界隈の路地ものを見るとかなり高額に跳ね上がっていました
こちらでは最高の素材なのに、惜しみなく適正価格より安く提供してくださるんです~
なのでここであやかれてラッキーでした。
しかもご主人のお出汁は高級料亭の味そのものですから~
お父様は銀座の名店でご活躍されたようですが、「絶対に素材をケチってはいけない。料理人は計算してはいけない。」との教えを引き継いでおられます。
本当に今どき、なかなかそんな名料理人には会えません。




いつも何か新鮮なお魚や滅多に出てこないものも時々であります。
今回はめばるの煮つけでした




京鴨の塩焼き
鴨もそれほど得意ではなりませんが、私のご近所の鴨だけは別格
やはりご主人のも別格で本当に美味しかったです!

まだグルメは続きます~

軽井沢 Vol.2浅間富士2020/11/01

いつもよりは少しシーズン遅れの軽井沢になりましたが、、、
素晴らしいギフトがありました(#^.^#)

軽井沢町に近づく頃に見えてくる浅間山
週間予報には雨マークもありましたが、今年は特に軽井沢(東京も多かった)は降水量が多かった年に・・・
何とか1日だけの雨で無事にお天気には恵まれました(#^.^#)

それにしても秋の雲は本当にアートフルで見てて飽きません♪
来る途中も美しい一足早い紅葉を愛でることもできました💛






山頂に雲?いえ、雪でした。
3週間も早い初冠雪の日に到着したんです~
20数年通っていますが、浅間富士は初めてでしたが、趣きあって美しい~





何だか今年2020年は初めて経験することが多くて、新鮮で感動する機会に恵まれています。
こうしたことから、コロナを切っ掛けに新たな世界が広がる、、、と私は感じています。それぞれの考え方次第です。
悪く不安めいた話をしていればそうなるだろし、いつも前向きに物事を捉えられると良い方向に進むのだと思います。
少なとくも昨日今日のことではなく、幼少期からその気持ちを持ち続てきましたから、それが真実あるかどうかを今はハッキリと言えます!
それでも人間は弱い生き物です。
だから私はこうして大自然の恩恵でエネルギーをチャージできているのだと思います。
人間は自然の一部ですから~