OLD香港2021/03/04

まだ祝いの席は続きます(#^.^#)
春一番が去って雨も上がり、お出かけの時間に~
先日のフレンチのシェフから教えていただいたとっておきの中華料理店へ行ってみることに。
何ととてもとてもご近所のお店だったのです~

灯台下暗しとは正にこのこと
私の界隈は完全なる住宅街ですが、一時はグルメな人々を唸らせる名中華料理店が邸宅跡地にあったとか・・・
よほどの味でなければ長続きできない難しい場所です。住民は結構お厳しいですからね~
財閥系の方や大企業の創始者も多く住んでおられます。
いつの間にかミシュランシェフで本場香港から日本に(随分前に)来たというオーナーで料理長。
私が幼いころ親しんだ有名な中華料理店にもいらっしゃたそうですが、独立されたそうです。
いつか食べた懐かしいアレ?も出てきて興奮するほど感激でした。


冬限定のコースメニューをお願いしました。







ふかひれも最後まで熱々で最高に美味しかった!



貴重な魚。クエの蒸し物。味付けが滅茶滅茶お気に入りっ♡



上海ガニのおこげとチャーハン
おこげもご飯の量も適量で味も本当に最高です!



そう!マンゴープリン!懐かしのフルーティーでプルンとしたマンゴープリンは本当に久しぶりで感動しました。
熱々のクリームマンとゴマ団子も大好物(#^.^#)



ゴマ団子は一般的には黒餡ですが、黒ゴマでダブルでセサミンパワー全開でしたあ~

本当は軽くのつもりでしたが、コースのメニューの内容にそそられしっかり堪能することに。
でも裏切られずに本当に美味しく、どこか懐かしく、また本場香港の料理を思い出すほどでした。
これからリピート間違いなし!

そして、まだお祝いの席は続きます~~~~笑

伝説のフレンチ2021/03/03

2月3月はお祝い事が重なり、グルメ月間になります!(^^)!

昨年、徒歩圏内にある大好きなビブグルマンのフレンチのお店が移転され新たに出店開業されました。
遅まきながらお店のお祝いと私のお祝いを兼ねて行って参りました。

新たなお店のコンセプトは「お寿司屋さんのように出来立てを出す」という対面型のスタイル。
お店に到着すると、以前のお店のイメージはそのまま。
扉を押すとまだ開けてない???と
でも玄関燈がついているので・・・そう押してダメなら引いてみる笑

ス~っと扉がスライドしましたあ~笑笑

お店に入るや否や、木の温もりを感じる森の中に入ったような空気感に包まれました♡
L字型のカウンターで8席ほどの店内は解放感もあって、今の時世にも合っています。
以前のお店も元々、距離感があって問題はありませんでしたが、今回はリニューアルか移転か悩んでいた時に偶然の出会いがあって今のお店に至ったとか。

さて、お料理ですが、完全コース料理になりますが、カウンター越しにシェフが正にお寿司屋さんの様に手際よくお料理を出してくれます。
ワクワクドキドキ感で幸福至福の時間でした(#^.^#)








シェフがおひとりでも対応できるように様々な工夫がされています。
スタッフがいるときもあるそうですが、今回はシェフ自ら対応していただきました。






ウニと玉ねぎのムース



本マグロの中トロのタルタル


太刀魚と有機野菜など根野菜


大きな蛤と玉ねぎのフラン


タラの白子と里芋と黒トリュフソース



淡路牛




シェフは伝説のジャンムーランを継承するおひとりです。
数えきれない素晴らしいお料理が世の中にはたくさんあります。
日本はとりわけ料理の質が高く洗練されているので本当に競争が激しいと思います。
どんなシェフに、どんなお料理に出逢うかは自分の感覚の赴くままだと思っています。
証拠に私が長年愛してやまない料理、シェフとはいろんな偶然がありました。
こちらのシェフとは今回初めてたっぷりお話ができたのですが、以前もその話題に触れたことがありました。
彼が最初に従事していた旧大阪ロイヤルホテルは私が親から嘆願されてよくお見合いに利用していたホテルです。後にそのホテルで式を挙げるのですが(*'▽')
関西で一番といわれたロイヤルホテルは素晴らしいホテルでした。
シェフはそのホテルで従事されていた後、ジャンムーランで腕を磨き、その後、渡仏されミシュラン店を転々と。
彼が修行された店のひとつであるボーヌのミシュラン店は私が行ったお店でもあり、偶然が重なりました。
ご縁というものもありますが、嗜好が似ているのかもしれません。価値観であったり感性が同じだと必然的に繋がっていくものだと感じました。
それは他のことでも同じことが言えると思いました。
ちなみにこちらには某酒造会社の会長や旧ロイヤルホテルの料理長が今でも食べにいらっしゃるそうです。
進化していく数多のフレンチ店の中でどこか懐かしさと素材や品質の高さが折り重なった貴重なフレンチ店です。


方々行動範囲が広いため(汗)
それほど伺えなかったのですが、過分なおもてなしをいただき感謝でいっぱいになりました。感謝でございます。


次回は二人の姪のお祝いに連れて行ってあげたいと思っています♪




お店を出て少し歩くと本当に久しぶりの風景に…

春一番とともに~2021/03/02

今日は人生の節目を飾る日・・・
昨日は東風(こち)心地よい風が吹き穏やかなお天気でしたが、

記念すべき日に何と3年ぶりの春一番が吹きましたあ~

風だけにこれは良いことだと個人的に感じています!(^^)!
しかし朝起きると窓に紅葉が張り付いていました。季節外れですが、、
よほど強風だったのかと窺えます。



そして、ピンポーンと宅配が・・・
大きな箱・・・

母からでした(#^.^#)

開けた瞬間ヴィヴァルディの四季が~♪








春のお花満載でしたあ~♡♡

母曰く、以前は鉢物の胡蝶蘭を考えたけど、鉢の育て方が苦手な私にはアレンジが良いと思ったそうです。
いずれにしても感謝でございます!!
そして「生んでくれてありがとうね、ママ」と心で囁きました(#^.^#)


桃の節句も相まって、可愛いお花のセットがあったので前日に生けてみました。

チューリップ以外は蕾でしたが、艶やかに菖蒲が花開き、予想もしていなかった菜の花の葉っぱだけだとおもっていましたら、黄色のお花がひょっこり。

自宅内でも十分に春爛漫になりとても幸せな気分に♪

生命の美しさを感じた瞬間でした!








ベランダに出ると風も収まり、雨が上がって空の雲の流れに暫くは見入っていました。。。
新たな自分の一歩に手を合わせました!(^^)!

そして、ありがとう!と感謝でいっぱいに…




大坂なおみちゃんおめでとう~!!!2021/02/23

もうテニスファンにとっては最高の出来事でした!
大坂なおみちゃん、本当に最高のテニスプレイヤーです。
貫禄さえ感じる堂々たる彼女のプレーを見ていて本当に興奮しました!
特にグランドスラムが続くと、WOWOWから目が離せなくなります。
全豪は時差がないので良かったのですが、全仏や全米、ウィンブルドンになると大変です笑

これからは夜人間が続きそうです~

さて、今回の全豪の優勝はもう早々と私には分かっていました。
いつもは私たちをハラハラドキドキさせらるおみちゃんですが、、、

何回戦だったか、、、?
コートに何と綺麗なオレンジ色の蝶が~~
しかもなおみちゃんの体に向かって執拗に!
蝶にはスピリチュアルがあると以前、話したことがありますが、私もよく蝶が迷い込んできたり、正面から顔に目掛けてきたりと経験があります。
ゴルフボールに止まったこともあり、「これはもしかしてバーディーなんか出たりして?」と
本当に直後、物凄いミラクルショットだったのです!

写真は以前の投稿でアップしましたが、探すの面倒なので(汗)

例えば南米やアマゾンではたくさんの蝶蝶が飛んでいるので、人に止まっても慣れているので珍しいことはありません。
しかし、都会で広いテニスコートでなおみちゃんに向かっていった蝶は明らかに勝利の女神の使いだと思いました。
「これはなおみちゃんの優勝が決まったわね」と思いました。
何より、彼女は本当に天使のような純粋な心を持った人です。
スーパーヒロインがテニスの世界で誕生したことが個人的にもとても嬉しいです。
日本国内でも益々、テニスファンが増えると思います。
彼女には確かに日本の血が流れていますからね(#^.^#)





これからも応援していきます!

私のOnly one2021/02/17



スキー合宿?5日間を無事終え、とっても久しぶりの場所へ

小布施町
出逢ってそろそろ20年目になるかも・・・
ロマネコンティに負けないくらいのグレードだと私は思っています。
サンシミ、無農薬で徹底管理されたワインを求めて・・・

先ずはランチに
以前、何度も来た和食割烹店。

古民家を移築した素晴らしい建物ですが、ななつ星をデザインされた方が監修されたそうです。













懐石割烹のお店ですが、今の時世で当日だったのでこちらのメニュー

菜花の辛子おひたしから



信州ポークのとんかつセットです。
凄くお腹が空いていたのですが、分厚いカツにもうお腹がパンパンに笑



デザートは小布施栗の餡とアイスクリーム
栗好きにはたまらない
そう小布施町は栗の街なのです!
しっかりこの後もお茶を・・・
お目当てのモンブランを求めて・・・





残念ながら早めのオーダーストップで終わっていました(涙)
次回、近いうちにリベンジします!

でももうひとつ人気のカフェへ
いつも気になっていましたが素通りしてました。






折角なので小布施堂でお菓子を買って帰ることに。
本店にしかないこちらのお菓子は栗ですが、栗羊羹でもなく栗そのものを固めたお菓子だとか。。。試してみることにまだどんな味なのか分かりませんが、また改めて。


さてメインのワイナリーへ




立派になっていると伺っていましたが・・・
長年愛飲してきたワイナリーが成長を続けていることに嬉しく思います!(^^)!
随分前は内部の写真OKでしたが、今は写真はNGです。
とにかくワインに情熱とエネルギーを注いでおられます。
こちらのワイナリーと同じころに出会った某旅館さんも益々成長され日本屈指の施設のひとつになっています。
個人的に応援してきたものがコロナなんて関係なく健全に継続されて存在していることがとても喜ばしいですね♪
その裏にはやはり人の心や精神や価値観が影響していると思います。
とにかくずっと信じて応援してきて良かった!と思う今日この頃です(#^.^#)