パリの風景2019/07/11

姉から引っ越しのお祝いにもらった絵がご縁ですが
ギャラリストだった姉の先輩で、今も親友としてお付き合いされているMさま
姉と展示会に寄せて戴いたときに初めてお目にかかりました。
軽井沢にもギャラリーがあって、一昨年前に軽井沢でもお目にかかりました。

そのときに、出逢ったセイハシモトさんの絵・・・・
私が好きなパリの風景、、、日常的に見るパリの本当の姿がそこに描かれていました。
観光客が見るパリではなく、どこかに懐かしさが残る自分だけが経験した場所やシーンの情景・・・

「彼が描くパリは観光客目線ではなく、パリを知っている人の目線で描く本当のパリですね~」と呟きましたら。
Mさんから
「Yさん(私)と同じことを言った方がいるんですよ~」と・・・?
その方こそ、日本のシャンソンの女王、石井好子さんでした
残念ながら、彼女は既に他界されていますが、シャンソンに詳しくなくても、世代が違ってもとても有名で偉大な歌手です。
Mさんが、奥から石井好子さんの著書を持ってこられました。
装丁がセイハシモトさんでした。
石井好子さんは、彼の絵を見て、石井さんの想うパリらしさが描かれていたと称賛され、選ばれたそうですが、私もこの絵を拝見して更にパリに相応しい哀愁をジンジン感じ取れました。
著書の「私は私」の通り、内容は石井好子さんがシャンソン歌手になるまでの自叙伝ですが、古き良きパリの物語があまりにも刺激的で、その時代にワープ出来る素敵なSTORYなのです。
この本を読んで、どれほど昔のパリの時代に飛びたい!と想ったことでしょう・・・
どんなに文明が発達して、便利になっても、人間模様にドラマがない今の世の中。
機械的で外見ばかりを問う時代がちっぽけで安っぽさを感じてしまいます・・・・
自叙伝を読んだり、史実に基づいた映画やドラマを見て感じる事は、やはりSTORYがあまりにも美しく、信念やその人物像に共感できることが多いのです。





ようやく、展示会の日程にタイミングが合って出かけました
とても品格を感じる紳士ですが、謙虚で気さくで軽快なトークを愉しむことが出来ました。
そして、念願の彼の描くパリをたくさん拝見することが出来ました。
どの絵も素敵ですが、やはりパステル画が先生の真骨頂!
大好きな夕焼け・・・
パリで見たあの日の夕焼けの色を想い出させてくれる作品に魅入りました・・・
いつもパリの景色と共にということで、お気に入りの作品を選びました❤
先生のアトリエからドアを開けた所から見える夕焼けだそうです。
その日の夕焼けは正に一期一会だったでしょうね・・・・



サインもしっかり頂戴しました


先生のパリの庭付きのアパルトマン
素敵ですね~
いつか遊びに行きたいです~~~♪

さあ~パリへいつ旅立ちましょうか・・・?


森の中の邸宅2018/08/04

ブログ更新するのが遅くなりました
穏やかなブルゴーニュだったはずなのに、とてもつまらない嫌なお話しで終わってました(^_^;)

あまりの暑さに避暑地へ避難しておりました。
序でに満点星を観るために遠出して標高の高い所にも籠もっておりました

こうも異常な暑さになると蟄居するか、逆に向きになって「かかってきなさい~!」
と言わんばかりに暑さに対抗して涼しい顔をして出かけます・・・・がやはり帰りの緩やかな登り坂になると・・・・トホホホ(T_T)
もう無理しないで車で(笑)

6月あのブルゴーニュの森の中で過ごした時間が今はとても恋しい・・・

開かずの魔のアパルトマンから一転して滞在に選んだこちらのホテル

此処は初めてブルゴーニュを訪れたときに京都出身のエージェントさんY氏が準備してくれたホテルでした。
そのときは晩秋で肌寒い時でした。
その時のお部屋も素敵で広かったですが、今回もスイートランクのお部屋をチョイス

英国人ご夫婦が経営されていた記憶がありましたが、今も変わってないそう
建物はクラシックですが、使い勝手はよく清潔で言うことなしのホテルでした。

素晴らしいのは朝食。仕切っているおばさんも凄く手際がよく、サービス満点でした。

朝食の時、一人でいたときにアジア人らしき紳士から声を掛けられました。
日本とタイのハーフで国籍はフランス人でした。

ご実家のサントロペから自宅のパリまで長時間かかるので、経由地に宿泊されたそうです。
短い時間の中で連絡先を交換して、いつか彼の実家のサンレモでゴルフをしましょう、というお話しまで。時間があればパリで再会する約束も。
とても感じのよい紳士でした。




私が魔のアパルトマンから移動して、無事チェックインしたときに、ホッとしてレセプションの横の小さな絵に目がいき驚愕の瞬間
生命数「9」の文字がド~~ンと!
本当にこういうこと多いのです。スピリチュアルな出来事が!



小さなお子ちゃまやベビーも宿泊していて可愛かった
プールや、小さな公園もあって、どこか白馬のシエラに似てます









シャワーブースと中々広めのジャクジーまで
水回りはモダンでGOOD!




色々写真は撮りましたが、iPhoneからパソコンに移行するのが結構難儀で(^_^;)

とにかく、運良く素敵な森の中のホテルに滞在できた事は感謝ですね。

誰かが「そのアパルトマンには入ってはいけないよ!」と警告してくれたかもしれません~

鍵が入らないとか開かないとか回らないとか・・・
オーナーさんと同じく有り得ませんから~~

クワバラクワバラ・・・























旅行記 1 パリに到着2018/07/12

フランスのサクランボが最盛期を迎える頃、約ひと月あまりのフランス・イタリアの旅を決行

パリ==>ブルゴーニュ(ピュリニーモンラッシェ、ボーヌ)==>シャンパーニュ地方エペルネー
==>シャンティィ==>ローマ==>パリ

知人に車を出してもらって、フランス圏を800kmを縦断しました。

先ずはパリに到着~



今回は高級ブランド地区でもあるモンテーニュ通りがあるコンシェルジェ付きのアパルトマンに滞在

都心なのに緑が多く、静かで聴いたことがない美しい小鳥の透き通った鳴き声がジャルダン(庭園)に響きます♪

お部屋も広く、キッチン付き!残念だったのはやはり人気があるせいか、パリに戻ってくる時期には満室で別のアパルトマンに滞在予定。


窓の隙間風が爽やかです・・・




グランパレも直ぐ傍





滞在しているアパルトマンは初めてで方向音痴な私でもこの角を目印に
ジャスミンなのか良いお花の芳しい香りを頼りに(*^_^*)




偶然にアパルトマンを出た横にカソリック系の事務所が
しかもお会いする予定のPAPAの看板写真も!




この辺りはギャラリー通りというくらいたくさんの素敵なギャラリーが
日本のオーナーさんのギャラリーもいくつかありましたが、そう、ここにサザビーズオークション事務所がありました。

少し歩いて行くと凱旋門




あっという間にフォーブルサントノーレに到着




私のオアシス・・・
初めてパリに訪れたときから、此処は私の大切な場所・・・・・
どんなに時間がなくても此処だけは欠かしません



さてさて、ワクワクドキドキの旅の始まりです~~~