韓国で最高のご馳走~2020/05/19

先のブログで思い出した中国料理があります!

人は生きている中で最も記憶していることは「食」だと言われます。
また誰と食べたのか?ということも重要なことのひとつです。

最高の食事をするときには必ず大切な人と過ごすこと・・・・
かけがえのない瞬間ですね・・・

韓国へ行くたびに超VIPのマダムや、また友人や親せきからご馳走になりました。
皆舌が肥えているので、どのお料理も最高でした。

中でも韓国で一番ではなく、世界で一番と言われるほど有名な中華料理のレストランがあります。
それは新羅ホテルの八仙(パルサン)

今、このお話をしているだけでも直ぐに飛んでいきたくなるほど素晴らしい料理と空間・・・

初めてこのレストランに行ったのは父にとって実兄のような存在で元大臣を務めておられた先生の奥さまからご招待を受けてご馳走になりました。
親日家でよく日本に来られて家族ぐるみのお付き合いがありましたが、母を通り越して奥さまとはよくお話しする機会がありました(#^.^#)
奥さまは私と3周りも離れている同じ年女という正に「馬が合う」素敵なご婦人でした。
訪韓すると運転手付きの黒塗りのお車で一緒にあちらこちらとご案内してくださるほど可愛がっていただきました。
大きなお屋敷でお手伝いさんもいるご自宅での手料理も含め、いろんなお店でご馳走になりました。
彼女から教えてもらったコチュジャンも今や日本でも一番の人気ブランドですが、冷蔵庫には上備しています。

彼女からお勧めでご馳走になった中国料理ですが・・・

初めてじゃじゃ麵に出会いましたが、まだ全く知らなかったじゃじゃ麵はどちらかと言うと韓国庶民のB級グルメなのですが、最後の食事の〆にご飯ものか麺を選びますがご婦人曰く、じゃじゃ麵はおススメということで・・・
滅茶滅茶美味しい~~~~~~!
コースのふかひれやアワビももちろん最高ですが、最後のじゃじゃ麵に衝撃を受けてしまいましたあ~

それからというもの、韓国へ行く度にそのお料理をリピートしていました。
さて、次回は一体何時になるのでしょうか・・・

メニューの内容は以下の通りです









秋には韓国産の松茸




ここのふかひれは本当に最高!!!



大体いつも柿のある時季だったのか
デザートはサッパリと柿のスープです

一日も早く収束して彼女と再会を果たしたいと思います・・・
もうそんなに時間はないでしょうから・・・

パラサイト2020/02/19

昨年、話題の映画をいち早く観た超話題作!
「パラサイト」

韓国ドラマや映画は本当に奇想天外、でも結構実社会に基づいている題材も多く、格差社会のテーマが結構目立ちます。
中でも今日本でも話題になった「パラサイト」は韓国社会の光と闇を上手く描いて、社会問題として私達にメッセージを伝え、考えさせられる深い作品に仕上がっています。

既にカンヌ映画際でパルムドールを受賞していましたが、予測通りに
アカデミーでもダントツの受賞数で、外国語の映画として初の快挙!
監督賞か作品賞は予測していましたが、映画賞、脚本賞まで受賞して四冠に輝きましたあ~凄い!

海外の映画評論家の話しも事前に聞いていましたが、ほぼ満場一致の結果になったようです。
私も予測通りの結果に納得!
しかし、STORYは誰にも予測できない作品なのです・・
ポン・ジュノ監督はネットフレックスの映画でも高く評価を得ていて、他の作品もアカデミーに候補になっても良いくらいの勢いある奇才の映画監督です。
でも人柄を見ますと本当に気さくでユニークな人物だと覗えます。
映画馬鹿、所謂、映画オタクのようですが、極め人なんでしょうね。
素晴らしい!
成功の秘訣は、やはり映画に対する情熱だと思いました。
そう!情熱は絶対に大事!



ポン・ジュノ監督が愛して止まない韓国の名優ソン・ガンホさん
個人的に大ファンなのです。
彼の主演作品は殆ど観ています。
その役柄の等身大に演じる才能で映画の中に吸い込まれるような・・
次回作品も楽しみに待っています❤
ちなみにアカデミー賞主演男優賞は「Joker」のホアキンさん。
彼も大注目の俳優さんで、「Joker」も観たいもの!




そして、アカデミー賞受賞時にアテンドの通訳さん
とっても素晴らしい通訳さんでした。
ポン・ジュノ監督の想いを見事に完璧に表現していたんです。

私達が単純に通訳してしまいがちなところが多い英語ですが、聞き手の英語を日常としている人たちが使うウィットに富んだ表現もありました。
阿吽の呼吸でしたし、物怖じせず、大舞台でその存在に皆が釘付けだったと思います。

実は彼女も映画人で監督を目指して、既に映画作品に取りかかっているとのこと。
通訳が本業ではなく、映画人だからこそ、また米国で学んでいるからこそ、完璧な通訳ができたようですが、彼女もまた極め人ですね。

以前、このブログで書いたことがありますが、通訳というのは単に言葉を変換するのではなく、言葉の意味合いをしっかり伝えることが大事なのです。
聞き手にどう伝わるかが重要なのです。

或いはその人や物のイメージを高めることができる重要な位置づけでもあると思います。

単に通訳、その人物の話を伝えるだけでなく、更に付加価値をつけたり、聞き手の文化や心を熟知していれば言葉だけではないことも否めません。
今回はポン・ジュノ監督の全てを知り尽くしている「アバター」的な通訳さんは正に唯一無二の存在ですね~❤

私が出逢った通訳の中に記憶に遺る素晴らしい人材がいました。
例えば、英語では有り得ませんが、日本語や韓国語になると「私」「僕」という、男性にはその人柄を顕すごとく、言い回しがあります。
とても些細なことですが、そのような確認をされてきた有能な通訳の方がいました。本当にハッとさせられた反面、私の目に狂いはなかったと自負した瞬間でもありました。
また、新たに通訳を探していた際に、元KPOPアイドルを紹介していただきました。正直不安がありましたが、私の考えに完璧に対処してくださいました。「壱聞いて十を知る」
初対面でも見事に聞き手に明確に伝えている人もいました。
もちろん何れも訛りのない美しい日本語でした!
より質の高い何かを求めるときにはちゃんと出逢いがあるって不思議な経験でしたね。
やはり何でも念じれば叶うんですよね(*^_^*)
もちろん人一倍情熱があったからだと思いますが・・・・♪

残念な出来事(T_T)2020/01/30

昨年、とても興味深く考えさせられる映画を観ました。

韓国発のパニック映画『FLU 運命の36時間』

鳥インフルエンザによるウィルスにより、街が閉鎖され国民がパニックになる第二次惨事が起こるという現実的なSTORY

主役は大好きな俳優、チャン・ヒョクさん。彼には熱い魂を感じるので正義感が漲っている配役はピッタリでした。
役柄って、その為人に反映されていることも多々あると思っています。
本当に大好きな俳優さんですよ❤
ドラマを見たことがない人は是非是非~♪






彼なら現実であっても同じ行動を起こしそうな感じさえします。
2013年に上映された映画の予告編は↓


この映画を見終わった後、感動しました。同時に現実に考える事、もっと他人に対する優しさと思いやりを常に考える事が今の時代に求められていると想います。
小松左京の「復活の日」を子供の頃に見て衝撃を受けましたが、小松さんは本当に未来を見据えて描かれたまるで予言者のような作家さんです。

本当に地球滅亡にならないことを願うばかりですが(^^;)
もう一度、その映画を観れば改めて学ぶ事も多いのではないかと思うほど、今の世界の情勢に危機的なものを感じます。
実はウィルスが恐ろしいのではなく、見境なくパニックになる人が一番恐ろしいのです・・・・・

デマ等も本当に恐ろしいですよね。

事実、マスクよりも大事なのは手洗いとうがいを日常から怠ることなく、不摂生な生活をしなければ余程免疫力が低下していなければ罹らないと云われています。
もちろん感染者との密接な距離で接触は避けるべきだと想いますが。
悲しいかな高齢者の方には到底免疫力という面では避けようがないのは事実ですが・・・

今日の夜のニュースで韓国で帰国させた人たちをとりあえず隔離して検査を行うために施設に移動をさせる際に、近隣の住民が大反発をして小さな暴動が起こっているとの悲しいニュース(T_T)

同じ国民で同じ人間なのに(T_T)過剰反応がどうして起こるのか?私には理解できません・・・

本来なら、皆が完治することを願い、また、事実、どれだけの人が感染しているかという現状を国民全体が把握して、場合によってはそのワクチンを作る為に急務が要されることなのです。
もちろん、感染者を増やすことは国にとっても一大事なワケですから、感染することはないという政府の考えにも同調できない国民・・・・心配不安もあると理解出来ますが・・・

国民感情を収拾できない大統領や政府の力不足は否めませんね・・・・
私の住宅街にそのような施設が一時的あっても全く問題ないと考えます。ちゃんと事情を明らかにしてくれれば、むしろ自治体で協力すべきですね。恐らく他の住人も皆さま一緒だと想います。

人の心の豊かさの有無も、こういうイレギュラーの事態で明確になるんですね。
中国では、隔離という以前に閉じ込めると言うような画面も出てきました。
正に人としての尊厳を無視した行いだと想い憤りまで・・・

まるで韓国の映画の一シーンを見ているような錯覚にも陥り恐ろしくなりました。
感染者が増えるほど、死者が増えるほど、皆狂乱的な行動になり、いつしか感染者に対する憎悪が増幅して攻撃的になる、政府も暴動を抑えるためにとんでもない行動になる映画の様な最悪の事態に。

マスク爆買いに対して、日本の医師が「マスク自体に大した効果はない」と何度も警鐘を鳴らしていました。マスクなんて口を覆うものはマスクでなくても言い訳ですからね。
心理的にマスクをすることで安心するというものもあるかと思います。

マスク以前に粘膜に触れないような工夫を!

そして、隣人への労りを忘れないで~~~


韓国MICHELIN店2019/10/11

今年早々に、あり得ないコンサートに招待を受けましたが、
日本で東京のど真ん中で、英国Westendミュージカル発祥の地で現役で大活躍しているスターが5人一緒に集うコンサートは、奇跡で地元ロンドンでも不可能だとJ.O.Jが何度も宣伝していました。
確かにひと言では言い表せない感動的な時間で、今もあの感動の舞台にときめくほど・・・
可能ならパリからロンドンに飛んで行きたいところなのですが・・・・

そして、今回はあり得ない食のイベントに!
大阪のど真ん中大阪城に隣接する会場で、世界の名だたるシェフと日本の料理人による食の大イベント・・・・

主催者も「こんなことは本当にあり得ないなんですが・・」と

招待状をいただいて改めて各シェフの経歴を見てみました。b

日本に招聘されたシェフの内、最も近い韓国のMICHELIN3星の宮廷料理人KIMさんがいらっしゃいます。

とても気になりながら中々行けずじまいだったGA-On(ガオン)

当日、どんなお料理をお披露目してくださるのかとても楽しみです。

日韓の溝は相変わらず冷えていますが、食文化はいつも国境を越え、互いの胃袋を満たして幸せにしてくれます(*^_^*)

↓Gaonの詳細です
韓国語と英語表記ですがどうぞ~






世界最高のレストラン10002019/09/22

La Liste

世界最高のレストラン1000店が今年も選ばれました。
何と!フレンチの巨匠、Guy Savorと同点の米国のお店が選ばれたんですよ~
その他、過去最多数の日本のレストランが選ばれました!
詳しくは↓


私にとって最高のシェフ、ミシェル・ブラス監修のミシェル・ブラス洞爺ジャポン、六本木のコージシモムラさんも!
銀座CHANELビルに入っている、ベージュアランデュカスも懐かしい~

ロブション亡き今も伝説の料理人の味を受け継ぐ東京のレストラン、そして、フランス・コートドールのラムロワーズも同じく、毎年不動のレストランですが、何れも本当に印象深いレストランで味の記憶は今も!!!





↑はもう15年前でしょうか?
ミシェル・ブラスが直々にレクチャーしてくれた料理講習会です。




韓国の友人から超お薦めのお店だと云って、b招待していただいたJUNGSIKや他韓国のMICHELIN店も選ばれていました!




全部美味しかったけど、このユッケ、本当に美味しかったあ~
またリピートしたい❤


気になりながらまだ行っていない韓国のお店も選ばれていましたので、また次回に!



さて、来月、国内最大級の食のイベントにも今回選ばれた料理人も多数参加されます。

ただ、MICHELINやLa Liste1000に関係なく、素直に美味しいと云える料理、素材を大事に調理された料理人の心が伝わってくるような、そんな料理を期待しています(*^_^*)